ジェンガってバランス系のアナログゲームがありますよね。
ジェンガ
ジェンガ(amazonリンク)


むかーし、結構遊んだ覚えが
先日、ジェンガとは違うんですが、バランス系のアナログゲーム(ボードゲーム?)を遊んだんです。
その名も...
LIBRIUM Lite+ - A Strategy Game of Balance and Chaos! by LIBRIUM Games Ltd [並行輸入品]
リベリウムライト+(LIBRIUM Lite+)
(amazonリンク。こちらはリンクは英語版かな?)


先日、co-bozeさん宅ボドゲ会で、早島勝嘉(そうとうかっか)さんに遊ばせてもらいました〜
ってなわけで、今日はリベリウムライト+のリプレイでーす



■カードの穴にカードを...


今回は5人プレイ。
真ん中に置かれたのは...
DSC03874
ナニコレ
カメラの三脚みたいなのに、カードがセットされている。


このゲームのルールは単純!
自分の番が来たら...
DSC03875
カードの穴にカードを差し込むだけ!


これで崩れたり、カードが落ちたりしたら負け。
(今置いたカードが落ちる分にはセーフって言われたような)


細かいルールとしては、自分が置く(?)差す(?)カードは、1枚のカードだけに触れてよし。
簡単ですな



■意外と大丈夫?


3人がカードを差し込んだ。
DSC03876
こんな感じ。
上述のルールを守れば、どのカードの穴に差し込んでも良し。


私の手番が来た...
まだカードは少ないけど、バランス崩れて倒れないのかな...ドキドキ
DSC03877
ふぅ。何とかなった


こんな程度で怯えていた私は間違いだった。
DSC03878
意外とカードは崩れない。


カードの山札はまだまだある。
DSC03879
ひえぇ〜 そんなに自分の番が何度も来るのかと想像すると、キャーって感じ



■技の数々


カードを配置する時、場にあるカードの穴に差し込むだけってわけじゃない。
DSC03880
「おおお〜! そんな手も!」なんて声が。

持ち主さんがやったんだっけかな?
こうやって、自分が配置するカードの穴を利用して、ぶら下げるようにしてもイイってことね。


ふむふむ。こりゃ面白いじゃないですか


どんどんカードが増えてくると、それぞれがカードを配置する時に、皆がヒヤヒヤ見守ることになる。


「えっ!? そこ行くの!?」
「それなら行けそう!」


「まじかー! それできるのか!?」
「まだ崩れないのか...」
などなど、盛り上がってくる
DSC03881
「おおお〜! そんなギリギリのところを! 大丈夫2枚に触れてないからセーフ!」
なんてファインプレイも。



■終わりはいつだってセツナイ


 まだ行けるのかぁ〜


って声が出るぐらいわけわからんカードの繋がり。
「もう無理だ...私の手番が来たらダメそうだ」と怯えていたら...
DSC03882
あっ!

と、私の前手番のプレイヤーさん。


パンパラパン〜

と、カードが落ちる軽い音が。


「あっ」
「おっ」
「終わり?」
「あー」


ってな感じで...
DSC03883
今配置したのとは違うカードが1枚だけ落ちて終了〜


もっと派手に崩れると思ったけど、意外と地味に終わるのね。
そこを含めて私は好きかも


もちろんドンガラガッシャーンと派手に崩れるのもイイんですけどね。
そんなことより、私が思ったこと。


あぁ...私の手番が来なくて良かった


ハイ。以上でーす。
リベリウムライト+(LIBRIUM Lite+)、ルールは超簡単だし、子どもでもできるだろうし、ワイワイ盛り上がれそうだし、良いですね。
パーティー用に家にも1つ欲しい感じ。


検索してみたら、amazonに売ってましたー(執筆時点)
LIBRIUM Lite+ - A Strategy Game of Balance and Chaos! by LIBRIUM Games Ltd [並行輸入品]
リベリウムライト+(LIBRIUM Lite+)
和訳が付いているかわ分からないので気を付けてくださいね〜


以上、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”がお送りしました〜
良かった記事は、拡散していただけると嬉しいです