ある元心理カウンセラーのボードゲーム日記

おすすめボードゲーム・アナログゲームのレビューやリプレイ(プレイ記録)、開封の儀などをアップしている「なんとなくボードゲームがわかりそうなブログ」。ボドゲ関連の記事が1000本超えました! 2011年10月からボドゲテーマの記事を週2〜3回程度更新しています。 管理人は、ファンタジー大好き“あっきぃらびっと”です。学校勤務や心理講師やってましたが、引退したので少し壊れていまーす!

カテゴリ:ボードゲーム一覧 > かきくけこ

今回はスコットランドの一族リーダーとなり、自分の領土と富を増やすべく頑張るボードゲーム『グレンモア2:クロニクルズ 日本語版』のリプレイ形式レビューですっ!プレイの流れを追いつつ得点計算などを紹介しています。 ...

『グレンモア2:クロニクル』では、プレイヤーは、スコットランドの一族リーダーとなり、自分の領土と富を増やすべく、家畜を殖やしたり、ウイスキー用大麦を育てたり、ランドマークを管理したり。開封したのでコンポーネントなどを確認していきます! ...

ワーカープレイスメントの代表作と言われている『ケイラス』のリメイクボードゲーム『ケイラス1303』のラウンド終了〜ゲーム終了までをリプレイ形式レビューでご紹介していまーす。 ...

CAYLUS1303(ケイラス1303)は、2005年に発売されたワーカープレイスメント系の元祖という噂もあるボードゲーム『ケイラス』のリメイク。プレイヤーは、建築の棟梁となって建設現場に資材、食料、労働力を提供し、ケイラス城の守りを強固にする…そんなボドゲの概要と1ラウンド目のアクションフェイズまでの紹介です。 ...

ラクダのレースのボードゲーム『キャメルアップ』しかも新要素の入った2019年版をプレイしたのでリプレイです。レースの展開や最終得点計算を含めゲーム終了までを書いています。 ...

『キャメルアップ』は、2014年ドイツ年間ゲーム大賞で"大賞”を受賞した、ラクダのレースのボードゲーム。新要素が追加された2019年版を遊べたので、プレイ開始から終了までを記録したリプレイです。 ...

ゴーゴーエスキモーは、全員が動かすことのできるエスキモー6人を操作して魚を獲得し、その魚を売却することで勝利点を獲得していくゲーム。プレイ開始から終了までを、プレイ可能人数や重要なルールなどにふれつつ紹介しています。 ...

ボードゲーム『カミクライム!』とは、紙でできた立体的な山を、これまた紙でできた人コマを指先だけを使って頂上を目指すロッククライミングテーマのゲーム。このゲームの準備からできるアクション、登頂成功:ゲーム終了までのレビューです。 ...

バックビルディングボードゲームの『クアックサルバー』。その拡張セット『薬草使いの魔女たち』を遊んだ時の様子です。拡張で増えた材料チップや魔女小屋タイルを活用しているプレイの雰囲気などゲーム終了までを紹介しています。 ...

『薬草使いの魔女たち』は、バックビルディングゲームのボードゲーム『クアックサルバー』の拡張セット。この拡張で加わった「ダツラ」や「魔女小屋タイル」などのセッティングから、プレイ開始の冒頭までをご紹介しています。 ...

ボードゲーム『ゲスクラブ』は、お題に沿った言葉を手札に記入、出した際に一致した人がいればチップがもらえ、いなければチップを払います。一致回数を当ててもチップがもらえチップ最多が勝つゲームです。プレイしたのリプレイ(プレイ記録)書きました! ...

プレイヤー地図製作者となり、王国最高の地図製作者を目指すボードゲーム『Cartographers: A Roll Player Tale(カートグラファーズ) 』。紙と鉛筆を使った紙ペンゲームなんですよね。5人で遊べたのでリプレイ(プレイ記録)書きました! ...

ボードゲーム「コロレット」は、カードを1枚引いて列に並べるか、カードを1列取り、勝利点となるカードを集めていくゲームです。ただし、たくさん集めればいいわけではなく、加点になるのは3色まで。4色目以降のカードは減点なんですって! ...

数の違うチップを置いて陣取りするボードゲーム『グリュックス(GLUX)』のプレイ記録です。自分の袋からチップを1枚引き、その数字に応じたマスに配置できる。色の明るいマスにいるチップがゲーム終了時の勝利点計算に関わるの。 ...

『キングドミノ』拡張『巨人の時代』のプレイ人数は2〜5人。対象年齢:8歳以上、プレイ時間:20分。『キングドミノ』よりもプレイ人数が1人増えているんです。また、クイーンドミノにも合わせられるんですね。そんな『巨人の時代』の中身を確認します! ...

ボードゲーム『ギズモ』は、発明家となって素材から発明品を作り、その発明品の効果も使ってまた発明品を作っていくボードゲームです。優秀ボドゲ『宝石の煌めき』にも似ているという噂も。そんなボドゲ『ギズモ』のプレイ記録です。 ...

