気になるなーと思っているボードゲームを、プレイさせていただけるのって嬉しいですよねー

そんな機会に恵まれたので、早速リプレイ形式レビューでーす。
今日の記事は、このボードゲーム(カードゲーム)
アブルクセン(Abluxxen)/Ravensburger/W.Kramer & M.Kiesling
アブルクセン(Abluxxen)
(画像はamazon)

この「アブルクセン」、amazon見てたりすると「おすすめ」として頻繁に表示されていたので、「売れてるボドゲなのかなー」「買えってことかなー」「ニヤけたこの動物なんじゃろー」と気になってたんですよね。
先日、マッケンジーさんとのボドゲ会で遊ばせてもらいました〜
それではリプレイスタート

■目次

クリックでその場所へ飛びます。

■プレイ人数などの情報

「アブルクセン(Abluxxen)」の情報は以下の通りでーす

  • プレイ人数:2〜5人
  • プレイ時間:20分
  • 対象年齢:10歳以上
  • ゲームデザイナー:Michael Kiesling氏&Wolfgang Kramer氏

■同じ数字のカードを出していく

今回は4人プレイ。1〜13までのカードが6色?あるんだっけかな。
それらのカードを、各プレイヤーに... 手札のカード写真 13枚配ったらスタート

中央には... 中央の様子 山札と6枚のカード。
写真中央に写っている×ってカードは、どのカードにもなれるワイルドカード

やることは簡単。 3を2枚出したところの写真 親プレイヤーから順に、同じ数字の1枚以上の組み合わせを場に出す。
全員が出すと親が時計回りに移動し、また出していく。

誰かの手札が無くなったらラウンド終了で、場に出せたカードの枚数が得点になる。

手札に残ってたカードはマイナス点だから、どんどん出していくとイイってわけ。これを、プレイ人数分ラウンドやるんだっけかな? ま、少なくとも今回は4ラウンドやることになった。

え? 単純すぎるし、同じ数字のカードが何枚もある人が勝つじゃん?
ですよねー このままのルールだと単純ですよねー

大丈夫ですよ。奥さん!
このゲームには攻撃の要素があるんです

■攻撃

カードを出したときに、各プレイヤーの前に出されているカードより大きい数かつ同じ枚数なら、自動的にその相手に攻撃することになるんですっ DSC00847 写真では向かいのプレイヤーさんが3を出し、結果として2を出していた左のプレイヤーさんが攻撃された感じ。

攻撃側は、その対象となったカードをもらうか不要かを宣言。

貰うなら攻撃者の手札へ。
不要なら攻撃された側が、そのカードを手札に戻すか、捨て札にして場札から同じ枚数を補充するか。

ガンガン攻撃すれば良いというわけでもなく、攻撃された側に中央の良いカード(この場面ではワイルドカード)を取られてしまう危険もあるので難しいところ。
中央の場が良い時には弱いカードを出してわざと攻撃され、いいカードを手に入れるってのも戦略の一つだとか。

こっ、これは意外と奥深いぞ...

私は、攻撃しないように...皆とは枚数が違うカードを出す。 DSC00848 皆3だから、5を出しちゃうと勝っちゃうけど、5を2枚ペアで出しているので、場のカードたちとは枚数が違うから攻撃しないことになる。
こうやって、出す枚数が違えば大きい数字でも攻撃にはならないので、あーんしん

まあ、手札に同じ数字が無いとそう上手くはいかないし、同じ枚数同士は攻撃対象になるので、そこまで安心でもないんだけどね

親カードが回ってきて、私が親になった。 DSC00849 周りが攻撃したりされたりしているうちに、ひっそりとかつ順調に手札を減らしていきたいところ。

左のプレイヤーさんは... DSC00850 攻撃され続けて、場札が置けない厳しい状況。
きっと手札にはイイカードがたくさんあるんだと思うけど(補充しているから)

場にカードを置けないうちにラウンドが終わってしまったら、マイナス点だらけで目も当てられない状態
向かいのプレイヤーさんが、「今日は攻撃でいこうと思う」宣言をしていたので、低いカードを出すと即狙われるわー! 怖いわー

■奪われた挙句

そんな感じでプレイを続け... DSC00851 あたしの手札は残り5枚。
複数枚作戦が上手いこと行って、攻撃されないで済んでる

その後9を出し、誰かの8を奪って、次の手番には8のスリーカードを出す。 DSC00853 あと2枚だー

と、思ったら、8のペアが向かいのプレイヤーさんに攻撃されてしまい、しかも奪われてしまった。向かいのプレイヤーさんは、これで手札が6枚。

このまま行けば私の勝ちだわー
誰よりも手札少ないしー DSC00854 甘かった

私から8を奪ったプレイヤーさんが、全ての手札を――8を5枚も!――出して、手札が無くなりラウンド終了

順調な時ほど、気を抜いては魂を抜かれる
と、枕元に立ったじいちゃんが言ってたっけ。

じいちゃんはさておき、1ラウンド目の得点計算。 DSC00855 12枚出せて2枚手札ったので、12−2で10点の私。まずまずってところか。
8を一気に出した向かいのプレイヤーさんは、21点も取ってた

初期手札は13枚しかないけど、攻撃して奪ったカードを上手に出せれば高得点も夢じゃないのね。 こりゃイカン

■同じカードをたくさん出せる興奮

2ラウンド目。 DSC00856 おっジョーカーが来たぞ
何にでもなるから、どのカードとも組み合わせて出せるし、オトクっ

右のプレイヤーさんが2を2枚出したので... DSC00857 5を2枚出して攻撃!

「貰います!」
と、弱い2だけど2枚ゲット

その後も2を出した人を攻撃したり、自分が攻撃されたときに中央の2をもらうようにして... DSC00858 こーんなに2が集まった

2を6枚だウォリャー DSC00859 「おお!」
「6枚か〜」

なんて言われてニンマリ
攻撃されないかとビクビクだったけど、攻撃対象は常に直前に出したカードなので、次の自分の手番までに攻撃されなければ大丈夫。

無事に2の6枚は攻撃されなかった。
しかーし、このラウンドも、結局向かいのプレイヤーさんに勝てず、2位の12点。

■ラッキーだからといって...

3ラウンド目。
こんなラッキーな手札になる場面も。 DSC00861 あと2手番で勝てる! 皆がうわーと言っている姿が見える見えるわっ

と思ってたら、急に終わりにされてしまい、こんなステキな手札がマイナス点に
結果3ラウンド目は6点
一方、順調な向かいのプレイヤーさんは、1〜3ラウンドの合計が52点 こ、これはヤバすぎる

最後の4ラウンド目は、ダントツで勝っているプレイヤーさんを、まるで嫌がらせかのように執拗に妨害。あたし性格悪いなんて思われちゃうかしら

しかしこれも勝負のためっ! じいちゃんのためっ! (ん?

4ラウンド目は1位

だったけど合計得点は... DSC00862 45点で負けでしたー(私は右から2番目の得点)

■感想と通販情報

ボードゲーム(カードゲーム) アブルクセン、単純なルールなのに戦略の選択や掛け合いが面白かったでーす
気になってたボドゲができて良かった また遊ばせてもらおーっと

アブルクセンは、amazonに売ってまーす(執筆時点)

アブルクセン(Abluxxen)/Ravensburger/W.Kramer & M.Kiesling

以上、あっきぃらびっとがお送りしましたっ このボドゲ、ウサギのイラストだったら最高だったのにw