ブログネタ
オススメボードゲーム に参加中!

ツレ「では、私はここを攻めまーす」
エッ!?
(ツレ、さらに奥のへクスにも攻められると、どなたかのアドバイスを受け)
ツレ「じゃ、じゃあ奥にも」

エエエエェェェェ(゜Д゜)ェェェェエエエエ

そ、そこ本国(本星)なんですけど…モノリス(3勝利点)も作ったのに...
ツレ「あは」

ってことは同盟破棄だよね?
ツレ「うん」
(あっさり)

ちくしょー!何が何でも守ってやる〜!!

・・・という事態が生じた8時間ぐらい前、私あっきぃらびっとは立川の地に降り立ってました〜。目的は、重げ会参加のため。参加は2回目。
(たくさんのボドゲを遊ばせてもらいました。重げ会のみなさま、ありがとうございました)

今回はその日遊んだ、宇宙開拓ボードゲーム エクリプス(Eclipse)のレビュー。実際に遊んだ様子を追っていくリプレイ形式で書きたいと思いまーす。

■目次

クリックでその場所へ飛びます。

■どんなゲームなの?

ボードゲーム『エクリプス/Eclipse』は、宇宙を舞台に宇宙人や地球人が自軍の領地を増やしたり、新しい技術を開発したり、戦争したりして、勝利点を稼ぐゲーム。

箱絵はこんな感じ。 Eclipseパッケージおもて写真

主催者さんが写真は「バンバン撮っていいよ!」と優しい声をかけてくださったので、遠慮なく撮らせていただいた。

初プレイだったし、例によってルール解説は断片的なのであしからず。
全体の動向を記載したいところだけど、果てしないので、私のプレイ中心の記録です。

■追記:完全日本語版が発売!

この記事を書いてから10年…まさかこのボードゲーム『エクリプス』が完全日本語版になって発売されるとは!!信じられません!!

その名も…

『エクリプス 完全日本語版 〜新たなる銀河の夜明け』
(画像は駿河屋)

いやぁ〜もう感動ですわ!!

■プレイスタート

今回プレイした人数は6人。
4名が一回以上プレイしたことがあるメンバーで宇宙人を自分で選択。
私とツレは初プレイだったので、地球人を選択。

地球人を選んだ私とツレは「地球理事会」か「地球同盟(?)」のどちらかを選択することに(宇宙人だとそれぞれ特徴があるが、地球人の団体によっての能力の違いは無い)

私は地球理事会を選択。
説明書の地球理事会の欄をを見ると、赤い服を着たイラストが。
プレイヤーコマの色も赤。

赤い彗星と呼んでいただいてもかまわない

私、赤い彗星ことシャアアズナブルとは、こんな感じ。

Photo 005 (360x450)

・・・いろいろゴメン

さて、話を戻して。
各プレイヤーにはプレイヤーボードが配られる。 プレイヤーボード なんかもう、見るだけでワクワク

上には宇宙戦艦や要塞の能力(しかもパーツで強くなる、真ん中には自軍のテクノロジー、下段には予定収入や予定支出を示す表記が。プレイヤーボードの外周で3種の資源の現在の量を示す。

ルールやタイルなどについては、risaさんのrisaのボードゲームレポートの記事が秀逸すぎるのでそちらをご参考にしてくだされ。

■戦闘機コマがカッチョええ!

各プレイヤーには、自軍の戦闘艦が配られる。 Photo 024 (450x286) カッチョエエ

コスモタイガーでもいいし、コアブースターでもいいし、アーガマでもいいし。 なんて呼ぼうか脳内妄想が止まらないっ

いちおうそれぞれにちゃんとした名前があるみたい。

一番ちっちゃいのはインターセプターと呼ばれていたし、中は巡洋艦、大は戦艦と呼ばれていた。これを宇宙に配備したり、パーツを積んで強くしたりするだけで満足

さて、宇宙はへクスタイルで表現され、最初には星海中心から1へクスおいたところに各自軍の本星へクスを置いて開始。

■宇宙探索や技術開発

自分のターンにできる行動は宇宙の探索から技術開発、宇宙船の建造までいろいろあるので、最初何をして良いかまったくわからない。
アドバイスをいただいて、宇宙の探索を実行。

