当ブログでも今までたくさんのアズールシリーズを紹介してきましたが、今回は… パッケージ こちら!2022年1月に日本語版が発売したばかりの『アズール:王妃の庭園』をご紹介!!

いやぁ〜人気ボードゲームとはいえ第4弾まで出ちゃうんですね〜。拡張入れたらもっと発売されているんですから凄いですわ!

というわけで今回は『アズール:王妃の庭園』を開封し内容物などを確認して行きたいと思いますっ! それでは開封の儀スタートォォォォ

■目次

■『アズール:王妃の庭園』情報

さて、パッケージを眺めた後、私あきらびは何をするでしょーかー!? 正解は… パッケージ裏面 「開けずに箱裏を眺める!」でした!いったいこのスタイルを何年続けているんでしょうか私...おじいさんになっても、箱を裏返せるかな(骨折して以来弱気なの

なぜ箱裏を眺めているかというと、そこには情報がたくさんあるからです!箱の中に含まれない情報だってあるかもしれません!ほらっ! 紹介文 ポルトガル王マヌエル祇い関係あるだなんて!あっきぃらびっと祇い任△觧笋盖い鼎なかったんだからっ! ...ってかこのテンション、おじいさんになっても(略

とにかく、このアズにゃんシリーズ…ちがった、アズールシリーズ第4弾である『王妃の庭園』は、庭師として王妃のための庭園をつくることが目的なのです!

ボードゲーム名
アズール:王妃の庭園
Azul: Queen's Garden
ゲームデザイナー
Michael Kiesling氏
ゲーム概要
プレイヤーは庭師となって王妃のための庭園を造ることが目的。タイルをドラフトしていき自分のボードに配置し、ゲーム終了時に得点の高いプレイヤーが勝利します。
プレイ可能人数
2〜4
プレイ時間
45〜60分
対象年齢
10歳以上

前にも書いたかもですが、デザイナーのMichael Kiesling氏は、ボドゲ『ヘブン&エール』のデザイナーさんでもあるんですね〜

■開封

それでは箱を開けていきましょう!それぇ〜ヘブンズドアーッ! FullSizeRender 見える!見えるぞ中身が!(当たり前

はい。出てきたのは説明書とタイルシート。たくさんタイルあって嬉しいわっ

恒例のルールブックボリュームチェック。最終ページは… 説明書 6ページ。お。意外と少ない。アズールシリーズってそんなに難しくないのも良いですよね。

ってか、このボリュームチェック、需要あるんですかね?よくわからないままやってますが「ルルブのボリュームチェック好き!」って方いらっしゃったらTwitterにでもコメントくださいねー。

さてルールブックやタイルシートの下から出てきたのは… FullSizeRender ボード類。中央のメインボードと各プレイヤー用のボードかな。といってもタイルよりも厚みがなく、厚紙って感じ。

これらを退かすと… FullSizeRender おっ。色鮮やかぁ〜 何かと思ったら巾着袋でした。タイルを混ぜ混ぜする用ですね。

袋を退かすと… FullSizeRender 先ほどのボードに比べて半分の大きさのボード。これが保管ボードかしら。そして謎の説明が描いてある紙片。

何だろうと思って裏をみたら、どうやら透明なシールになっている様子。

とりあえずシールは置いといて、さらに気になるのがこちらっ! FullSizeRender あらまあステキなお家ですこと

王妃があの二階の窓から覗いているのかしら…

なによーっ!なに見てるのよーっ!お庭見たいならちゃんと降りて来なさいよーっ!!

す、すいません…妄想がリミッターを外れてしまいました どれどれ…こうなったら王妃の私室とやらを覗いてやろうじゃないですか!(言い方 FullSizeRender おっ。タイルが!タイルが入っているぞーっ!

■タイル類

ええい!王妃め!こんなタイルを隠し持っているとは!それぇ〜 FullSizeRender まあステキ 灰色だけれども凹凸があって葉っぱのようなものも彫られている。

ルールブック見たら、どうやらこれはジョーカータイルというらしい。

あろうことか、さらに王妃はこんなタイルも隠し持っていた。 FullSizeRender あろうことか1〜6まで丁寧に番号が振られている!これじゃあ混ぜていいのかわからないじゃあないか!!

でもステキなタイル うっとりするわ

こんな素敵なタイル、こうせずにはいられない! FullSizeRender やっぱりアズールシリーズは美しいボードゲームですわよね〜

ルールブックを確認してみたら、ジョーカータイル以外のこれらのタイルは混ぜて良いんですって。ってかあの色鮮やかな袋に入れて混ぜ混ぜなんですぜ! FullSizeRender ジャラジャラ〜♪ あ〜早く遊びたいなぁ〜

■ボード類

さてボード類を見ていきましょう!

まずは各プレイヤー用の個人ボード。 個人ボード ふむふむ。なんだかいろいろ描かれていますな。気になるわぁ〜

そして半分サイズの… ボード2 保管ボードらしきものも4枚。箱裏の写真で個人ボードの横に置かれていたわね

そしてこちらが… ボード3 中央ボード。ん?なんか箱裏で見たのより寂しい感じが…これはあたしの心が投影されて寂しいだけなのかしら…

そんな寂しさを紛らわすようにタイルシートを見ていて、あるものを発見!ルールブックをみて組み立ててみた! ボード4 これだっ!

あっ、まだこの金具付けちゃいけないんだった

ここ、ここ! FullSizeRender このメインボードの中央に取り付けられるの!

それぇ〜 FullSizeRender 素敵っ

こういうギミックのあるボードゲーム好きだわぁ〜

そうそう、取付用の金具以外にはこんなトークンやチップもありましたよっと。 IMG_4768

さて、最後にこちらのボードを確認しましょう! FullSizeRender たくさんあるわー!これが増設庭園ボード36枚ってやつかしら!!

それぞれ先ほどのキレイなタイルに対応した図柄が印字されている〜 FullSizeRender 美しいわぁ〜

これで内容物(コンポーネント)は以上! 遊んだらブログ書きたいな〜 少なくともTwitterでは報告しますね!

■通販情報と関連リンク

『アズール:王妃の庭園』、私は駿河屋で予約しました〜。リンク貼っておきますね

ボードゲームアズール:王妃の庭園 日本語版 (Azul: Queen’s Garden)
定価6,600円ですが、5,500円で販売中のようです!(執筆時点)

amazonにも売ってまーす〜
ホビージャパン アズール: 王妃の庭園 日本語版 (2-4人用 45-60分 10才以上向け) ボードゲーム

美しいボードゲームのアズールシリーズについての記事一覧はこちらですっ 関連記事へのリンク

以上、ボードゲーム『アズール:王妃の庭園』の開封の儀でした。あきらびこと、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”がお送りしました

LINEでこのブログの更新情報を受け取れるこちらもよろしくお願いいたします