おおっ! 1個取ると1個出てくる!? ガチャ!? 玉が出てくるコンポーネント それとも何か飴玉が出てくる遊具かしら

いえいえ。あの綺麗な玉は食べられません
これは、ボードゲームのコンポーネントなのですっ

今日リプレイするボードゲームは… パッケージ表 ギズモ(GIZMOS)

ボードゲーム『ギズモ』は、発明家となって素材から発明品を作り、その発明品の効果も使ってまた発明品を作っていくボードゲームです。

優秀ボドゲ『宝石の煌めき』にも似ているという噂も。こりゃ気になりますな

しかも…

ボードゲームギズモ 第2版 完全日本語版 (Gizmos) 完全日本語版発売も決まっている!(執筆時点駿河屋リンク)

それではギズモのリプレイスタートです
(ブログ短くしなきゃと心掛けているので、前後編にわけまーす。まずは前編)

■準備

今回は4人プレイ。
中野のボドゲカフェkurumariさんで英語版を遊ばせてもらいました〜。感謝感謝

さて冒頭のガチャシステムも組み立てだったみたい。
その中にあの色とりどりの玉を入れておくみたい。

各プレイヤーに配られたボードはこんな感じ。 配られた棒 ボード? というかカード置場的な。

このボードの地が白いところは、手番にできるアクションを示していて、4種類。
左から、ファイル、ピック、ビルド、リサーチ(詳細後述)

中央には… 9枚のカードを表に こんな感じで発明品カードが1〜3のレベル別に並ぶ。

これらの発明品をストック(ファイル)したり、コストを払って完成(ビルド)させたりしていき、完成した発明品の効果で、さらに発明品が作りやすくなったり、勝利点が得られたりするボドゲなのよね

これで準備完了〜。それではプレイスタート

■ファイルとビルド

私は3番手だったかな。
手番にやることは簡単。先ほどボードに書いてあると言った、4つのアクションのうちどれかを1回やるだけ。

私は… カードを手に持っている 「ファイルをします!」

ファイルとは、中央の発明品カードから1枚取って、自分だけのビルド候補としてストックするアクション。

この発明品カードは、玉の保持数を+2、ファイルできるカードの数を+1、リサージアクションで引けるカードを+3枚にできるアップグレード系のカード。

発明品カードには、こういう基礎能力を高めてくれるアップグレード系があったり、「〇〇色をビルドしたら〇〇していい」とか、「〇〇色の玉を〇〇色として扱う」とか、「〇〇したときに勝利点チップもらう」とか、様々。

どれもビルドすると自分の能力が上がっていく感じで幸せなのよね
ビルドするためのコストは、カード左下に描かれてる。このカードは、黒い玉が3つ必要ってこと

さらに、こうやって何らかのアクションをしたときには、自分のボードのそのアクションのところに置かれているカードを確認する。
私のボード(ってか皆のも)には、ファイルのところにすでに発明品カードが置かれている。

効果を確認すると、ファイルアクションをしたら玉を1つランダムに取ってよいと描いてある

…というわけで… 黄色い玉を持っている 冒頭写真のガチャみたいなところの上部から、見ないでランダムに玉を1つ取った。
黄色い玉をゲット

そして同じようなアクションをそれぞれ他プレイヤーさんがやって、一周回って私の手番。

「ビルドします!」 黄色いカードを手に持っている 先ほど入手した黄色い玉を使ってビルドできるカードが、ちょうど中央にあったの カードの左下が黄色くなってて、稲妻みたいなアイコンあるでしょ。あれが黄色い玉を示している。

私はちょうど黄の玉を1つもってる
(俺はもともと玉を2つ持ってる!...って思った男の子、先生怒らないから前に出てきなさいっ!)

ビルドは、ビルドしたカードを自分のボードに配置できるアクション。
(ファイルは保持するだけ。ビルドして初めて自分のボードに置ける) ビルドの場所にカード置いた この発明品は、青い玉を任意の玉の色にできるってコンバーターの効果。
あ、間違ってビルドの欄に置いちゃた。

コンバーターの効果は、今後何かをビルドしたときに発動する効果じゃないので、置き場所はここじゃあない。
もっと左の方にあるコンバーター(矢印アイコン)のところに置くんだった。
(後の写真では直ってます)

それはそうと、こうやって特殊能力を徐々に手に入れていくってわけね。
ちなみに、カード右上の数字は勝利点。

ゲーム終了時に勝利点が一番高いプレイヤーが勝ちってタイプのボドゲ
(ゲーム終了は、誰かが16枚ビルドするか、レベル3のカードを4枚ビルドするかだったかな?)

■ピックした玉が見える

このボドゲ、それぞれのプレイヤーの手元も見えるし、中央の発明品も全員に見えてる。
まだ紹介してないピックアクションだけど、ガチャの先端に出ている玉から任意の玉を1つ持ってこれるアクション。

なので… 他プレイヤーさんの手元 こうやって他の人が何色の玉をピックしたのか見えるから、「…ってことはあのカードを狙っているのかな?」とか「邪魔しちゃおうかな?」とか、他の人のプレイがやや影響する感じ。

ピックで欲しかった色の玉を取られちゃう時もあるしね

さて数手番後。
ピックをして青い玉を手に入れてたんだっけかな。

だって、先ほどビルドしたカードの効果で、青い玉は何の玉にでもなるわたし。 FullSizeRender 1枚しかないから1回だけだけどね。
最初、何回も使える(=青い玉は常に任意の色にできる)と勘違いしてたけど

ってなわけで、もう一枚青を任意に変換できる発明品を取得して、青い玉を2個まで任意の色にできるようになった私。
よっしゃー! コスト2までだったらどんなカードでもビルドできる自信があるぜー!

ってなわけで山札からカードを引いて選べる… FullSizeRender リサーチアクションだーっ!

…ってところで前編終了。

リサーチアクションは、自分のリサーチ能力の値まで山札からカードを引き、その中から1枚をファイルかビルドできるアクション。
さてさて私はどんなカードを引いたんでしょうか。

後編をお楽しみに

ボードゲーム『ギズモ』は、駿河屋で完全日本語版の予約が始まっていまーす

ボードゲームギズモ 第2版 完全日本語版 (Gizmos)

以上、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”でした