よし! ドラフトで回ってきたキープル(ミープル)カードを使って、この建物を実行しまーす!
キーフロウのプレイの様子
ってな感じで、ドラフトで回ってきたカードからキープルや建物や動物などを選んで自領地に配置していくボードゲーム『キーフロウ』


外装はこんな感じ。

(画像は駿河屋)

先日、とまと100%さんに遊ばせてもらいましたー
(とまと100%さんは、同じライブドアブログの「トマトのボドゲさんぽ」の管理人さん。なんとこの日は、同じくライブドアブログの「ニコボド」のニコさんも同卓!)


それではボドゲ『キーフロウ(Key Flow)』リプレイスタートです



■配られるカード


今回は4人プレイ。最初のプレイヤーの場はこんな感じ。
DSC09513
キーフラワーでも見たことあるアイコンだわ
(ボドゲキーフロウは、たくさんあるキーシリーズボドゲの一つです)

キーフロウは、ボドゲ『キーフラワー』と同様、春夏秋冬の4ラウンド。
春ラウンドから始まるんだけど、その前に、戦略の指針となる冬カードが配られる。


冬カードはボーナス勝利点カードだらけなのよね。
DSC09516
冬ラウンド開始時に、この中から1枚選んで自領地に出せるので、どの要素で勝利点を取るかとりあえずの指針がたつわけだわさー。
他のカードは戻してシャッフルされて再度配られるんだけど


まずは春ラウンド。
春ラウンドに対応したカードがランダムに各プレイヤーに6枚配られた。
DSC09514
こんな感じ。
プレイヤーはこの中から1枚選んで、プレイし、残りのカードは隣(春秋は左隣、夏冬は逆)に渡す。
そそ。ドラフトシステムなんですな。



■建物を設置しキープルで起動


私の手番。石材がもらえるこの建物を設置!
DSC09517
設置のコストとかいらないの良いわ〜とりあえずこの出番は置くだけ。
施設を使うにはキープルカードが必要なの。


次の手番はこれを設置!
DSC09518
ミープルトークンか、技術トークンがもらえる建物。
改良(後述)すれば、両方貰えちゃう!
ドラフトなので、次にどんなカードが回ってくるのかワクワク〜


カードは上段に置くものと下段に置くものとが分かれている。
DSC09519
下段に牛くん置いたぜ〜
牛くんの下に描かれているものは置いた時に即もらえる〜


キープル(ミープル)カードは、こんな感じで建物の上に置くことで、その建物を起動できる。
DSC09520
キープルトークンもらった。
キープルトークンは、ドラフトフェイズが終わってから自領地の施設をキープルカードのように起動できるトークン。


全てのカードが処理され、春ラウンド終了。
自分の領地に置かれたキープルカードは、ここにまとめて置かれる。
DSC09523
なのでもし他のプレイヤーさんが私の施設をつかってくれたら、その時置かれたキープルカードはここに置かれるってこと。これらキープルカードは、再利用できるわけじゃなくて、ゲーム終了時の勝利点とかに関係してくる感じ。


■四季は続いていく


春フェイズが終わると、夏フェイズ。
夏フェイズ用のカードがシャッフルして配られる。
DSC09524
たしか春フェイズより1枚多い7枚スタート。
春フェイズ同様、ドラフトして1枚1枚プレイしていく。


夏フェイズでは船が加わるんですよね〜。


と、こんなところで前編終了〜。
夏秋冬は後編で。
【後編貼り付け予定地】

ボドゲ『キーフロウ(Key Flow)』、面白いですねぇ〜。
検索してみたら、駿河屋に売ってました〜(執筆時点)

新品ボードゲームキーフロウ (Key Flow)

もちろんamazonにも。
ボードゲーム キーフロウ


以上、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”でした