ある元心理カウンセラーのボードゲーム日記

体験したボードゲームのレビューを紹介している「なんとなくボードゲームがわかりそうなブログ」。ボドゲ関連の記事が1000本超えました! 2011年10月からボドゲテーマの記事を週2〜3回程度更新しています。 管理人は、ファンタジー大好き“あっきぃらびっと”です。学校勤務や心理講師やってましたが、引退したので少し壊れていまーす!

カテゴリ:ボードゲーム一覧 > かきくけこ

アーサー王伝説の円卓の騎士になって様々なクエストを解決する協力型ボードゲーム『キャメロットを覆う影(Shadows over Camelot)』のプレイの様子をゲーム終了までお伝えする【リプレイ編】裏切り者無しで4人プレイしました。 ...

アーサー王の伝説、円卓の騎士たち、エクスカリバーなどなど、一度は聞いたことあるのではないでしょうか〜。そのあたりがテーマのボードゲーム『キャメロットを覆う影』 私がボドゲを本格的に始めた頃から良い評判を聞いていたボードゲームなんです! パッケージも素敵 ...

埼玉の知識が無くても遊べて、埼玉を集められちゃうボードゲーム『Cape Bowl』を開封した時の様子です。中に入っていた「さいたま」関連の可愛いカードの紹介や、簡単なルール紹介もしています。 ...

『怪盗のぱん』は、2019年に「るりるりゲームズ」さんがゲームマーケットで頒布されていたボードゲーム。どんなゲームなのか開封してみました。中に入っていた不思議な箱などについて紹介しています。 ...

『グレンモア2:クロニクル』では、プレイヤーは、スコットランドの一族リーダーとなり、自分の領土と富を増やすべく、家畜を殖やしたり、ウイスキー用大麦を育てたり、ランドマークを管理したり。開封したのでコンポーネントなどを確認していきます! ...

ワーカープレイスメントの代表作と言われている『ケイラス』のリメイクボードゲーム『ケイラス1303』のラウンド終了〜ゲーム終了までをリプレイ形式レビューでご紹介していまーす。 ...

CAYLUS1303(ケイラス1303)は、2005年に発売されたワーカープレイスメント系の元祖という噂もあるボードゲーム『ケイラス』のリメイク。プレイヤーは、建築の棟梁となって建設現場に資材、食料、労働力を提供し、ケイラス城の守りを強固にする…そんなボドゲの概要と1ラウンド目のアクションフェイズまでの紹介です。 ...

ラクダのレースのボードゲーム『キャメルアップ』しかも新要素の入った2019年版をプレイしたのでリプレイです。レースの展開や最終得点計算を含めゲーム終了までを書いています。 ...

『キャメルアップ』は、2014年ドイツ年間ゲーム大賞で"大賞”を受賞した、ラクダのレースのボードゲーム。新要素が追加された2019年版を遊べたので、プレイ開始から終了までを記録したリプレイです。 ...

ゴーゴーエスキモーは、全員が動かすことのできるエスキモー6人を操作して魚を獲得し、その魚を売却することで勝利点を獲得していくゲーム。プレイ開始から終了までを、プレイ可能人数や重要なルールなどにふれつつ紹介しています。 ...

ボードゲーム『カミクライム!』とは、紙でできた立体的な山を、これまた紙でできた人コマを指先だけを使って頂上を目指すロッククライミングテーマのゲーム。このゲームの準備からできるアクション、登頂成功:ゲーム終了までのレビューです。 ...

バックビルディングボードゲームの『クアックサルバー』。その拡張セット『薬草使いの魔女たち』を遊んだ時の様子です。拡張で増えた材料チップや魔女小屋タイルを活用しているプレイの雰囲気などゲーム終了までを紹介しています。 ...

『薬草使いの魔女たち』は、バックビルディングゲームのボードゲーム『クアックサルバー』の拡張セット。この拡張で加わった「ダツラ」や「魔女小屋タイル」などのセッティングから、プレイ開始の冒頭までをご紹介しています。 ...

「クトゥルフキッチン〜冒涜的な宴〜」を実際に遊んだ時の様子を書いたリプレイ・プレイログです。クトゥルフ神話の邪神様に捧げるコース料理を作っていくダイスを使うボードゲームです。最後に作った料理のコースもご紹介。 ...

ボードゲーム『ゲスクラブ』は、お題に沿った言葉を手札に記入、出した際に一致した人がいればチップがもらえ、いなければチップを払います。一致回数を当ててもチップがもらえチップ最多が勝つゲームです。プレイしたのリプレイ(プレイ記録)書きました! ...

ボードゲーム「Cartographers: A Roll Player Tale(カートグラファーズ)」では、プレイヤー地図製作者となり、新しい土地を発見しマップし、年の終わりに最も高い評価を得たプレイヤーが勝利する――王国最高の地図製作者となる――ことを目指します。箱の中身はどんな感じなんでしょうか。開封記録です。 ...

ボードゲーム「コロレット」は、カードを1枚引いて列に並べるか、カードを1列取り、勝利点となるカードを集めていくゲームです。ただし、たくさん集めればいいわけではなく、加点になるのは3色まで。4色目以降のカードは減点なんですって! ...

数の違うチップを置いて陣取りするボードゲーム『グリュックス(GLUX)』のプレイ記録です。自分の袋からチップを1枚引き、その数字に応じたマスに配置できる。色の明るいマスにいるチップがゲーム終了時の勝利点計算に関わるの。 ...

『キングドミノ』拡張『巨人の時代』のプレイ人数は2〜5人。対象年齢:8歳以上、プレイ時間:20分。『キングドミノ』よりもプレイ人数が1人増えているんです。また、クイーンドミノにも合わせられるんですね。そんな『巨人の時代』の中身を確認します! ...

ボードゲーム『ギズモ』は、発明家となって素材から発明品を作り、その発明品の効果も使ってまた発明品を作っていくボードゲームです。優秀ボドゲ『宝石の煌めき』にも似ているという噂も。そんなボドゲ『ギズモ』のプレイ記録です。 ...

古代兇蓮国家元首となって、ロンデルシステムと呼ばれるユニークなシステムで自分のアクションを決めていき、条件を満たし役職(カード)を集めるボードゲーム。偉人カードを誰よりも早く一定数集めたプレイヤーが勝ちなボードゲームなのですわー ...

20代の甥っ子と、ツレと、私と3人で遊んでいたところ… 私「うーん...6文字で、5kg以上の、濁点を含むモノ…うーん...」 甥っ子「え...」 ツレ「あった!!!」 ツレ「ガンキャノン!」 甥っ子「ナニソレ?」(キョトンとした顔) って感じな(どんな感じよ)ボドゲ... ...

ガンツ・シェーン・クレバー(Ganz Schon Clever)は、ダイスを使った紙ペンゲーム。自分の手番に6色のダイスを振って5つのエリアの数字を書いたりマス目を消したりして高い勝利点を目指すの。時々コンボなんかもできるので楽しかったんですよ〜。遊ばせてもらったのでリプレイ(プレイ記録)書きました! ...

このページのトップヘ