1893年の万国博覧会がテーマのボドゲだって
その名も...
DSC02545
ワールズフェア1893(World's Fair 1893)


このボドゲ、気になってたんですよね〜
先日、ゲームバー「グリュック」で遊ばせてもらいました
(グリュック)の記事はこちら)


ってなわけで、今日は、ワールズフェア1893のリプレイですっ
なお、当ブログは、適当ブログですので、脱線、ルール記載ミス、ひたすら自分視点、急に端折る、などなどございますので、ご容赦のほどよろしくお願いいたしますぅ〜



■キューブを置いてカードをゲット


今回は4人プレイ。
このボドゲの流れをザックリ説明すると...


中央に置かれた5つのエリアどれかに自分のキューブを置く
→そのエリアにあるカードをゲット
→次の手番キューブを置くときにカードを使用
→ラウンド終了時に各エリア上のキューブ順位で得点ゲット
→順位によって一部のカードをタイルに交換
→ゲーム終了時(3ラウンド後)、タイルの種類で得点ゲット


ってな感じ(ちかれた)
では早速、私あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)の手番をご紹介ですわ


今回私のカラーはイエロー。
緑のエリアに自分のキューブ(黄)を置いた。
DSC02522
よっしゃー! ここのカード2枚をゲットだー
(ラウンドマーカーが3ラウンドのところにあるのは単なる間違いです)


カードには展示物や偉い人?がある。
上の写真の右側が偉い人。特殊効果を持っていて、次の手番に使える。


左側が展示物。ラウンド終了時に条件を満たすと、ゲーム終了時に得点となるタイルがもらえる。
(ねぇ、この汽車No999って書いてあるよね? スリーナイン号なの? ねぇ銀河鉄道なのぉぉぉぉっ!?)


なんか心の興奮が聞こえてきたような気がするけど、気にせずに進めましょう。
キューブを置いてカードを取ったら、次の人のための準備。
DSC02523
今取ったところを含め、時計回りで3か所にカードを山札から補充。
カード上限は、エリアごとに小さな矢印で示されてる。


カードが上限まであったら、次のエリアに補充する。
ってなわけで、誰かが手番を行うと、カードが3エリアに補充されるってわけ。


わー
DSC02524
白いエリアにカード4枚になったー お得


というわけで、この白いエリアにキューブを置いて4枚取るぞー
あ、置いたら前手番に取った、おっさんカード使わなきゃいけないんだった。



■おっさん効果


私が持っていたのは、この偉い人(おっさん)。
DSC02525
おっさんカードの特殊効果はカードの4隅を見る。
白いエリアを示すアイコンと、プラスのアイコンが描かれてる。


そう! このオッサンは、追加で白いエリアに自分のキューブを置ける偉いオッサンなのでありますっ


キューブ2個目を置けた。
DSC02526
これでこの場所は私のものになる可能性高そう。
(ラウンド終了時には、各エリアのキューブ個数で順位決まるから)


無事、4枚のカードをゲット
左から、1と書いてあるカードを2枚、赤タイルに変換できる可能性のあるカード1枚、十字矢印アイコンがあるおばさま(任意のキューブを1つ移動できる効果)1枚。


1と書いてあるカードを誰かが取ると、ボード中央の観覧車マス上にある駒が枚数分、進む。
この観覧車上のコマが一周するとラウンド終了なのよね。



■ラウンド終了


手番が進み、1というカードが取られていくので、観覧車上のコマが進む。
DSC02527
あと2枚取られたら終わる!
それまでに狙ったエリアにキューブを置きたいっ


なんて思っている間に...
DSC02528
ラウンド終了〜。
(観覧車コマは、次のラウンドの初めが分かりやすいように、終わらせたプレイヤーが持っているのでボードに無いです)


エリアの順位計算の前に、時間を進める「1と書いてあるカード」は1枚1点に。
DSC02529
私は3点ゲット。
誰よりも持っていればボーナスの+2点も(グリュックのマスターが+2点取ってたような記憶)



■エリアの決算


この後エリアごとの順位の確認。
DSC02531_1
この青のエリアは、白さんが1位で4点ゲット、黄(私)が2位で2点ゲット


さらに、手元にある、青のカードをゲーム終了時得点となるタイルに交換してもイイ。
1位の人は3枚まで、2位は1枚。タイだったりすると、得点も交換できる枚数も変わりますっ(割愛)