拠点の宇宙へクスを中心に宇宙を探索。
新たな宇宙へクスタイルを引き、配置、占領し、自分の国民の移住をする。
国民の移住をすることで、毎ターンの収入も増えていく。

タイルによって、住民が移住できるマスやそこからどの収入が得られるのかも決まっているため、良いタイルを引けると嬉しい。

そして、私がひいた宇宙タイルは Photo 009 スーパーノヴァ。超新星である
今回、エクリプスの拡張も入っているということで、その拡張タイルらしい。

超新星は不安定なので、ターンの終わりに2Dを振り、爆発してしまうかどうかを判定しなければならないらしく、ラウンド数以下の出目をだしたら爆発とか

自軍の技術力によって出目にプラスできたりする救済措置もあるが、毎ターンドキドキ。

さて、宇宙全体はというと、 Photo 010 (450x391) 最初より各自2枚ぐらい宇宙へクスを引いたのでだいぶ広がってきた。

そして2ターン目だったかな? 初のテクノロジータイルをゲット。 テクノロジータイル この技術は、影響力ディスクと呼ばれる、自軍がその宇宙タイルを支配していることを示したり、行動選択のときに使う丸いトークンを1つ増やす技術。

この影響力ディスクが行動を行った結果、どのくらいプレイヤーボードに残っているかで維持費が決まってくるみたいだし、数が増えることは重要だと思ったので無理して買っちゃった

自軍の技術が発展していくってことにもロマンを感じるなぁ。良いゲームだ

そしてついに、巡洋艦とコアブースターじゃなくて、インターセプターを作って宇宙に配備してみた。 配備 う〜ん。いいね
宇宙人たち怖いから、今のところ攻めに行くつもりはないから、自分防衛用にと。

防衛するなら、各宇宙船に耐久力が必要だっ

というわけで、ガンダリウム合金を開発。
もとい、ガンダリウム合金じゃなくんて、なんとかセルって名前だったような。 Photo 016 (336x450) とにかく、このパーツ(真ん中の星二つのマークね)を宇宙船に設置すれば宇宙船の耐久力が2上がる。
普通は1ダメージや2ダメージで壊れちゃうよな宇宙船もこれでオッケー。

防衛準備を整え、自軍領地を外へと伸ばす。 Photo 018 中心に近いほど良い宇宙へクスがあり、外側はあまり良いのがないとのことだったが、そのとおりで、引いたタイルは、住民は移動できないし、勝利点は1点だし。

宇宙はそんな感じでどんどん大きくなる。 Photo 020 宇宙へクスタイルに上限があってよかった。
ただでさえ、この6人プレイでは、長机を4つも組み合わせて卓を作っている。

私はさらに外へと宇宙を広げる。この宙域なら誰もやってこないだろう。 Photo 022

■同盟

宇宙を開拓したおかげで、プレイヤーボードに置いてある住民をたくさん移民できた。
さらに、本来住民を置けない星マークみたいなところにも住民を置けるテクノロジーをゲットし、宇宙移民を続ける。 プレイの様子026 結果、毎ターンの素材収入も増えてきた(ボード下段にオレンジ、ピンク、ブラウンの3行の数字)
宇宙移民万歳

人類は過酷な宇宙環境に進出・適応する事で、生物学的にも社会的にもより進化した存在になれる
と、かのジオン・ダイクンも言っていたではないかw
(参考:機動戦士ガンダム)

なーんて。
宇宙移民はひと段落したので、防衛路線を強化するために、私は隣国の半機械宇宙人(みたいな)に同盟を申し込む。
何度かの呼びかけに対して、ついに「同盟しましょう」と言ってくれた白プレイヤーさん。

と言うわけで、無事に同盟達成。 プレイの様子028 同盟すると、お互いの同盟用チップを交換し、住民コマをそこに一つ置ける。貿易特典ってところかしら。チップに書いてあるように、勝利点1点ももらえるし。

しかしもう一方の隣国、黒プレイヤー(ツレ)は、彼女のもう一方の隣国、黄色プレイヤーさんと同盟を結び不穏な動きが

ツレの猛襲に備えて、巡洋艦、要塞にガンダリウム合金・・・じゃなくて「何とかセル」を設置。 プレイの様子030 プレイの様子032 丸の中に星マークがあるシンボルが耐久力。
これで、巡洋艦は耐久力5、要塞も耐久力5になった
要塞はまだ耐久力1のパーツのマスがあるので、そこに耐久力2のタイルを置く余力もある。

