遊んでいる様子と記事タイトル画像

明治時代の横濱ですってよ。奥様。

あ。失礼、奥様。今日ご紹介するボードゲームの話でございます。その名も… パッケージおもて写真 横濱紳商伝デュエル

あ、上は私が持っているOKAZU brandさんより発売された版。2020年6月にアークライトより再版されるのパッケージはこんな感じ。

(画像はamazon)

■目次

■『横濱紳商伝デュエル』ってどんなボードゲーム?

『横濱紳商伝デュエル』は、2人用の明治時代の横濱商人をテーマにしたボードゲーム。システム的にはワーカープレイスメントと呼べるのではないかしら。

以前に開封の儀の記事で、テーマや対象年齢などは紹介しているので詳しいことは割愛しますね。

ではでは、早速ゲーム開始から終了までを紹介するリプレイをスタートしましょう!

■セッティング

個人に配られたのはこんな感じ。スタートプレイヤーはツレ。あ、今回は2人プレイね(当たり前) IMG_0429 後手番ってことで追加パワーカードは1枚多かったかしら。パワーカードは4枚あって、人数が1人〜4人まで描かれてるのがポイント。

これらのパワーカードを基本的に人数の少ないほうから、中央のアクションスペースへ出していくことで資源やお金などを獲得し、注文を達成したり、技術を獲得したり、舶来品を入手したりしていくの。

中央のアクションスペースってのは、これら。 中央のアクションスペース写真 効果の違う10枚のタイルが並んでいるってなわけ。さて。どこにパワーカードを置こうかしら!ワクワク!ワクワクだわっ

■プレイスタート

あ、あたし後手番だったわ というわけで、まずはツレがパワーカードを置く。最初に置けるのは1人が描かれているパワー1のカードね。どこに行くのかな… 銀行タイルにパワーカードが置かれている写真 お金がもらえる「銀行」に行かれてしまった! これでこのラウンド私はもう銀行には行けないわ

あ、この『横濱紳商伝デュエル』は4ラウンドでゲーム終了。1ラウンドは、お互いに全てのパワーカードを配置し終わったら終了

よーし私の手番。うん。特に計画は無いけど魚が欲しい! IMG_0364 ぎょぎょぎょ漁場だぎょっ このラウンド、ツレは漁場に行けないってわけだわさ!ぎょぎょぎょぎょ

このパワーカード、力こぶアイコンが1つってことは、1パワーなので、魚1つゲット。2パワーだったら2匹もらえたんだけど。こんな感じでパワーによって得られる効果が違うのよね。

さらにフリーアクションで、1金払って… 店舗をしたところ 私の店舗を漁場に建設!ぎょぎょぎょ! これで今後、私が漁場に行くとパワーが+1扱いに

■注文書

いやね、本当は先に注文書を取ってから、注文の処理に必要な資源 (魚など)が欲しかったんだけど。注文書がもらえる港は、パワーカードが何枚でも入れるから、先に行く意味ないかなーって思っちゃって

でもやっぱり注文確認しないと、どんな資源集めてイイか分からない! 港にパワーカードが置かれている写真 ってなわけで、次の手番は「港」へパワー2のカードを置く!

2パワーなので、注文書2枚引けた。うーむ…どちらにするか… 注文カード2枚の写真 2枚貰うこともできるけど、2金か舶来品を支払わないといけないのよね…

魚がすでに手元にあるから、右かな…いや! 次に出せるパワーカードは3パワーだから、茶葉3つゲットも夢じゃない! 勝利点と報酬の高い左側の注文カードにしよう!

おりゃー! IMG_0369

注文書達成!達成! IMG_0371 (注文書達成はフリーアクション)

■パワーボーナス

よーし! 1ラウンド最後の私の手番は、追加パワーカードを使って5パワーにして教会だーっ! IMG_0373 教会ではパワーと支払った資源数に応じた信仰値がもらえるの。資源2種払ったから信仰値7。

信仰値で何ができるかというと… IMG_0374 教会カードが手に入るのだー! 即3金がもらえて、ゲーム終了時に4勝利点が入る教会カードをゲット。

どの場所であっても、パワーカード配置の時に5パワー以上で配置すると… IMG_0375 パワーボーナスもらえる。ここからどれか選べる!

よし! このパワーボーナスにしよう! IMG_0376 追加パワーカードもろた

■ラウンド終了

これで2人ともパワーカードを使い切ったので1ラウンド終了! IMG_0377

パワーカードをレベルアップ!

