私が黄色の6を出した。 FullSizeRender マストフォローのトリックテイキング(後述)ゲームなので、最初のプレイヤーが黄色を出したなら黄色を出す必要が。

相手プレイヤーさんは… FullSizeRender 黄色の4を出した。これで1トリック(ミニゲーム)が終了。

私がトリックに勝ったのでメインボードのコマが私の方に進む。 FullSizeRender 進む数は今場に出てるカードに描かれたキツネの足跡の合計。というわけで3マス。

そしてそこにあった宝石がもらえる!こうやってすべての宝石を協力して集めよう!という2人専用のボードゲームを本日はご紹介。

FullSizeRender その名も『フォックス・イン・ザ・フォレスト・デュエット』

というわけで今回は、この2人専用ボードゲーム『フォックス・イン・ザ・フォレスト・デュエット』のレビュー。実際に遊んだ様子をお伝えするリプレイ形式で進めていきます!
(ホットゲームズのモノパンさんに遊ばせてもらいました〜)

■目次

■このボードゲームの情報

まずは情報を列記しますね!

ボードゲーム名
フォックス・イン・ザ・フォレスト・デュエット
The Fox in theForest Duet
ゲームデザイナー
Foxtrot Games
プレイ可能人数
2人用
プレイ時間
30分
対象年齢
10歳以上
日本語版発売元
サニーバード

このボードゲームには難易度がレベル1〜3まであって、今回はレベル1をクリアしたので、メインボードの裏面(B面)を使うレベル2にチャレンジしました!

トリックテイキングゲームとは

トリックテイキングというジャンルのゲームは、たびたび当ブログでも紹介しています。どんなシステムかは、以前の記事に書きましたのでご覧くださいませ〜

■準備

まずはメインボード。 FullSizeRender こちらはB面。A面はもうちょっとマス目があったかな。

箱絵にあるとおり、プレイヤーはそれぞれ狐なのかしら? FullSizeRender ホットゲームズさんが作ったスタートプレイヤーマーカーと一緒にパシャリ(コンポーネントには含まれません&執筆時点非売品)

それはそうと、カードはスート3色。1〜10のカード合計30枚。そこから... FullSizeRender 各プレイヤーに手札が11枚配られた。 (山札の横にオープンになっているのは今回の切り札。他のスートよりも強いスートね)

■特殊カード

一部のカードには様々な能力がある。 FullSizeRender これがまた戦術に効いてくるんだわ。

マストフォローを無視していいよってカードもあれば... FullSizeRender

どちらかのカードの歩数を無視していい5のカードも便利だし... FullSizeRender

勝っても勝った側にコマを動かさなくていい1のカードもイイ! FullSizeRender こんな感じの能力や、相手の手札を予測して上手にメインボード上のコマを動かしていく。

■森が…増えていく

レベル1をクリアした我々には教訓があった。 FullSizeRender 端っこ取るの大事よねと。

もちろん手札の数字などを言ってはいけないルールなので「端っこめざしましょうか」「そうしましょう」程度のやりとりでカードを出していく。予想通りいくときもあれば、予想通りいかないときもあって少しヒリヒリする。楽しい

序盤は11枚もカードがあるので、わりと「なるほど...そのカードが出たなら...これだ!」ってな感じでイイ手が打てたりするんだけど... FullSizeRender 手札が減ってくると選択肢が減ってくる。このぐらいはまだいい方。

コントロールできなくなってくると大変なことが起きる。駒がマスの向こうへと行ってしまうのだ!(あと2歩で端のマスなのに3歩になっちゃうとか)

うわー!相手プレイヤーさん側の端で、さらに相手プレイヤーさんがトリックに勝ってしまった! プレイの様子98 その場合は、森トークンを置かなければならない。森は行き止まり。マップが狭くなってしまったのだ。もし森を置いたところに宝石があれば、1つ中央寄りに宝石が移動。

森トークンが尽きた状態で、森トークンを置かねばならないとき、私たちは敗北する

しかもこの森トークン...

たった3枚しかないのだ!
(レベル2プレイ時。レベル1は4枚あった。あの頃はよかった)

■計画通り!

そんな森が広がる恐怖に打ち震えながら、和気あいあいとプレイする我ら。大丈夫だ。知恵と勇気で乗り切るのだ!

というわけで、切り札と手札を交換できるキツネちゃんを出して、場に出ていた切り札を相手プレイヤーさんが手札にした。 プレイの様子99 なるほど黄色の2を持って行ったのね。

それを見ていた私は、黄色の3を出せば、あれを出してくれるはずだ!と出したところ... FullSizeRender

計画通り・うさぎ 計画通りだ

相手プレイヤーさん側に寄っていたけど、無事こちら側に駒を動かせて宝石ゲット! FullSizeRender

残る宝石は5個の状態で1ラウンド目終了! FullSizeRender

■3ラウンド中に全宝石を集める

さて2ラウンド目がスタートする際… FullSizeRender このプラスの枠には宝石が追加される。

さらに森トークンが1つ置かれる。残る森トークンは1つ… FullSizeRender

けっこう2枚重ねのところが難しいんだけど... FullSizeRender レベル1をクリアした我らの敵ではない!歩数が無いカードを駆使すればいいのだ!

その後も、歩数が多いカードを絶妙な勝敗で振り子のように移動したり。 FullSizeRender レベル1をクリアした我(略

こういうナイス連携ができると嬉しくなりますわ

しかし私は見ないふりをしていた。 FullSizeRender 3歩足跡(移動力)がついた現在切り札の青10を。

調子が良い時だからこそ、なんとかなるだろ!と思ってしまうものだ。手札は出し切りなのに...

■ゲーム終了

手札は残り2枚。ヤツが残っているにも関わらず、別のトリックで駒が振り切ってしまったことにより、最後の森が置かれた... プレイの様子14 これでもう1度振り切ってしまったら敗北だ

そして運命の時はやってきた。最後の1枚!頼む!勝者の方向とは逆に動かせるカードを出してくれぇぇ! プレイの様子17 はい。勝っちゃいました〜

というわけで振り切って森につっこんでしまい敗北でした

■感想と通販情報

残念ながら惨敗でしたが、信じてくださいレベル1は割と余裕だったんですよぅ〜 30枚あるカードから22枚なので、相手の手札は完璧に予測できるわけじゃないのと、特殊カードが効いていて程よく面白いですね〜♪ プレイ感も軽いので何度も挑戦したくなる2人用ゲームでした。

『フォックス・イン・ザ・フォレスト・デュエット』を検索したらamazonに売ってました〜(執筆時点)

駿河屋には中古がありましたよ〜
ボードゲームフォックス・イン・ザ・フォレスト デュエット 日本語版 (The Fox in the Forest Duet)

以上、ボードゲーム『フォックス・イン・ザ・フォレスト・デュエット』のレビューでした。あきらびこと、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”がお送りしました