耐久力を増やしたものの、防衛路線を固めたあたりから、ぼんやりイメージしていたモノリス作戦を実行するためにも、周りとの同盟は大切。

というわけで、モノリスが作れるような資源が算出できるようになったので、ツレに対して同盟交渉。意外にも、すんなり受け入れてもらえた。 プレイの様子034 プレイヤーボード(左)にツレの同盟チップを置き、住民を移動。
同盟は裏切ることも簡単らしいので警戒が必要だが、ゲームの最後に裏切った人には−2の裏切り者マーカーが行くというので、そうそう裏切られないだろう・・・とこの頃は思っていた。

というわけで、モノリス作成の技術タイルも無事にゲット。 プレイの様子036 防衛戦闘、さらに最終戦争を予測してダメージが2になるプラズマキャノン技術もゲット。 これでだいぶ戦闘力がついた。

■戦闘!

技術を獲得する資源も順調に入るようになったので、どんどん技術を開発。 プレイの様子038 (450x296) 影響力ディスクが2枚も増える技術もゲットできた。
これで、行動回数が増える。

初モノリスも一番奥地の誰も来れないようなところに設置。

この頃、黄色プレイヤーさんは中央宙域どころか、さらに勢力を拡大し、ついに宇宙を分断。 プレイの様子040 宇宙タイルを捲ったときに居る場合がある「古代人(?)」と親戚(?)らしく、交戦なしにそこを占領できる特殊能力を活かしてどんどん勢力を拡大してきていた。

黄色プレイヤーさんとは同盟関係にないので、敵対国と2面も接してしまったことになり、ちょっと怖い。

しかし、防戦一方では赤い彗星の名が廃る!

との思いで、ガルマのドップを派遣。

正確には、戦闘するだけで勝利点チップがもらえるということで、ためしにインターセプターなどで攻め入ってみた。 プレイの様子042 宇宙船を空いているスペースにおいて対峙させ、戦闘開始。
黄色プレイヤーさんの戦力はインターセプター2機と、要塞1つ。

私はインターセプター1機と、巡洋艦1機。
ガルマのドップとガウって感じかしら(ドップもガウも宇宙飛べないかw)

結果の詳細は忘れちゃったけど、負けた
超新星爆発をギリギリな出目でしのいでいるあたりから怪しいと思っていたが、本日も出目が悪い私

ドップの攻撃なんてあたりゃーしない。

ま、狙い通り勝利点チップをゲットできたので良し

そしてゲーム終盤が近づいてきて、各軍とも不穏な状況。
戦闘力強化したり、宇宙船製造しまくったり。 プレイの様子044 先ほどの戦闘には負けたので我が領地は変わらず。
最終戦争に備え、要塞や宇宙船を建造しまくる。

得点獲得のためにモノリスも建設。
ちょっと前線に近いけど拠点(本星)にもモノリスを設置。これでモノリスで9点だ。

エリアを拡張できる見込みが無い以上、その他で点を稼がねばと、技術も頑張る。 プレイの様子046 (450x309) まんなかの行の技術を8種完成。これでゲーム終了時に5点確定。

そして、最終ターンの超新星爆発チェック。 プレイの様子050 出目が低い私だったが、無事に(テクノロジーの加点込みで)ラウンド数以上を出し、最後の超新星爆発は免れた

これで、最終ターンに、ここにモノリスを建てられると思ったものの、時すでに遅し。モノリスマーカーの在庫がない。

在庫がないと作れないらしい。

む、無念

■最終戦争

そして、局面は最終ターンの最終戦争に。 プレイの様子051 白プレイヤーさんが黄色プレイヤーさんに攻め入った(これで白と黄色の因縁の対決は4回目
青プレイヤーさんも、黒のツレも黄色プレイヤーさんとの同盟を破棄し、縦に伸びた黄色プレイヤーさんの領地へ攻め入る

緑プレイヤーさんも各軍の対応に追われる黄色プレイヤーさんの領地に侵入。
私も勝利点4点の黄色プレイヤーさんの中央へ戦力を投入。

黄色プレイヤーさんは最終局面で全プレイヤーから攻められることになった。

そして、さらに中央に宇宙船を派遣しようかと悩んでいると、ツレの魔の手が

ツレが同盟を破棄して攻め込んできた!

