私の手元にはカードが1枚。 カード:ワード面 あまじょっぱさ
深夜に食べるカップ麺
ゆゆゆ

いったい何なんだー!

実はこれはあくまで参考にするためのカード。思いつかなかったときに、ここに書かれたワードを言うの。

■ゲームの流れ

このゲームには出題者が1人。出題者はお題カードを引いて、そのお題で暫定1位のワードを決めて、それのみを言う。お題は言わないの!

出題者「暫定1位は、ウォーリーを探せ」と言ったとしましょう。

まずは他プレイヤーは順番関係なくテキトーに1位になりそうなワード言うの。

「迷路!」
出題者「うーん...じゃあ迷路が1位!」

「ピアノ!」
出題者「迷路!」(迷路が依然1位ってこと)

「なんだろ...うーん...深夜に食べるカップ麺!」
出題者「迷路!」

「え〜わかんないー じゃあブラックホール!」
出題者「お......じゃあ1位はブラックホール!」

決戦フェイズ

テキトーなタイミングで、自由に言う時間は終了。決戦ラウンドへ。今までのやりとりを参考に、それぞれが1位になりそうなワードを1つずつ言う。今までに出たワード以外で!

Aさん「クマ!」
Bさん「ボードゲーム!」
Cさん「真っ黒!」

出題者「1位は…...Cさんの真っ黒!」

Cさん「やったー!」
「で、どんなお題だったの?」 お題カード これでした〜

っていう感じのゲーム。その名は… パッケージ ワードッチ

この『ワードッチ』は、先日アップした『ゴジラ』同様、日本のボードゲームメーカー「アークライト」主催のゲムマ事前体験会にて遊ばせてもらいました〜

■目次

■『ワードッチ』の情報

ボードゲーム名
ワードッチ
ゲームデザイナー
ニルギリさん
プレイ可能人数
3〜8人
プレイ時間
5〜10分
対象年齢
6〜99歳

箱横にプレイ人数など書いてありましたが... FullSizeRender 近すぎてピンボケしちゃった

この『ワードッチ』、アークライトゲーム賞2021の最優秀賞なんですね!すごいっ!

■コンポーネント

『ワードッチ』の中身は、説明書1枚とカードが81枚だけ!カードは両面仕様で、片側がお題、もう片側が冒頭で紹介したワード面。

お題面

お題面を見てみましょう〜 カード:お題面 こんなに様々なお題が!

面白いお題があって見ていて楽しい

実際に遊んだ時には... FullSizeRender こんなお題や...

FullSizeRender こんなお題が出ていて、私は回答者だったんですが出題者がどんなお題で1位を決めているのか、まったくわかりませんでした〜

ワード面

思いつかないときに助かるワード面はこんな感じ〜 FullSizeRender え〜こんなのが1位になる?って思うようなワードがたくさん書いてあって面白い〜

ここに書かれている意外なワードを言って1位になったら嬉しいんだろうなぁ〜

■感想と販売情報

『ワードッチ』、簡単ルールで複数人で盛り上がれる良いパーティーゲームでした〜 回答中、お題をいろいろ想像するんですが、予想の斜め上のお題が出て楽しかったでーす!

『ワードッチ』、検索してみたらamazonにありました〜

アークライト ワードッチ (3-8人用 5-10分 6才以上向け) ボードゲーム

駿河屋にもありましたが執筆時点で売り切れ!けっこう売れてるってことかしら!
ボードゲームワードッチ

以上、ボードゲーム『ワードッチ』のレビューでした。あきらびこと、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”がお送りしました

LINEでこのブログの更新情報を受け取れるこちらもよろしくお願いいたします