ある元心理カウンセラーのボードゲーム日記

体験したボードゲームのレビューを紹介している「なんとなくボードゲームがわかりそうなブログ」。記事が1000本超えました! 2011年10月からボドゲテーマの記事を週2〜3回程度更新しています。管理人は"あきらび”こと“あっきぃらびっと”です。

カテゴリ:ボードゲーム一覧 > はひふへほ

動物型の数字が書かれた木製コマを使用したトリックテイキングゲーム『ブレーメン/Bremen』。コミュニケーションを制限される中、協力して目標を達成することが目的。このボドゲを開封して内容物を確認しています! ...

人気TVゲーム『ペルソナ』シリーズの主人公となり仲間やペルソナを駆使して他の主人公のHPか山札を0にすることが目的のカードゲーム『ペルソナVS』を開封して内容物を確認しました! ...

いくつか与えられた指令を全員でクリアしていく協力ゲームだって!? 指令を満たしながら1〜20までスムーズに数えきることが目的っ! そんなボードゲーム『ビス20』 今回はこちらを紹介していきたいと思いまーす。開封しながらどんな指令があるのかチラッと見ていきま ...

19世紀のロシアを舞台にプレイヤーは資本家となって企業や資源を駆使し、最も多くの富を稼ぐことが目的のボードゲーム『ファーナス ロシア産業革命』を実際に4人で遊んだ様子をお伝えするレビュー記事です。 ...

「ふふふ…戦いとは、いつも二手三手先を考えて行うものだ。昔の偉い人も言っていたではないか」ボードゲーム『FILLIT』を2人で遊んでみた様子を【プレイログ・リプレイ】形式で紹介しています。 ...

プレイヤーは貴族となって、Dunyaの真の支配者となるべく領土を拡大し、権力、名声、人気、伝説の4つの勝利ポイントを獲得することを目指す『ペンデュラム』。ゲームシステムは、3つの砂時計で管理されたスペースを活かしていくワーカープレイスメントのボードゲームです。 ...

『ブルゴーニュの城 20周年記念版』は中世フランスのブルゴーニュ地方を舞台に、各プレイヤーは貴族となって、建設や、知識を利用し、自分の領地を発展させていくボードゲーム。タイルやアクションなどの概要を書きました〜 ...

西部開拓時代のパイオニアになれるボードゲーム「パイオニアデイズ(Pioneer Days)」サイコロドラフトゲームともいえる本作。人物やら装備品やら災害やら要素いろいろある割にはうまくまとまっているゲーム。遊ばせてもらったのでリプレイ(プレイ記録)書きました〜。 ...

このページのトップヘ