冒頭マンガ調プレイ風景 今回ご紹介するボードゲームのワンシーン!

という感じのボードゲーム… パッケージ 『ヒート/HEAT』

このボードゲーム『ヒート/HEAT』は、モーターカーレースが非常に危険だった1960年代のレースがテーマ。最高のドライバーを決めるためにコースをぶっちぎるのだ!

というわけで今回はボードゲーム『ヒート/HEAT』のレビュー。実際に遊んだ様子を紹介する【リプレイ】でお伝えいたします!
(ボドゲ会R120でキノさんに遊ばせてもらいました〜)

このブログでは、管理人あきらびが出会ったボドゲを新旧問わず紹介していっています!

■目次

■『ヒート/HEAT』の情報

ボードゲーム名
ヒート
HEAT
ゲームデザイナー
Asger Harding Granerud氏
Daniel Skjold Pedersen氏
プレイ可能人数
1〜6人
プレイ時間
60分
対象年齢
10歳以上
日本語版発売元
ホビージャパン

ちょっと古い時代のレースってのがまた良いですね!メインボードであるレース場も基本セットに4種類は入っているようです!(違ったらスイマセン)

■セットアップ

今回は6人プレイ。各車スタート位置に並びました。 プレイの様子32 私はターメリックカー。そそ。黄色です

各レース場を巡るキャンペーンモードもある。その際には順位に応じた勝利点を計算していくとか。今回は単発プレイです。プレイの様子30 各プレイヤーには同じ構成のデッキが渡された。これをシャッフルしてプレイヤーボードに置く。

プレイヤーボードはこんな感じ。 プレイの様子29 デッキは一番左に配置。真ん中にはヒートカードが置かれている。一番右は捨て札エリア。

■手番の流れ

手番の流れは、このプレイヤーボード上部に描かれている。 プレイの様子34

  1. ギアの決定
  2. 使うカードを伏せる
  3. カードを公開
  4. 順位によって冷却やスピードアップ
  5. カードによる前進や冷却等
  6. スリップストリーム発動
  7. カーブによるヒート処理
  8. 捨て札&7枚までカード引く

って流れだったかな〜

デッキから手札を7枚引きスタート! プレイの様子71 数字は進めるマス数ね。プラスはストレスカードで山引きのカード(後述)

ギアは1速から。 プレイの様子35

よし!現ラウンドのギアを決めるぞー!1速ギアから3速ギアへ! FullSizeRender 一気に2段階ギアを変えたのでヒート発生!ヒートカードを捨て札置場に1枚送る。

こんな感じでこのゲームでは、エンジンに無理をさせると、お邪魔カードであるヒートカードが捨て札置き場に置かれるの。

■ギアと同じ枚数のカードを出せる

このラウンドで使うカードを伏せる。伏せられる枚数は… プレイの様子38 ギアと同じ枚数!素敵システム!!

現在の先頭車両のプレイヤーから順に手番を行っていく。私は4番手だったかな。 プレイの様子39 2,2,3とカードを出したので、7マス進むぜ!マイカー!

スリップストリーム

ちょうど進んだ先に2番手だった黒さんがいたので… IMG_4617 スリップストリーム発動で2マス前へ!

スリップストリームは、他のレースカーの隣のマスかすぐ後のマスで移動を終えた場合に、自分のレースカーを2スペース前に進められるのだ!

■コーナーでの駆け引き

レースの難しさといえばコーナー。 FullSizeRender コーナーではヒートをくらう危険がある。

コーナーにはそれぞれ数字が設定されている。これはヒートにならないで曲がれる上限速度。 FullSizeRender

たとえばこの6のカーブで9マス進んだりすると… FullSizeRender 3枚のヒートカードが自分の捨て札置き場へ!

この時、自分のヒートカードが個人ボードの中央から尽きてしまったら、スピン!進めなくなってしまうのでこれは注意したい。

連続コーナー!加速が非常に悩ましい! FullSizeRender ちょっと遅れてしまった私。

コーナーの連続でちょっと無理してヒートをくらったりしたけど、無理して追いついた! プレイの様子70 ボードもレースカーもリアルなので走っている様子が想像できて楽しい

■手札コントロール

コーナーを経て直線に入るところだったので、思い切ってプラスのカード(ストレス)を2枚も入れてみたけど… FullSizeRender でもたいして進まなかった!ストレスカードは、山札から1枚めくってそれを適用するの(一部ストレスでは発動しないカードもある)

たいして進まなかったってことは、ストレスで委縮しちゃったパターンかしら。走りながら「オレの走りはこれでいいんだろうか…人生これでいいんだろうか…」とか思っちゃったのかしら

直線は4速でたくさんカードを出して進みたい! FullSizeRender

あっ! プレイの様子72 無理したツケがやってきた…減速して冷却せねば…
(ギアを低くしたり、順位が最後の方だったりすると、冷却するとヒートカードを個人ボードの中央に戻せる)

■ファイナルラップ

2周目。今回はこの周で終わりなのでファイナルラップ!頑張らねば! FullSizeRender でも遅れてる私のターメリックカー。頑張れ!ウコンパワー!

自分の捨て札からデッキの残りを計算して、ストレスカードを仕込む! プレイの様子56 デッキの構成を把握しておくことは大事。でも時々わからなくなっちゃうのよね。

なんとか追いついた。最後の2連続カーブで団子状態の各レースカー。 プレイの様子55

おっと最後のカーブで黒レースカーが…! プレイの様子66 これはツライ!

■ゲーム終了

最後の直線。この直線のために手札やデッキをコントロールしているというプレイヤーさんがいる中、不安になる私。か、勝てるのだろうか

コーナーをなんとか曲がり、ヒートをくらいながらも一気に4速!4枚のカードを出す。3,4,5を出し…ストレスによる1枚は… FullSizeRender 4のカード!!!

運良く目の前に車がスリップストリーム発動!で一番前へ プレイの様子58 このまま後続車が私を抜かさなければ優勝だーっ

その後も似たような位置に次々やってくるレースカー。だけど手番順も良く抜かされることはなかった!!優勝〜♪ 表彰台 最後の直線に合わせてデッキを調整している方たちもいたので、正直もうだめだ〜と思っていたんだけどストレスに救われました。

ほどよいストレスは意外と良いって言うじゃない。あれだわね!

■感想と通販情報

ボードゲーム『ヒート』面白いですね〜。ボードゲームなのにレースカーを自分でしっかり運転している感じがします!コーナーでの駆け引き、デッキや手札やヒートのコントロール、スリップストリームによる番狂わせ等、楽しい要素満載でした〜!

レースがお好きな方にオススメですね〜 キャンペーンモードでも一度(数日かけて)遊んでみたいと思いました〜

ボードゲーム『ヒート』を検索してみたら駿河屋では売り切れ、楽天では希望小売価格より少し高めに売ってました〜(執筆時点)

駿河屋:ボードゲーム ヒート


以上、ボードゲーム『ヒート/HEAT』のレビュー【リプレイ】でした。あきらびこと、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”がお送りしました