うむむむ…セットはあるかな…


あった!
FullSizeRender
セット
「うわーたしかにセットだわ」


ツレ「あ、セット
FullSizeRender
色:全部違う、個数:全部違う、塗り方:全部一緒、形:全部違う…


ぐぬぬ…たしかにセットだわ
4種の要素がそれぞれ違うか、全部一緒だわ…


ってな感じのカードゲーム…
FullSizeRender
セットカードゲーム(Set Card Game)


オムライスが美味しいボドゲカフェ『kurumari』で遊ばせてもらいました〜。
そもそもこのボドゲの面白さを教えてくれたのは赤羽のボドゲバー『にゃるた商会』のマスターさん。感謝感謝。


何がセットなのか最初はわからないんですが、わかってくると見つけるのが楽しいんですよね。
それではプレイスタート〜



■12枚から見つける


まずはすべてのカードをシャッフルして山札に。
FullSizeRender


そして場に12枚並べる。
FullSizeRender
あ。今回はツレと2人プレイね。


場に並べ終わったらプレイスタート
一番セットを集めたプレイヤーが勝ちってゲーム。


セット! と、私がカードを3枚手元に持ってくる。
FullSizeRender
共通点わかります〜?
そそ。それぞれのカードにアイコンが1つなのが共通点


あと、それぞれが全く違う要素わかります〜?
そそ。まず、色が違う。さらにアイコンの塗られ方が違う。最後にアイコンの形も違う


こんな感じで、場のカードから4種の要素(マークの個数、色、塗り方、形)それぞれについて…


完全に同じか、それぞれが違うもの3枚を集めるとセットなんです。


誰かがセットを作ったら、場のカードを山札から補充。
補充されたら、また早い者勝ちでセット!を宣言する。


セット!
FullSizeRender
個数が違う、色が違う、塗り方が違う、形が違う。
ふふふ。順調順調


ツレ「ぐぬぬ…あっ! セット!」
FullSizeRender
…たしかに。
色は一致でそれ以外の要素が全部違うからセット。


こんな感じでテンポよく進んでいくのがいいですね。
セットを相手よりより早く見つけてやる!って気持ちになるのも燃えます



■ひたすらセット


よ、よし!



ゼットン!
(画像はamazon)


すいません、これは怪獣でした


あった! セット!
FullSizeRender


これもセットだぜー!
FullSizeRender
なんか可愛い


セットク!

(画像はamazon)


し、失礼しました…小ボケを入れないと文章を書けない病気なんです…



■たまに止まる


私「うーん」
ツレ「うーん」
FullSizeRender
私「セットないんじゃね?」


ツレ「うーん…ないか――あ、セット!
FullSizeRender
間違ってしまえビリリリリ〜
(間違ってしまえ光線を出している想像です)


ぐぬぬ…
FullSizeRender
たしかにセットだ


もし12枚出してもセットがない場合には新たに3枚出すルールだったかな?
うろ覚えなので信じないでね(じゃあ書くな


そんなことを繰り返していき、山札がなくなって…
FullSizeRender
セットもないのでゲーム終了〜


たくさんのセットを作ったので数えるの大変そう。
山札の厚みで比べちゃえ!ってことで、ツレと比較。


けっこう前半飛ばしていたし、オレ勝ってるんじゃね?
FullSizeRender
負けてました…


ってな感じで僅差で負けてしまいましたが、楽しかったでーす。
簡単にセットが見つからないので、見つかった時に純粋にうれしいの
対象年齢も6歳以上だし、子どもと遊んでも楽しそうなボドゲですね〜


『セット カードゲーム』検索してみたら、amazonにありました〜

SET セットカードゲーム 日本語版
1000円台で買えるのもイイですね(執筆時点)

楽天にも売ってました〜



以上、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”でした