本日、昔のゲームマーケットの会場「東京都立産業貿易センター 台東館」にて...
浅草ボドゲフリマが行われました


私あっきぃらびっと@akkiiy_rabbitも、一般参加で行ってきました〜
(事前予約って方法も存在したんですが、予定があって行けるか分からなかったので14時から入場の一般参加で行きました)


浅草ボードゲームフリーマーケットがどんなものだったかというと...
東京では現在、国内外の新作ボードゲームを買うことができるイベントとして、ゲームマーケットをはじめ、いくつかのイベントが開催されています。
新作を買えるイベントがある一方で、遊ばれずに家の棚や押し入れ等に仕舞われ眠ってしまうゲームもあります。そんなゲーム達が再び欲しい人の元に届き、ゲームが循環する場を作りたいと考え、ボードゲームフリーマーケットを企画致しました。
(出典:浅草ボードゲームフリーマーケット公式webページ「ボードゲームフリーマーケットを東京で」冒頭)


素晴らしい企画っ

ってなわけで、今日は浅草ボドゲフリマの記事でーす。
写真少ないので、いつもよりあっさり書きまーす(^_-)-☆



■場所とブース数


着いたー!
image
ふむふむ。7階ですな。
一般入場は13時30分から待機OKとのことで、13時30分すぎにお邪魔しました。


そしてエレベーターを降りると、偶然目の前に主催のタロ吉さんが。
ご挨拶すると、忙しいのに素敵な笑顔で対応してくださって嬉しいかぎり


そして私は一般参加の列へ
列は階段の下へと延びていき...6階のあたりが最後尾。


少し待っていると早めに入場が始まったようで、列が進んでいく。
けっこう待つのかなーと思ったら、会場内の様子を見て徐々に入場を始めているようでした。


そして入場料の500円を払って、あまり待たずに無事入場!
DSC04463
参加チケットとかではなく、ブース表を受け取り。
来れるかわからないので、事前にブース数をチェックしてなかったけど、全部で71ブースもあったんですね



■会場内にて


そして会場内の雰囲気はこんな感じ。
DSC04464
賑わっていてイイ感じ


ブースの人だかりで商品が見えない!ってことがあっても、少し待っていればブースをじっくり見れる程度の込み具合(表現わかりづらいよ)


とにかく、ちょうど良くって(・∀・)イイ!
出店参加、事前予約参加など、時間を分けて入場だったことや、一般参加も会場内の人数を見て徐々に入場だった(?)ことも影響してそう。すごいなぁ。


そして、肝心なボードゲームも、ちゃんと残ってる!
一般参加入場だったので、売り切れ続出でボドゲ余ってないかなーと思ったんですが、嬉しい


「あ、これこの前ブログ書いたボドゲだー」とか「うちにあるボドゲだー」とか「前に遊んで面白かったボドゲ!」とか「このボドゲは初めて見るなぁ」などなど様々なボドゲを見て歩くだけで楽しいですわ



■御挨拶


個人的な話ですが、ブースを回りながら出会った友人知人の方々に御挨拶。
ふうかのボードゲーム日記のふうかさんや、The game galleryのHalさんも出店してたんですよね
ボドゲ会R120でお世話になっている、ひだりの灰色のひだりさんは、会場スタッフだった


当ブログ記事でたびたび登場する酒ラブ会のたる田さんや、しのぽさん、そしてR120で遊んでくれる方々も出店者
御挨拶がてらボドゲの話をしたりして、楽しかったです


そして私の大好きなボドゲの和訳シール等でお世話になった、U壱さんも出店されていることに気づき、ご挨拶。
Tyrants of the Underdarkの拡張の情報もいただきました


あとはゆっくりと全体を回って、声をかけてくださった方々とお話したり、気になるボドゲの説明を受けたり、ゲームストア・バネストさんの「14時になったから値引き交渉受けますよー。ただし...」とボドゲ的な値引き交渉の説明を受けたりと、充実した時間を過ごしました


あ、そうそう。どのブースだったか忘れてしまいましたが、「紙袋ご自由にお持ちください」とボドゲが入る紙袋を無料で提供されているブースがあったり、「プラスチックケースご自由にどうぞ」とボドゲの収納が捗るようなプラスチックケースを無料で提供されているブースもあって、なんか「ボドゲ愛を感じるなぁ〜」と思いました


紙袋をいただき、大変助かりました



■戦利品


1時間半ぐらい滞在して離脱。
戦利品は
DSC04465
なんか青系でまとまったな。
プレイするのが楽しみですっ


こういうボドゲイベントが、どんどん増えると嬉しいです
以上、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”でした!