ミノタウロス先生! ダンジョンの建築はミノタウロス先生が取り仕切っているのです!パッケージというわけで(どんなわけ)、この最新ボードゲームをご紹介! 

Stonespine Architects

今回はこの『Stonespine architects』の実物を開封して内容物を確認していきたいと思います!そう!開封の儀です!

ちなみに私あきらびはKickstarterをされた方に便乗して入手しました!

■目次

■『Stonespine architects』の情報

さあ!パッケージ裏、すなわちハコウラを眺めてみましょう! パッケージ裏 お!プレイの様子がわかる!
このボードゲームはダンジョンを作るゲームなのです!

アイコンなどがどこかでみたことあるかも?

そう!この『Stonespine architects』は、ボドゲ『カートグラファー』や『ロールプレイヤー』と共通の世界を舞台にしているのです!情報を列記しますね。

ボードゲーム名
Stonespine architects
ゲームデザイナー
Jordy Adan氏
プレイ可能人数
1〜5人
プレイ時間
45〜60分
対象年齢
10歳以上

ボドゲ『ロールプレイヤー』や『カートグラファー』と同じ世界観をテーマにいくつものゲームが出ているんですが、ゲームデザイナーはそれぞれ違ったりするんですよね。

ですがこの『Stonespine architects』は、優良紙ペンゲーム『カートグラファー』と同じデザイナーJordy Adan氏!なるほど!面白く程よいボリュームな感じに納得です!

■開封

それじゃあ開封しましょう!ダンジョン… 内容物57 ダイスキ!(当ブログでは様々な掛け声でふたを開けています)

さあ出てきたのはミノタウロス先生が描かれた説明書とタイルシート。タイルはそんなに無いみたい。

意味があるんだか無いんだかわからない恒例の説明書ボリュームチェック! 内容物58 最終ページは16ページ!ソロルールもありましたよ!

タイルシートはこんな感じ。 内容物59 明らかにモンスターや罠がある!宝箱もあるわっ!

こんなボードもありました。 内容物60 お金の管理や様々なタイブレークに関わる優先権を示す場所も。

タイルやボードの下は... 内容物61 こんな感じ。

コマ類はこんな感じ! 内容物62 優先権やお金に置くプレイヤーマーカーや各プレイヤー用のダンジョン入り口と出口門!!

得点計算用シートはこんなにある! 内容物72

■カード類

それでは、たくさんあるカード類を見ていきましょう! 内容物63 こちらは、上がソロ用カード。下がサマリーカード。アイコンの解説とかある。

ダンジョンにはモンスターや罠がつきもの!モンスターも罠も各5種類ありますよ!

あ、サマリーカードはもう1種あったことに気づいて取り直した写真。 内容物67 アイコンじゃない方のカードは、ゲームの流れとセットアップのサマリーだったような。

こちらは… 内容物64 上が各プレイヤーにゲームスタート時に配られる設計図カード。この通りにダンジョンを作れるとゲーム終了時のボーナス点が高いんですよね。

下に並んでいる黒いカードは市場カード。各ラウンドの後半には前半に集めたお金を使って、このカード上に置かれたモンスターや罠等のチップを購入できるのです!

ちょっと手にとってみましょ。 内容物65 こんな感じ。チップには3つの形があるので、その形に合わせて配置する感じ。丸は勝利点や宝箱、四角は罠だったかな。

設計図カードも手に取って見ましょ。 内容物66 設計図には8つの配置箇所が描かれていて、達成できたら20点がもらえるってこと!

こちらはゲームごとに1枚しか出ない... FullSizeRender 目標カード!

似ているけど、次のこちらはラウンドごとにプレイ人数+1枚が出て、ラウンドの後半を早めにパスした人からゲットできるチャレンジカード。 FullSizeRender 個人目標みたいな感じで、獲得したプレイヤーのダンジョンを参照して条件に当てはまっていれば勝利点が増えていく系。

真ん中の4部屋に罠がある毎に〇〇点とか、縦ライン1つ選んでそこにいるゴブリン毎に〇〇点など様々。これがまた楽しいのよね。

■ダンジョンカード

そしてこの『Stonespine architects』の中心要素と言えるダンジョンを構成する... 内容物70 ダンジョンカード!こんなにいっぱい!!

ダンジョンには大きく2種類の地の色がある。たしか石と山だったかな。 内容物71 左上のアイコンでもわかる。これが設計図に関わってくるのよね。

下に示されているコインは、カードを配置したラウンドで得られるお金。お金大事。ボドゲやっている時たいていお金大事って言葉に出している人多い

■遊んだ時のSNS投稿と販売情報

『Stonespine architects』早速遊んだんですよ〜その時のXでの投稿はこちらっ

私は冒頭で紹介したとおりkickstarterで手に入れました〜日本語版の情報は執筆時点では無いです...情報確認したら追記しますね。

プレオーダーの情報などありそうなのでkickstarterのページ貼っておきますネ
kickstarter:Stonespine Architects

■おまけ:ミニ拡張とカートグラファー用拡張

こちらはkick品だからついていたのかな?このボドゲのミニ拡張と... 内容物56 カートグラファー用拡張!

カートグラファー用拡張には山!山をかけるカードあったよ!!!