ラウンド終了時に、やれることが1つ。 IMG_0378 パワーカード1枚選んでレベルアップ(裏返し)できるんです!
裏返すとパワーが1増える! 描かれている人数は変わらないから置く順番は変わらないのに、パワーが増えるのは嬉しいっ
(カードによってお金かかる)

手番の流れ

そういえば1ラウンドの様子で手番の流れが、なんとなく伝わったと思うけど、整理すると…

  1. エリアアクション
  2. パワーボーナス
  3. 店舗・商館建設

ちなみに上記のアクション以外に、自由にできるフリーアクションは…注文書達成、お雇い外国人カード獲得、お雇い外国人の使用、技術カードの使用の4種類。「お雇い外国人」良いカードなのよねぇ〜後述しまっす!

目次に戻る

■技術カードで能力増強!

さて2ラウンド目。早速パワーアップしたパワーカードを使う! 研究所で… IMG_0379 技術「活版印刷」をゲット

技術カードは、特殊能力や勝利点ボーナス的な能力が得られるカード。こういう能力が加わっていく系、好きなのよねアタシ

その後、行きたかった銀行に先に行かれてしまったので、なんとかお金を得なきゃいけないアタシは…

研究所で技術「レンガ工場」だーっ! IMG_0382 研究所はパワーカードを何回でも置ける場所なのよね! そしてなんで新たな技術を手に入れたかと言うと…

お金がないからよー! IMG_0383 最初に取った「活版印刷」の効果でお金もらうのよーっ! 誰が貧乏人よーっ! 何こっち見てるのよーっ!

ちょっと先の話になるけど、その後も調子に乗って技術を取りまくるアタシ。 様々な技術カードの写真 び、貧乏だからってわけじゃないんだからね! 2金欲しさに技術取ってる卑しい女だなんて思わないでよね

ちなみに、技術カードは何枚でも持てるけど、4枚以上になったら… IMG_0397 技術カードを手に入れた時に2金支払わないといけないんですって!

■商館、お雇い外国人

2ラウンド目以降に実行したアクションから、商館建設と「お雇い外国人」カードを紹介するわね。

商館建設

初めの方でパワーが増える店舗建設については紹介したけど、商館についてはまだだったわよねー!ってなわけで商館建設! IMG_0385 最初の商館だから4金支払う。

商館の効果は、その場所のアクションをしたときにパワー+1に加えて、1金貰えるの。商館を建設して良い場所は、商館が無い場所ね。店舗があるのはOK

しかも商館はゲーム終了時に5点になるから、できたら4軒全部建てたいわぁ

お雇い外国人

このラウンド、2枚目の教会を取得し… IMG_0386 「お雇い外国人」ゲット

お雇い外国人カードは、パワーカードとして場所に置くことができるカードなんですよね。1ラウンドにできるアクションが増える しかも他のパワーカードがある場所にも置けるっ
(お雇い外国人は使い捨て)

おりゃー! お雇い外国人を使って通関!通関! IMG_0389 通関ってのは舶来品トークンを裏返す効果。

通関済みの舶来品は1つ4勝利点になるので、通関って大事。

そして… IMG_0390 通関済み舶来品2つで、さらにお雇い外国人ゲット!

こういう上手くいってる感じ楽しい

目次に戻る

■最終ラウンド

さて。長くなったので最終ラウンド。技術カード「郵便」の効果を使って… IMG_0399 本来置けないMAXのパワーカードを初めの方に使用! 教会に配置!

8パワー+3種資源で11信仰値!
(技術カード「電信」で追加パワーカードのパワーが+1になってるの)

11信仰値で手に入れた教会カードは… IMG_0400 12勝利点

8パワーもあったのでパワーボーナスで舶来品もらって、次の手番で裏返したりして、勝利点アップ そんなこんなで終了〜

ゲーム終了の私の盤面はこんな感じ。 IMG_0408 技術カード取りまくったなぁ〜。一方「注文書」達成は1枚 あたしは、ちゃんと商人だったのだろうか…

最終得点計算

最終得点計算では、注文書をより多く達成したプレイヤーに6点、技術カードもより多く獲得したプレイヤーに6点。なので今回は注文書達成の多いツレが6点、私が6点だった。あとは個々の勝利点を合算していく。

便利な得点計算シートが付いてたので、計算しやすかった 私の点数は… IMG_0411 わーい 83点で勝利ぃ〜

先日の記事のボドゲ「世界の七不思議デュエル」では惨敗だったので、リベンジだーっ! 古代の雪辱を横濱で晴らしたぞーっ

■感想と通販情報

噂には聞いていましたが『横濱紳商伝デュエル』、良いボードゲームですねぇ〜 インストを聞いている時には、複雑な気がしたんですがプレイしてみると、やることは分かりやすいし、場所タイルに効果が描かれているので分かりやすい。自分の商売が発展している感じも味わえました

『横濱紳商伝デュエル』は、冒頭で紹介したとおりアークライトさんから再版です!! amazonリンク貼っておきますね。

横濱紳商伝デュエル

イエローサブマリン楽天市場店でも売ってます!
[予約:6/4]横濱紳商伝デュエル

以上、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”でした。長い記事を最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます