選択した同じ構成の手駒をお互いが使って… プレイの様子4 両面仕様で能力や強さ違うので、どっちを配置するか悩みながら駒を配置していき…

あ、もちろん数字が強いほうが敵とぶつかった時に強いんだけど… プレイの様子30 同じ列には合計8を超えるように駒を置いちゃいけないとか悩ましいルールがあって…

特殊能力を駆使して駒をいざ中央へ! プレイの様子32 プレイの様子35 中央ラインの3マスを取った方が勝ち!ってボードゲーム!

その名も… パッケージ 『ストライブ イン ザ スクエアズ/Strive in the Squares』

というわけで今回は2人専用ボドゲ『ストライブ イン ザ スクエアズ』を実際に開封して内容物を確認する【開封の儀】です!

■目次

■『ストライブ イン ザ スクエアズ』の情報

それでは当ブログ開封の儀、恒例の箱裏チェック!箱裏は情報の宝石箱やぁ〜 内容物確認16 おっ!素敵っ!ってかそもそも箱絵からアルフォンス・ミュシャをリスペクトしている感じが好みでしたよ

「組み合わせも配置もあなたの自由」って書いてありますね!!「自由って何だい?」と自問したり歌ったりしていた時期もありますが、今ならわかります自由って最高〜

情報、列記しますね〜
ボードゲーム名
ストライブ イン ザ スクエアズ
Strive in the Squares
ゲームデザイナー
柳川 一隆さん
アートワーク
勝間田 佑五さん
プレイ可能人数
2人専用
プレイ時間
20分
対象年齢
12歳〜
日本語版発売元
株式会社ゴッタニ

株式会社ゴッタニさんは、アナログゲームの開発等だけでなく、高田馬場にあるボドゲカフェ「GOTTA2カフェ」も運営している会社さん!私あきらびも遊びに行ったことがありますよ!(訪問記は最後に)

そしてこのボドゲ『ストライブ イン ザ スクエアズ』は、電源を使用しない”アナログゲームのイベント"ゲームマーケット2023春"に販売される新作!!ルールや予約などの情報がある商品ページは記事最後に貼っておきますね
(GOTTA2様より、当ブログのお問合せにご連絡をいただき、このボードゲームをご提供いただいて記事を書いています)

■開封

それでは開封!どんなコンポーネントが待っているんでしょうか!! 内容物確認17 おっ!説明書出てきた!図示されていてわかりやすそうです。ボドゲのルルブは分かりやすさが非常に重要だと思いますわ

説明書のボリュームは…開いて3ページに見開けた! 内容物確認18 写真は裏面の英語バージョン。

説明書の下からは… 内容物確認19 タイルシート!
メインボードもありそうですね!

■ボードとタイル

それではボードやタイルを見ていきましょう!

まずはボード! 内容物確認20 4枚を繋げてこんな感じ!

そしてこのボドゲの根幹となるプレイヤーの手駒となるタイル! 内容物確認21 じゃじゃーん!

全8種類(裏面含む)!全て両面で、5の裏は1、4の裏は2と強さも変化。能力も別となっているんですね〜
(写真は全種類が分かるように並べています)

■タイルの能力

手に取って見てみましょう! 内容物確認23 タイルの効果は数字とは違う隅に描いてある感じ。
この可愛いけど強そうな弓持ってる子は、上下左右に隣接している敵駒と別の自駒が戦闘になった場合に、その自駒の強さを+1できる!援護能力!!

こちらの獣人みたいな子は… 内容物確認24 交換!

自分の上に隣接している敵と自分とを入れ替える!
「あたしたち入れ替わっちゃった!」って感じかしら

そうそう、こんな感じで様々な能力あるけど、冒頭で紹介したとおり「ライン内の自駒の強さ合計は、8を超えてはいけない」が適用されるので、なかなか頭を使いそうよ!

そしてケンタウルスで、こっちを振り向いてるこの子は… 内容物確認25 そのライン内上限8ってルールを変えてくれる!9までOKだって!

うわぁ〜この子も使いどころありそうだわぁ

他の駒の能力は、公式ページにある説明書にあるのでチェックしてみてくださいね

■販売情報

ゲムマ2023春新作『ストライブ イン ザ スクエアズ/Strive in the Squares』は、予約してゲムマで受け取ることもできるし、郵送にも対応しているみたいですよ!詳しくは公式ページへ!

途中で紹介した、私あきらびのゴッタニカフェへの訪問記はこちらっ!

当ブログでは、他にもボードゲームレビューやリプレイ、開封の儀などをたくさん書いていますので、そちらも宜しくお願いいたします! 開封の儀一覧
リプレイ・レビュー記事一覧

以上、ボードゲーム『ストライブ イン ザ スクエアズ』の開封の儀でした。あきらびこと、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”がお送りしました