完成した私あきらびの国を見てくださいよ! プレイの様子 コロッセウムや、大灯台、イシュタル門まであるんですよ!!

このボードゲームは… プレイの様子 『ワールド・ワンダーズ/World Wonders』

■この記事の概要

  • 古の指導者が都市国家の繁栄を目指すボドゲ『ワールド・ワンダーズ』を実際に遊んだ様子
  • 毎ラウンド7金まで使えてタイルや道を購入し自都市に配置していく盤面の変遷
  • 実在の世界の記念碑・記念物であるモニュメントを模した多様な木駒の様子

というわけで今回は『ワールド・ワンダーズ』のレビュー【リプレイ】スタートです!
(ホットゲームズのモノパンさんに遊ばせてもらいました〜)

■目次

■『ワールド・ワンダーズ』の情報

ボードゲーム名
ワールド・ワンダーズ
World Wonders
ゲームデザイナー
Ze Mendes氏
プレイ可能人数
1〜5人
プレイ時間
50〜70分
対象年齢
12歳以上
日本語版発売元
ホビージャパン

■準備

今回は3人プレイ。プレイヤーボード。A面とB面があって、今回はB面を使用。 プレイの様子 プレイの様子 2枚目は他プレイヤーさんのボード写真。川や森の配置に若干違いがある。

こちらは自分の資源やお金を管理するボード。 プレイの様子 上から、お金、人口、資源1、資源2、資源3。資源はきっと、上から謎の葉っぱ、霊感商法で売りつけられた壺、家に落ちていた謎の歯車だと思う。

上の3枚のカードは共通目標的な。ゲーム終了時に勝利点に関係するやつ。

中央には6種の建物タイル等が置かれている。 プレイの様子 これらはタイル裏面に描かれているお金で購入でき、自分のボードに配置でき勝利点に関係する。

そしてこちらが個人的にこの『ワールド・ワンダーズ』の目玉!と言いたいモニュメント! プレイの様子 山札から3枚捲られている。カードに示された条件を満たしていれば、手持ちのお金を全て支払うことで手に入れてボードに配置できる。

■手番にできること

各プレイヤーを表すコマ。素敵っ!行動順のマスに置く。 プレイの様子 アタシは鳥居!鳥居みゆき!

手番にできることは簡単。
  • 建物タイルを買う
  • 道を買う
  • 塔を買う
  • 次の行動優先順を買う
  • 有り金全部使ってモニュメント買う
  • パス

だったかな〜。違ったらごめん(ルール理解より雰囲気理解を狙ったブログなので許してください)

というわけで私の手番。よっしゃー!オレはこのタイルを買うぞー! プレイの様子

コストは3金。こんな感じでお金を増やしているように見えるけど減らしてるの。 プレイの様子 使ったお金の分だけ右にずらして、7になったらそれ以上使えないってこと(例外:借金。後述)

よし!買ったタイルを配置!(手に入れたタイルはすぐに配置) プレイの様子 これらの建物タイルは必ず道に接して配置しないといけない。ボードの下辺は全て道。道は道から延ばせる(写真の道は準備でもらった道)

これで私の手番は終了。次の人へ。

一周して私の手番!まだお金があるからできることあるぞ!というわけで1金で道セットを購入! プレイの様子 道セットというのは、2マスの道×2と1マスの道×1。他に道を買う選択肢は、4マスの裏返すと橋にもなる道1本。タイルも早い者勝ちだけど、道も早い者勝ち!

道はいろいろなものに接続できるので重要。何が何に接続できるのかはちゃんとルールがある。 プレイの様子 建物は建物に接続できるけど、建物から道は延ばせないのよね。

手番順

そして他プレイヤーさんの手番。人口の多い順に次ラウンドの順番が決まるんだけど… プレイの様子 1金払って次のスタートプレイヤーを予約することも可能!

じゃあ私は2番手を予約しよう! プレイの様子 1手番と1金かかるけど、次のラウンドにはまた7金まで使えるようになるからイイでしょ!

はじめてのモニュメント

そして1ラウンド目の私の最終手番。なぜ最終手番かというと、モニュメントを買うために有り金をはたくからだーっ!! プレイの様子 アレクサンドリアの大灯台!!

