どのように世界を見るかによって、同じ事象でも感じ方が変わるんです。

人の感情は、事象と感情の間に解釈――見方――があり、その見方が変われば感情も変わるという考え方も。

あなたは世界や自分に巻き起こる事象を、どのような見方、どのような解釈ででででで――

――あぁぁぁムリだぁぁ真面目モード無理ぃぃぃっ

ってなわけで(どんなわけだよ)今日ご紹介するボードゲームは…
IMG_4982 私の世界の見方

そそ。だから見方だの解釈だのって書いたわけ。
まあこのボードゲームは、そういう小難しい話じゃなくて大喜利ゲームというか親が気に入った回答をすればいいんだけどね

それでは『私の世界の見方』のリプレイスタートですぅ〜

■どんなゲーム?

『私の世界の見方』は、親プレイヤーが提示したお題を聞いて、自分の単語カードの中から親が気に入りそうなものを出して勝利点を獲得していく大喜利ゲーム。

詳しいことは日本語版販売元のテンデイズゲームズさんのページを見てみましょ。

親プレイヤーがお題カードを引き、その内容を読み上げます。子プレイヤーは、お題カードの空欄に合うと思う単語を自分の手札の中から選び、出します。誰がどのカードを出したのかわからないように、混ぜた後、親はそれらのカードを一通りみて、「お気に入り」の回答となる単語カードを選びます。この選ばれたカードを出していたプレイヤーは、得点を獲得し、次の親プレイヤーとなります。

(出典:テンデイズゲームズ 私の世界の見方紹介ページ)

プレイ可能人数などの情報

  • ゲームデザイナー:Urs Hostettler
  • プレイ人数:2〜9人
  • プレイ時間:30分
  • 対象年齢:10歳以上

ルールは簡単なのでもっと小さい子でも遊べるかも〜 あ、でも親が気に入るものを出せるか難しいところなのかしら。

どこで遊んだの?

先日、戸田公園駅からほど近いカフェ【cafe戸田日和Lab.】さんで開催されたスパイスカレー&ボードゲームパーティーで遊ばせてもらいました〜

そそ。あたしスパイスカレー作ってきたの
その時の記事は、私あっきぃらびっとの別ブログ【あきらびスパイスカレー日記】をご覧いただけたらうれしいですわ

【cafe戸田日和Lab.】さんについてはこちら。

■今回遊んだ方法

本当のルールは、親プレイヤーが選んだお題カードに対して、他プレイヤーたちが当てはまるワードカードを出し、親が一番面白いものを選び、選ばれた人はお題カードを得点として獲得、その後親を交代し…という感じで進んでいくんですが、今回はちょっと違う感じでプレイ。

「円楽師匠」と称して1人のプレイヤーさんを固定の親としたんです。
(円楽さんは、人気TV番組「笑点」の司会兼大喜利の判定役と言ったらいいんでしょうか)

というわけで、そのプレイヤーさんが面白いと思うカードを出さなければ得点にならないってことに。

■プレイ開始

今回は5人プレイ。私に配られた手札12枚はこんな感じ。 配られた単語カード これらの単語カードを親が出した文章の穴の部分に当てはめるべく、プレイするって感じ。

そして親からお題カードが出された! お題カード 「家族が揃ってテレビを見ているとき、〇〇〇〇が画面に映るととても気まずい」ってお題。

もうお分かりですね〜? そうそう。このお題カードの吹き出し?の部分にあたハマりそうな単語カードを1枚出すの

うーん。これもいいなぁ…いやあの単語もいいかもしれない…うーむ
よしっ! これだっ! FullSizeRender 手札から1枚選んで伏せて出す。

こんな感じで各プレイヤーが出したカードを誰が出したかわからないようにシャッフルしてめくる。 全員の出したカードが並ぶ ココナツミルクとか、芋ようかんとか、恥ずかしいあだ名とか、メイド喫茶とか

あたしが出したのは「メイド喫茶」
選んでぇ〜! 親さん! メイド喫茶を気に入ったカードに選んでぇ〜

親さん「うーん…これかこれなんだよなぁ……僅差で、これっ!」

たしか「メイド喫茶」はギリギリ選ばれなかったようなキヲク(うろ覚え)
お父さん、家族に内緒で「メイド喫茶」通ってて、そのお店TV出てきちゃったら気まずいじゃん(アタシの話じゃないですよアタシの話じゃ

■お題も単語カードも面白い

次のお題だったかな。 このフォルダ名のお題カード フォルダ名なんでこんな名前にしたってお題。

皆それぞれ1枚選んで出す。
「円楽師匠お願いしますっ!」
「円楽さんっ!」
FullSizeRender 私が出したのは「生まれたばかりの仔犬」

負けたー! 「吸引力の落ちない掃除機」に負けたーっ!
ってか単語カードもそれだけで面白いのあるな

■2ヵ所ブランクあるカードも

プレイが進んで… ブランク2つカード こうやって2つブランクがあるお題カードもあるんだって。

単語カードを2枚セットにして出す。「これが前のブランクで、これが後ろのブランクです」ってな感じで指定しながら。

私が出した2枚のカードが最後の選考まで残ってるぞ〜。 FullSizeRender 私が出した方を当てはめて読み上げてみましょ。

私は極度の近眼だ。そう、眼鏡を外すとウグイス嬢バールのようなものに見えてしまうほどに

ぷぷぷー 私的には、なかなか良かったんですが、筋の通っている「会長兼CEO」が「バイトリーダー」に見えちゃうほうが選ばれました〜
うーん惜しい!

次に出てきたブランク2つのお題は… お題カード おくりつけ詐欺。詐欺怖いですねー

そして私が出したカード2枚が最終選考に残った! FullSizeRender 私が出したのは「マトリョーシカ」と「クレジットカード」

頼む… 円楽さん…選んでくれぇぇ〜

円楽さん「じゃあ…」

昨今、世間を騒がせている「おくりつけ詐欺」では、マトリョーシカクレジットカードが送られてくることが多いらしい

やったぁぁぁぁぁっ
いやぁ〜選ばれると嬉しいですね

ってな感じで、今回はイレギュラーな遊び方をしちゃいましたが、楽しかったでーす 誰が勝ったのかは…忘れてしまった 楽しかったし、まあいっか(すいませんテキトーリプレイで)

『私の世界の見方』検索したらamazonに売ってました〜(執筆時点)

私の世界の見方/Urs Hostettler作

なんか『もっと』ってのがついた『私の世界の見方』も出てきたんだけど どうやら拡張セットみたい。知らなかったわーっ

テンデイズゲームズ もっと私の世界の見方
(ともにamazonリンク)

以上、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”でした