ええっ!? ルール手札 これらのルールカードから、それぞれが1枚出して…

毎ラウンドのルールが決まるトリックテイキングゲーム!? FullSizeRender 毎回どんな展開になるのか楽しすぎる!!

その名も… パッケージ 『トリックマイスター』

トリックテイキングゲームとは、トリックと呼ばれるミニゲーム――たいていは手札から1枚出して勝敗を決める――を繰り返していくゲーム。トリテとも略されるゲームジャンルでトランプでも遊べるし、様々な作品も世に出ているのよね!

というわけで今回は『トリックマイスター』というトリックテイキングゲームのレビュー。実際に遊んだ流れで紹介していく【リプレイ】でお伝えします!
(ホットゲームズのモノパンさんに遊ばせてもらいました〜)

■目次

■『トリックマイスター』の情報

ボードゲーム名
トリックマイスター
Stich Meister
ゲームデザイナー
Friedemann Freise氏
プレイ可能人数
3〜5人
プレイ時間
45分
対象年齢
10歳以上
日本語版発売元
サニーバード

当ブログでは様々なボードゲームやカードゲームを紹介しています〜。今回紹介するゲームと同じシステムのゲーム一覧はこちらです〜
トリックテイキング

このブログで紹介しきれないボドゲや日々遊んだボドゲは、X(元Twitter)アカウントで紹介しています。例えばこんな感じ。

フォローお待ちしておりまーす!

■プレイ準備

それでは『トリックマイスター』を遊んだ様子を紹介していきますよ!

今回は3人プレイ。3ラウンド遊んで一番点数の高かったプレイヤーが勝利。手札が配られた。 初期手札 4スート(色)で、1〜15まであるんだったかな。

冒頭で紹介したとおり、この手札以外にルールカードが3枚配られた。

まずはこのラウンドのルール決め。 FullSizeRender 3人プレイの場合、それぞれが出したルールカード1枚と、山札から1枚のルールが追加される。

マストフォロー(最初に出した人のスートと同じものを出す)、数字の高い人がトリック勝利、1勝利が1点という基本ルールに加えて、先ほど出したカードのルールが追加される。では1ラウンド目の追加ルールは… FullSizeRender こんな感じ!!

何よりも強いカードとなる「切り札」は、14と15。 FullSizeRender 『トリックマイスター』の切り札は、指定されたカードが切り札スートとなり、元のスートは失うんだって。例えばこの例では緑の14は、緑ではなくて切り札の14となる感じ。マストフォローに影響するわね。

■プレイスタート

今回は絵札カードが1枚も出てない時に勝てたら2点なので、絵札が出てない場面で勝ちたいところ。 FullSizeRender って、右隣のプレイヤーさんにこのトリックは勝たれてしまった!

こんな感じで手札から時計回りに1枚出して勝敗を決め、また1枚出して…ってことを手札がなくなるまで繰り返す。

残りあと2枚!切り札が2枚残っている私。強い! プレイの様子19 (細かいことを言うと、今回切り札ルールが2枚出ていて、ルールカードは左に並んでいるものほど効果が強いので、15よりも14の切り札の方が強いという変則なルールになっており、強いとは言い切れないんですが、人生、どんな時だって強い!と思いこむことは大事)

1ラウンド目が終わってみて、私が勝利したのは5トリック。 FullSizeRender 絵札含まれてないトリックは1回しか取れなかったので、合計6点だわ。まあまあイイ感じ。

さらにこちらの得点カードのルールが適用されて、勝利トリック数×1点の得点が入った! FullSizeRender 追加で5点!
(わかっていると思いますが、得点を示しているポーカーチップはこのゲームに付属しません)

■面白ルールになることも

さて2ラウンド目。ゲーム開始時に配られたルールカードは補充が無いらしい。 FullSizeRender 2ラウンド目はこのどちらかを出すことになるのか…少しややこしいラウンドになりそうだ

結局私は「勝利した人の左隣がトリック獲得」というわけの分からないルールを追加することに。でもそれで面白くなったかも。

だって… ルールカード 切り札が含まれるトリックが減点になるという強烈ルールカードが出ていたんですもの!

例えばこちら! FullSizeRender これ3枚全部切り札なのでマイナス3点ってことは、このトリック取ったらマイナス2点じゃん!

勝利した人の左隣が獲得するので…

うししし!私の左隣の方にこのマイナス2点は押し付け〜 ゲットしたカードを左へ

■ゲーム終了

そんなこんなでトリックを繰り返して行き、3ラウンド目は冒頭写真のとおりのルール。2番目に強い人がトリックに勝利というルールを出したので、毎回誰が勝ったのか確認しながらプレイ。

そしてゲーム終了!私の得点は… FullSizeRender 16点で惜しくも2位!

ってか1ラウンド目で11点取ったのに、その後5点しか獲得してないってことじゃん まあ楽しかったからイイか!

今回はそれぞれがルールカードをプレイする方法で遊んだけど… プレイの様子32 こうやってルールカードをあらかじめ決めて遊ぶ方法もあるみたいですよ!

■感想と通販情報

『トリックマイスター』、実は面白いと評判を聞いていたので気になっていたんですが、さすがに面白いですね〜 最近は私あきらびもトリテルールが分かってきたのですんなり遊べましたが、トリックテイキング?よく分からない?って状態から遊ぶとルールカードによっては難しく感じてしまうこともあるように思いました。

とはいえトリテがわかってしまえば、無限に遊べるじゃん!って感じの良きゲームですわぁ〜

ボードゲーム『トリックマイスター日本語版』は駿河屋で売ってました〜(執筆時点)

amazonにもありましたよ〜!執筆時点でamazonレビュー4.6!すごいっ!
トリックマイスター日本語版

以上、ボードゲーム『トリックマイスター』のレビュー【リプレイ】でした。あきらびこと、“あっきぃらびっと”がお送りしました