白いエリアは私が1位
DSC02532
4点チップ貰ったー

さらに、白いカードを白タイルに交換。
1位だから3枚まで交換できるけど、そんなに持ってないよ


これらのタイルは、全種(5種)のセットでゲーム終了時に15点に。
4種なら10点、3種なら6点、2種なら3点、1種なら...1点


こんな感じで各エリアの1位2位に得点が入る。
そして、全エリアの確認が終わったら、各エリアの各キューブは2つに1つがプレイヤーの元へ。
DSC02533
白エリアに3個あった私のキューブ(黄)は、1つが手元に返ってきて、場に置かれているキューブは2つになった。
前ラウンドの影響が残りつつも、エリア順位は入れ替わる可能性を含み、次のラウンドが始まるってわけね。考えられてるわ〜



■けっこう早い


さて、長くなりそうなので端折りまっせー


1のカードがたくさん出て、あっという間に終了間近になった2ラウンド目をパシャリ
DSC02534
私が1位取れているところ白エリアだけや...
白カードは、もうタイルに交換したから白エリア以外も勝ちたいなぁ...


たしか白と赤で勝てたような。
まあまあってところか。


そして最終の3ラウンド目が開始〜。
DSC02536
できれば手元のタイルを5種類集めたいから、今まで勝ったことのないエリアで勝ちたいなぁ...
でもバレバレなんだよね。タイルとか獲得しているカードとか公開情報だし


うおぉぉぉっ ここのカード欲しいぃぃっ
DSC02537
叔父様2人に、叔母様1人!
自分のキューブを置いたところに、もう1個置ける叔父様や、青エリアにキューブ置ける叔父様に、キューブ移動の叔母様...お得だわー


そして、この方たちは2つ手番前の白さんに貰われていきました。
あぁ...ご縁がなかった



■激戦


私は緑のタイルさえあれば5種のタイルが揃い、終了時に15点貰える状態。
当然、緑のエリアで1位か2位...できれば1位になりたいっ


と、この最終ラウンド、緑エリアに乗り込んだものの...
DSC02538
同じ思惑のプレイヤーが3人


白さんも青さんも、ここのタイルが欲しいのか...
ど、どうするか...まずはあそこであの叔父さんを取って...いやダメだ、それよりも毎手番、緑エリアにキューブを...いや、そうすると取れるカードが少ない...うむむむむ


そんな感じで悩みながら、頑張った...頑張ったんだけどね...
DSC02542
3ラウンド目終了。緑エリアの1位青さん、2位白さん。
3枚の緑カードが紙くずに



■最終得点計算


3ラウンド目の決算では、緑エリアを頑張りすぎたせいで、他エリアでも大した成果を出せず、ほぼ得点につながらなかった。
あ、でも! でもね!
DSC02540
1カード一番持ってたから6点になったもん


ぐはははー 緑エリアの勝負には敗れたが、まだ勝負はわからぬのだー


そして最終得点計算。
いままで取った勝利点チップの合計と、タイルの種類で貰える勝利点の合計をする。
そして私の得点は...
DSC02543
44点! 結構とれた!


えっ
DSC02544
白さん60点越えなの!?


そして、1位の白さんに続き、次々と発表される青さんや紫さんの得点。


ぺ...ペケ...ペケだったのかぁぁぁぁぁっ
という心の叫びを胸にしまい微笑む、大人の中の大人、あっきぃらびっとであった。
めでたし。めでたし。


めでたくねぇぇぇぇっ!
(あれ、このネタ、昔も使ったような...)


まあ、とにかく、負けてしまいましたがワールズフェア1893、イイですね〜楽しかったですっ
ルールも簡単だし、展開もわりと早いし、攻撃も1キューブ移動させられるぐらいだし、カード効果お得だし〜
こりゃリベンジですな。次こそ上手くやってやるぞー


ボードゲーム ワールズフェア1893(World's Fair 1893)、検索したらamazonにありました〜(執筆時点)
World's Fair 1893 Board Game [並行輸入品]
World's Fair 1893 Board Game [並行輸入品]
でも和訳とかついてない商品もありますのでご注意を〜


以上、あっきぃらびっとがお送りしましたっ