冒頭の場面が発生する。
ツレが同盟を破棄して、あろうことか私の本国へ攻め入ってきたのだ

何が何でも防衛するため、戦艦を急造 急配備。
他プレイヤーさんのアドバイスもあって、2つまでしか作れない戦艦は戦闘に使用しないつもりだった。
なので、なんの強化もしていなかったが、防衛力に自信がない今、造るしかあるまい。

というわけで、残りの行動力で少し改造。 プレイの様子055 4ダメージのキャノンを装備。エネルギーが足りないのでエネルギータンク(?)も強化。
ちょっと耐久力に自信がないが、なんとかなるかも。

万が一でも、耐久力を6まで強化した要塞が2つもある。

連れの戦力はミサイルや2ダメージキャノンを積んだ巡洋艦2隻。
ただでさえ出目の良いツレなのに、命中率まで強化してやがる。

こちらは戦艦二隻と要塞二隻。そしてインターセプターが二機ぐらいいたかなぁ。忘れちゃった。
俺のほうが数が多かったのは覚えている。

戦闘が開始され、ツレのミサイルの先制攻撃。

チュドーン

2012-05 ema

ヘンケン艦長ぉ〜(出典:Zガンダム)

野蛮なヤザンのツレのミサイルで私の戦艦が宇宙の藻屑となる ミサイルで生き残ったもう一隻も、続くキャノンの攻撃で撃沈

「あぁ〜戦艦がぁ。一発も打たずにぃ〜」
嘆く私に誰かが、

「か、紙装甲だったw」
と、笑える言葉かけ

そんな調子で、もちろんインターセプターも壊滅。
もうだめかっ

そう思ったが、しかし、耐久力を6まで上げた私の要塞(ソロモン? イゼルローン?w)が大活躍。

にっくきツレの巡洋艦を撃滅した プレイの様子053 写真のとおり、私の本国が要塞2つのみになっている。
危なかった

最終戦争はまだ終わらない。
各所で戦闘を解決した後、最後の中央宙域争奪戦争だ。 プレイの様子060 空いているスペースに戦力を移動。
誰かが「赤の巡洋艦、硬てぇ」と私の巡洋艦パーツを見て言ってくれた。

やはり序盤出目が悪かった私だったが、あきらめず振っていたら出目が上がってきた。
巡洋艦にはダメージ4のキャノンも積んでいたのでそれも功を奏して、無事勝利。

爆弾技術も持っていなかった私はキャノンで住民を追い出して無事制圧。4点ゲット。

ゲーム終了時の私のプレイヤーボードと宇宙はこんな感じ。 プレイの様子061 得点計算に夢中で宇宙全体撮るの忘れたw

結果は36点。黄色プレイヤーさんと3位タイ。
同盟を破った宇宙の裏切り者、ツレには勝った

1位は半植物宇宙人(?)を使っていた緑プレイヤーさん
宇宙人特徴を発揮してぐんぐん勢力を拡大、モノリスまで作って得点をゲットしていたようにみえたなぁ。

■感想と通販情報

気づいてみれば、時間は午後5時。
途中お弁当タイムがあったものの、11時ぐらいから初めてこの時間。

私にとっては超重量級ゲームだ。

でも、すげー面白かった
他プレイヤーさんとかを攻撃するのちょっと苦手だけど、初めてしまえば何とかなる
宇宙船パーツとか、技術開発とか、やることいっぱいあるけど、それがまた楽しい

ちゃんと自分の宇宙軍を操作している感じが出ている。
6人プレイってのも面白かったかも

いやぁ〜エクリプス、すばらしいゲームでした

うわさでは発売当初は売り切れ続出だったらしいけど、今って売ってるのかしら?
【2022.11追記】

冒頭にも追記しましたが『エクリプス 完全日本語版』発売です!

(駿河屋リンク)

amazonにもありました〜
アークライト エクリプス 完全日本語版 (2-6人用 25分×人数 14才以上向け) ボードゲーム

以上、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”でした