古代兇蓮国家元首となって、ロンデルシステムと呼ばれるユニークなシステムで自分のアクションを決めていき、条件を満たし役職(カード)を集めるボードゲーム。偉人カードを誰よりも早く一定数集めたプレイヤーが勝ちなボードゲームなのですわー ...

20代の甥っ子と、ツレと、私と3人で遊んでいたところ… 私「うーん...6文字で、5kg以上の、濁点を含むモノ…うーん...」 甥っ子「え...」 ツレ「あった!!!」 ツレ「ガンキャノン!」 甥っ子「ナニソレ?」(キョトンとした顔) って感じな(どんな感じよ)ボドゲ... ...

ガンツ・シェーン・クレバー(Ganz Schon Clever)は、ダイスを使った紙ペンゲーム。自分の手番に6色のダイスを振って5つのエリアの数字を書いたりマス目を消したりして高い勝利点を目指すの。時々コンボなんかもできるので楽しかったんですよ〜。遊ばせてもらったのでリプレイ(プレイ記録)書きました! ...

待て! この席を借りたいっ!このブログを見ている国民の方には、突然の無礼を許して頂きたい。私は「ある元心理カウンセラー」の、あっきぃらびっと大尉であります。GUNDAM THE GAMEは、『機動戦士ガンダム』の第1話から第10話――そう!TV版だ――の、地球連邦軍側の視点でプレイする協力型ボードゲームだ。人類は、その生活圏を拡大したことによって、人類そのものの力を身に付けたと誤解をして、ボードゲームをプレイしなかった歴史を持つ。それは不幸だ。 ...

さて今回はボドゲ『キーフロウ』のリプレイ後編。 前編はこちら。 キーフロウ(Key Flow) リプレイ![前編] 前編の終わりは夏ラウンドのカードが配られたところでしたよね。 夏ラウンドでは船が加わるんですわー 写真に写っている船は、羊2頭がブタ1頭に代わる(その逆もあ ...

ドラフトで回ってきたカードからキープルや建物や動物などを選んで自領地に配置していくボードゲーム『キーフロウ』。たくさんあるキーシリーズボドゲの一つです。遊ばせてもらったのでリプレイ(プレイ記録)。前編です! ...

さて今回はボードゲーム『コロニスト』のリプレイ後編。 前編はこちら。 ボドゲ【コロニスト】時代1〜2をプレイ! リプレイ前編! ■図書館 数ラウンド後だったかな。 カード取得のマスへ行く私。 普通は2枚しか引けないんだけど… 4枚ひけたー このうち2枚を選べる。 ...

どっちの騎士がお好みですか? あたしはこっち 右にも左にも回れる子なの(詳細後述) ってな感じで、十字軍の好みの(たぶん)騎士団長になって十字軍イェーイができるボードゲーム、その名もクルセイダーズ(Crusaders: Thy Will Be Done) 素敵なパッケージ このボドゲ『 ...

当ブログで度々紹介させていただいている「るりるりゲームズ」さんのボドゲ。 今回は… こんなコンパクトな箱に入っている2人専用ボドゲ。 その名も... 【5.55%】 今回も、るりるりゲームズさんよりご提供いただきました。 タグ:るりるりゲームズ ありがとうございま ...

以前に開封の儀を行ったボードゲーム『コロニスト』 プレイ時間可変型のワーカームーブメントシステムなんですって。 プレイの様子は、こんな雰囲気。 素敵でしょ!? 時代1〜4まである『コロニスト』は、時代を選んでプレイできるとのことで、時代1〜2を初プレイするこ ...

忘れられた父は単独で遊べますが、忘れられた部族は単独では遊べません。 だって、ボードゲーム『カヴェルナ』の拡張なんですもの! ボードゲーム『カヴェルナ』は、名作ボドゲ『アグリコラ』の作者ウヴェ・ローゼンベルグ氏が手掛けた重量級ボドゲなんです! その拡張『隠された部族』を開封します。 ...

さて今日はボードゲーム『クランズ オブ カレドニア』のリプレイ後編! 前編はこちら。 クランズオブカレドニア 日本語版 リプレイ 前編! 長くなりそうなので早速続き始めましょう〜 ■輸出契約達成 取得した輸出契約タイルをついに私は… 達成ぃぃぃ〜 羊毛、パン、チ ...

ボードゲーム『クランズオブカレドニア』は、プレイヤーが氏族の長となって、羊毛や牛乳、チーズにウイスキーなどなど生産したり、市場で売買したり、生産した商品を輸出したりしてイイ氏族になるボドゲです(ざっくり)。ドイツのボードゲームイベント「エッセンシュピール」で人気投票1位だったボドゲなんですって! ...

「コインブラ」は、ポルトガルの都市がテーマのダイスボードゲーム。遊べたのでリプレイ(プレイ記録)です。ボードなどのコンポーネントから最終得点計算までプレイの様子を紹介しています。 ...

このページのトップヘ