このモニュメントは4マスで、1マスは必ず水の上。そして道とB建物に接していないと建てられない(買えない)

そしてモニュメントにはたいてい勝利点がついている!カードに描いてある指輪が勝利点。アレクサンドリアの大灯台は1点ってことね!

■盤面がどんどん素敵に!

全プレイヤーの行動が終わって、2ラウンド目開始! プレイの様子 新たなタイルが出て道もお金も元に戻ったぞー!
(また7金まで使えるようになり、前ラウンドの余った市場タイルは捨てられる)

そんなこんなで数手番後。広がった我が町! プレイの様子

新たなモニュメント! プレイの様子 イシュタル門をゲット!世の中にはこんなに素敵な門があるのね!!

ジッグラトも手に入れたぞー! プレイの様子 モニュメントによって様々な条件がある。その条件によって「あ、あのプレイヤーさんこれ買えそうだな」「スペースが足りないな」などが分かるので早い者勝ちだけど戦う相手は少ないかな。

こちらはモニュメントの隣に塔を建てたシーン。 プレイの様子 塔は勝利点に関係しないけど、何にでも隣接配置できて、塔から道を生やすこともできるので重要!

こちらは橋! プレイの様子 4マスの橋は裏返せば道になって水をまたげる!水の向こうに道や建物を建てるのに重要!

■モニュメントを建てたい!

ってな感じで、いろいろなものが自分の国に配置できるんですが...

プレイの様子 モニュメントが建てたいっ!!
(写真はコロッセウム。1点と人口1つ付き!)

そして... プレイの様子 ペトラ!ペトラが建ったわ!

■借金をするぞー!

お金って足りなくなるわよね...毎ラウンド7金があるとはいえ、足りないときはたりないの!!と言うわけで...

借金!おれは借金をするぞーっ! 遊んでいる様子18 借金をすると9金まで頑張れる。たった2金増えるだけなんだけど、お金の余り=アクションともいえるゲームなのでお金大事。

でも借金ですからね...返すときは3金かかる。えっ!?2金しか借りてないのに!とごねてもダメよ! プレイの様子 ゲーム終了まで返せなかったら−2点

■最終ラウンド

もう終わりそうだけどモニュメントを諦めないっ! プレイの様子 プレイの様子 「ティエン・ムー寺院」と「ローマ橋」を設置!
ローマ橋ってばホントに川を渡っているのが素敵

そして最終ラウンドー!
(誰かの人口がマックスまで行くか10ラウンドで終わり。写真は10ラウンド目) プレイの様子 最終ラウンドはとにかく点数が増えそうな行動を頑張ったキヲク!

■終了時得点計算

そしてゲーム終了。 プレイの様子 終了時得点計算はこの順。

  1. 人口で指輪まで到達した分
  2. 3つの資源の一番低い値×1点
  3. モニュメントカードの得点
  4. タイル(モニュメント除く)に隣接した森×1点
  5. 周囲が囲まれたタイル×1点

さらに序盤で少し紹介した共通目標の達成順位で勝利点もゲット!

私の最終盤面は動画にしてX(旧Twitter)にアップしたの。こちら!

そして終了時得点は… プレイの様子 ぎゃー!一番勝っているように見えるけど最下位!私以外のプレイヤーさんは得点ボード1周してるの!

くそー!勝ったプレイヤーのボードをパシャリだ〜! プレイの様子 明らかに建物タイルの周囲が埋まっている!私よりも!

2位のプレイヤーさんのボードもパシャリ! プレイの様子 モアイ像やピラミッドが良い!!やはり私より建物の周囲が埋まっている様子!

■感想と通販情報

ボドゲ『ワールド・ワンダーズ』めっちゃ面白かったー!モニュメント最高〜!まあ敗因はモニュメントの条件優先で建物タイルの周囲をきちっと埋められなかったことかしら。ちゃんと精査したわけじゃないけど。

それなりに時間かかりますが手番にやれること自体は限られているので、私はやりやすかったでーす

ボドゲ『ワールド・ワンダーズ』日本語版、駿河屋で売ってました〜(執筆時点)

以上、ボードゲーム『ワールド・ワンダーズ』のレビュー【リプレイ】でした。あきらびこと、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”がお送りしました

LINEでこのブログの更新情報を受け取れるこちらもよろしくお願いいたします