さて問題です。これは何のボドゲを開けているところでしょう?
クトゥルフ・ウォーズ完全日本語版の開封中写真
チラッと名前が見えちゃっているからバレちゃったかな??
(いや...ブログのタイトルでわかるんだが...)


そう! このボドゲは...
クトゥルフ・ウォーズ完全日本語版のパッケージ
クトゥルフ・ウォーズ 完全日本語版なのです
(写真はシュリンクはがしが終わったところ)


そうそう。先日、リプレイを書いたボドゲです。

ありがたいことに、こんな高額なボドゲをco-bozeさんが開けさせてくれると言うのです
(高額すぎて一人で開けさせてもらうのは申し訳なかったので、一緒にシュリンク剥がしました)


というわけで、今日はクトゥルフ・ウォーズ完全日本語版の(出張)開封の儀でーす
【追記2019.04】
クトゥルフ・ウォーズ新版 完全日本語版でました
駿河屋リンク貼っておきます

新品ボードゲームクトゥルフ・ウォーズ新版 完全日本語版 (Cthulhu Wars)
【追記ここまで】


■外装


普通のボドゲに比べて、大きい&重いボドゲだけど、いつもの開封の儀のように箱裏を確認するぞー!


キャ お、重いわ
(当ブログでは、さして重要ではないところに太字が使われる場合もあります)


と、戸惑っていたら、co-bozeさんが手伝ってくれた。初めての共同作業
クトゥルフウォーズ 完全日本語版の箱裏写真
「よっこらしょっと」


おおお〜。日本語がいっぱーい
さすが完全日本語版だわー


右上には遊んでいる様子も!
アップで撮り忘れちゃったけど、プレイ可能人数などは以下の通り。


プレイ可能人数:2〜4人 対象年齢:14歳以上 プレイ時間:60〜90分
拡張(日本語版は執筆時点未発売)を入れるとプレイ可能人数増えるみたいですよ!


そして目についたのが...
クトゥルフは健在なり!の部分
クトゥルフは健在なり!

カッチョいいですね〜!(一瞬、キテレツ大百科のコロ助を思い出したのは内緒)
その下のテキストもホラー感が出ていてイイ感じです


さて、そろそろ我慢できなくなったので開けますよ
英語版はプレイしたので中身はわかってるんですが、完全日本語版の中身はどんな感じなのでしょうかー



■開封


ピッタリして、なかなか開かないぞ...楽しみがより増してしまうじゃないか
手伝ってもらって...
DSC05219
パカッ 開いたっ


おお〜。日本語の説明書出てきた!


箱の中身は我慢してまずは説明書をサラッと確認。
DSC05235_1
最後のページは45ページ。


さすがに45ページもあると、目次もあるのね。
DSC05236
読み応えありそうですな!


さて、箱に戻って。
説明書の下からは...
DSC05220
タイルシート出てきたでー


タイルシートの下からは...
DSC05221
おっ! なんか英語版と違う! そして見やすい邪神様たち。これはプレイヤーボード。
あとでちゃんと並べて見ることにしよう。


プレイヤーボードの下からは...
DSC05222
儀式トラック。こちらも大きく書いてあって、わかりやすい。
拡張のことも想定して8人用まであるのも親切設計。


破滅トラックも出てきた。
DSC05223
「世界の壊滅!」とか書いてあって分かり易い。
気のせいかな。色も鮮やかになっているような。英語版どうだったかな


破滅トラックの下からは...
DSC05224
フィギュアやボード出てきた。
「地球」とか「インド洋」とか、さすが完全日本語版ですな!


ボードの下には、サマリーやエルダーサインを入れる袋、さらにその下には...
DSC05226_1
フィギュアフィギュアフィギュア
左側は、透明の内箱を透して見えているんです。


透明の内箱を外すと...
DSC05227
まだまだ新たにフィギュア(右側)


左の大型フィギュアたちは、たしか邪神様たちだったよね。
邪神たちが、ピッタリと大人しく納まっている様はなんか面白い


よっしゃー! 全部箱から出してみますわよ



■フィギュア


全てのフィギュアを並べるとこんな感じ。
DSC05230
すげー! すげー沢山ある!
さすが3万のボドゲ


邪神のみなさーん。いいですかぁ〜? ハイチーズ
DSC05229
イイ いいですよぉ〜。
おぞましさ出てるわよぉ〜


クトゥルフちゃんの俯き加減もイイよぉ〜 その調子


じゃあもう一枚いっちゃおうかしら。
ハイチーズは古いから次は...


さあ皆で、1+1は
DSC05231
いや...多いって...触手、多すぎだって...誰も正解いねーじゃねーか!


2を示すのは下手っぴな邪神様たちでしたが、イイ雰囲気は伝わりましたでしょうか


では次にタイルや邪神様たちのボードも見てみましょ。



■タイルとボード


タイルシートはこんな感じでした。
DSC05232
やっぱり色鮮やかになっている気がするけど、これは記憶から色が欠如しているからかしら。
赤や黄色の枠のタイルは、きっと各邪神たちの呪文書ですよね。


呪文書も日本語になっているなら安心だわー


そしてプレイヤーボード、そう、邪神様たちを見てみましょ。
黄色い印、森の黒山羊、大いなるクトゥルフ、這い寄る混沌のプレイヤーボード
黄色い印、森の黒山羊、大いなるクトゥルフ、這い寄る混沌(敬称略)


全て日本語のボード。レイアウトもなんか綺麗。
英語版に比べて、ボードが小さくなったような感じがする...測ったわけじゃないからわかんないけど。

以上でーす。リプレイの記事にも貼りましたが、クトゥルフ・ウォーズ、検索したらamazonにありました〜(執筆時点)
クトゥルフ・ウォーズ 完全日本語版
クトゥルフ・ウォーズ 完全日本語版

駿河屋さんにも売ってまーす(執筆時点)
新品ボードゲームクトゥルフ・ウォーズ 完全日本語版 (Cthulhu Wars)


なお、当ブログでは他にもクトゥルフ系ボードゲームのリプレイや開封の儀がありますので、そちらもよろしくお願いいたします。
タグ:クトゥルフ系ボードゲーム


以上、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”がお送りしました〜