タペストリー記事タイトル画像

こ、これは宇宙船の発射台では!? image これらの建物どうするのかというと…

こうするのだーっ! image これは、ゲーム終盤の我が文明の首都――首都がある地域を示すシート――の様子。

そう! 建造物が彩色済みフィギュアになっていて、雰囲気が感じられるし、とても素敵なんです

そんな本日レビューするゲームは…

文明発展ボードゲーム『タペストリー』
(画像はamazon)

■目次

■『タペストリー』の情報

ボードゲーム名
タペストリー 〜文明の錦の御旗〜
原題
Tapestry
ゲームデザイナー
Jamey Stegmaier
同じデザイナーのボードゲーム
サイズ(scythe)
ワイナリーの四季
ユーフォリアなど
ゲーム概要
プレイヤーは1つの文明を担当し、「収入」と「進歩」を繰り返しながら、科学、技術、探求、軍事の4つ分野を進歩させながら文明を拡大していくボードゲーム。ゲーム終了時に勝利点の高いプレイヤーが勝利します。
プレイ可能人数
1〜5人
プレイ時間
90〜120分
対象年齢
12歳以上

■文明シートと首都シート

文明発展ボードゲームですからね… Tapestry 文明シート こんなにたくさんもの文明シートが!

でも配られる文明シートは2枚。1枚選択するの。 image
私は「歴史家」を選択! 巨像が作れる「工匠」も良かったんだけど、巨像のコンポーネントは特になかったのよね〜。残念だゎ〜

首都シートも2枚から1枚選択。 image ポチ(犬じゃないよ)は、すでに埋まっているマスとして扱うの。

なぜって、縦一列や横一列が埋まると勝利点になったり、1区画(3×3の9マス)を埋めると資源がもらえたりするから。埋まっているマスは大事。

■プレイヤーボードと資源

プレイヤーボードには、4種の資源と、対応した家:収入拠点が置かれている。 プレイヤーボード 真ん中の列は錦旗カードと呼ばれるカードを置く場。

ボード下部の4つは資源。 image
資源には以下の種類があるんです。

  • 黄:貨幣
  • 灰:人員
  • 茶:食料
  • 赤:文化

実際に遊んでいると「キノコ」とか「ヒト」とか呼んじゃうんですけどね

■地域タイルと中央ボード

ゲームスタート時にランダムに配られた六角形の… image 地域タイル。

この地域タイルをどうするのかなーと思ったら、いずれ中央ボードにおけるようになるみたい。

ちょっとゲーム進んじゃった写真だけど、中央ボードはこんな感じ。 image ボードの中央には地域タイルを置けるヘックスマスが。ボードの周囲には4つの分野トラックがあるの。

■手番の進め方〜進歩手番を中心に〜

この『タペストリー 〜文明の錦の御旗〜』では、手番には「進歩」か「収入」を選択して進めていくの。「収入手番」は、ゲーム終了までに4回しかできないってか、4回やったらそのプレイヤーのゲームは終了なので、実際には「進歩手番」を中心にゲームを進めていく感じ。

で、進歩手番は何をするかというと… image 4分野のうち1つを進めるのだ〜っ!

科学、技術、探求、軍事の4分野が別々のトラックになっているので、そのうち1つを選び、指定された資源を支払ってトラックを進めるの。進めるとそのマスに応じた恩恵が得られるってわけ。

先ほどの写真は、実際に私の最初の手番でやったこと。科学を1マス進めたの 。あ、ちなみに私はターメリック色(黄色って言えよ)

科学を1マス進めた欄にはダイスの絵とバツが描いてあったでしょ。これは科学ダイスを振って、それに対応した効果が得られるってこと。 image 結果、探求が1マス進歩することに! バツって描かれていたので、この進めたマスの効果は得られないって。残念

これで私の手番は終わり。こんな感じで「進歩手番」はサクサク進む。

科学以外の様子をチラッと紹介。私が技術を上げたシーン。 image 発明カード取れた!我が国家は空調技術の開発を始めた!

目指せ!熱中症撲滅!

こんな感じで「進歩」をやっていると、資源がどんどん減っていくのよね。そんな時は「収入手番」! image 収入手番では、自分の文明シートの能力が発動したり、錦旗カードと呼ばれる様々な特殊効果が得られるカードをプレイしたり、プレイヤーボードの収入拠点が減っている――首都に配置されている――分、たくさんの資源がもらえたり。詳しくは【リプレイ編】で紹介予定でーす。

■進歩が速ければ世界遺産ゲット

冒頭で紹介した建造物たちは、各進歩で誰よりも早く、世界遺産を手に入れられるマスに辿り着くことが必要!

例えば私がたどり着いたこのマス。 image 丸いマスの中にシルエットが描かれるでしょ? このシルエットに対応した世界遺産を建てられるの

うひょひょひょー! 学院が建ったー! image 楽しーっ

他にも発明カードで建つ建物などもあるみたいなので、いいわぁ〜嬉しいわぁ〜

■これから遊ぶ方へ&通販情報

遊んだ感想は【リプレイ編】に書く予定ですので、遊ぶ前と遊んだ後の違いというか感想というかを、これから遊ぶ方向けに一言。

たくさんの世界遺産建造物やタイルやらシートやらを見た感じなど、情報の多さに比べてやることは簡単なので、わからなかったら実際に数手番回してみると良いかも? 少なくとも私たちはそうしました〜

様々な効果も、サマリーに一覧になっているし、アイコンなどもそれを見ると分かると思います〜。

あ、あと次章にリンクを貼った「バランス調整」大事かも 文明シートの能力差があるようで、私たちも少し進めてから実際に一度やり直しました〜。

ってな感じですがこれから遊ぶ方に役立つと良いなぁ〜。『タペストリー〜文明の錦の御旗〜完全日本語版』は、amazonに売ってまーす(執筆時点)。

アークライト タペストリー ~文明の錦の御旗~ 完全日本語版

楽天にもありました〜


■エラッタとバランス調整

『タペストリー〜文明の錦の御旗〜完全日本語版』には一部エラッタや、バランス調整――文明シートの能力差がありすぎるんだって――があります。完全日本語版発売元のアークライトゲームズのリンク貼っておきますね。
ボードゲーム『タペストリー』エラッタページ

バランス調整についてはこちら。

『タペストリー』を、お買い上げありがとうございます。権利元の出版社Stonemaierより「全16ある文明のうち8つをバランス調整した」旨の指示を受けましたので、それにしたがってPDFファイルで対応させていただきます。大変お手数なのですがダウンロードして、印刷、プレイしていただけると幸いです。

(出典:アークライトゲームズwebページ【サポート】『タペストリー』バランス調整ページ)

以上『タペストリー〜文明の錦の御旗〜完全日本語版』のレビュー概要編でした。“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”がお送りしました

2020年9月現在、「ライブドアブログ OF THE YEAR 2020」読者賞の投票が始まっているようですので、よかったらぜひ投票フォームに『ある元心理カウンセラーのボードゲーム日記』とご記載いただけると嬉しいです
oubo