イェーイ!
ストリームスで景品ゲット
image
ミープルのでっかいイラストが入ったボドゲバックを手に入れて浮かれる私


この日、ふうかさん主催のブロガー忘年会こと「ぶうねん会」が開催されており、途中のストリームス大会で、エッセン土産をゲットしたんですね。私。
(ぶうねん会については、ふうかさんの記事をご覧くださいませー)


私は浮かれていたんです!
この後、ワインと毒によって、あのような事件が発生するとは...


とあるボードゲーム...
ワインと毒とゴブレット 日本語版
ワインと毒とゴブレットでのこと。
(画像はamazon)


ってなわけで、今日はボードゲーム ワインと毒とゴブレットのリプレイでーす
なお、テキトーブログゆえ、ルール記載ミス、誤字脱字、脱線、無駄に長い...などなどあるかもしれませんがご容赦くださいませー



■セッティング


これが、コンポーネントのゴブレットとワイン、解毒剤、毒
DSC02126
ゴブレットが、しっかり掌に納まる素敵サイズ


このボドゲ、それぞれが貴族家となり、「カンパーイ!」の後、手元のゴブレットを飲んで(ゴブレット内のトークンをカウントして)、生きてたら1点、狙っている貴族が死んだら1点、他にも、ワインを一番多く飲んでたら1点だっけかな...そんな感じで得点を計算して、一番得点を取ってるプレイヤーが勝ち。


今回は、なんと12人プレイ!
2人1チームになり、6チームでの対戦。


チーム内の2人は、貴族と下僕のペアとなり、それぞれできるアクションが少し違う。
さらに、1人の下僕だけ、自分の貴族――要はチームメイト――を殺そうとしているのだとか。
(その下僕は自チームの貴族が死んだら3点だったかな)


その、裏切り者下僕を決めるために配られるカード。サソリがあると裏切り者らしいが...
DSC02127
良かったぁ〜。普通の下僕だ(なんか笑えるフレーズ)


もちろんペアの貴族の人には内緒。
なので、貴族役の人は、自分の下僕が裏切り者かもしれないと思ってる感じ。


それはともかく、倒すべき貴族家についてのカードが配られた。
DSC02129
我らが倒すべき貴族家が決まったってわけ。
よっしゃーラビット貴族の力を見せてやるぅ〜
(だってペアの方も兎モチーフのお名前のusalapbitさんだったんですもの。なのでラビット貴族ってことで)


倒すべき貴族家が、どの位置にいるのかを確認。
DSC02130
ふむふむ。おっ。あの人は...失敗日記の人
ブログ「ノーダイス ノーライフ」の方ではないですか。
毒を飲んでいただいて、ぜひ失敗日記を書いていただこうではないか! ははははー(失礼


各貴族家(チーム)には、ワイン(赤)3、毒(黒)2、解毒(白)2が配られた。
DSC02131
ほうほう。これを手番が来たらどこかのゴブレットに入れていいってわけね。


そういえば、キャラクターってのもある。
DSC02132
チーム戦の場合、貴族役がキャラクターになる。
各種特殊能力あるけど、割愛。他の人にできないことができる系(そりゃそうだろ)


キャラが決まったら、ゴブレットのセッティング。
中央にはゴブレットがこんな感じに。
DSC02135
ランダムにワイン2、解毒2、毒2が各ゴブレットに入れられた。
ちなみに全プレイヤーは、ちょっとゴブレットから離れた位置に立っているので、中は見えない。


セッティング終了〜
いよいよプレイ開始
(セッティングにずいぶんと紙面を割いてしまった)



■見るか回すか入れるか


ついたての内側がサマリー
DSC02133
時計回りに手番が動く。各チーム、下僕が先で貴族は後。


手番が来たとき、貴族でも下僕でもできることは、「手元のトークンを1つ任意のゴブレットに入れる」、「ゴブレット全体を1つ時計回りに回す」、「任意のゴブレット2つの位置を入れ替える」、「パス」。


そして、下僕だけが「任意のゴブレット1つの中を見る」アクションができ、貴族だけが「カンパイ!」できる。
(カンパイは手元のワイントークンが無くなってからでき、カンパイアクション後は、それぞれが1アクションしたのち、目の前のゴブレットを飲むことになる)


隣の、ふうかさんチームが...
DSC02137
手持ちのトークン1つを任意のゴブレットに入れるアクション。
何を入れたんだろうなぁ〜


私もご主人様と少し打ち合わせて、ワイントークンを入れたんだっけかな。
一番最初は、あそこに誰かが何かを入れたとか、自分がワインを入れたとか覚えていられるんだけど...


「回します!」
なんてプレイヤーさんが何人も出てくるとわからなくなってくる。
「交換します!」とか、特殊能力で「2回、回します!」なんてことがあると、もうわからん。


もうわかんないので適当になってきたけど、下僕が唯一、「見る」アクションができるので、あーんしん



■見るっ!


何周かしたら、もう「カンパイ!」の音頭が


あと1アクションずつしかできないー!
交換? 回す? いやいや、覗く??


迷った私はご主人様に何をすべきかをお尋ねする。
検討の結果、覗くアクション。このままだとご主人様が飲むことになる、ゴブレットを確認することに。
DSC02138
ブログのために急いで写真撮らなきゃ!と思って覗きつつ撮る。
ふむふむ。赤く鈍く光ってるな。ラッキーなことに、ワインが5つか。


一番ワインを飲んだ貴族(ワイントークンが一番だった貴族)は、加点だったから、こりゃイイ感じだわ
あとでカメラを確認したらズルいので、「撮ったもので確認しませんよ」と申し添え、急いでゴブレットを戻す。


「ワインが5つですよ!」コッソリとウキウキしながら御主人様に知らせる私。


なんか迷った様子の御主人様は解毒剤を目の前のゴブレットに1つ入れた...


あ...あたし、裏切り者だと思われているわ

んもぅ☆ 信じてくれればいいのにっ


その後、他のプレイヤーさんたちによって、目の前のゴブレットが交換されることなく、私が見たゴブレットを御当主様が飲むことに。
これで生き残って1点。ワイン最多で1点の2点は取れるぞーふふふふ


カンパイの後、ゴブレットの中身を確認。


「やったぁぁぁぁっ!」
と、生き残った貴族さんたちの喜びの声が聞こえてくる。
倒すべき貴族さんも生き残っていらっしゃる。


うちだってワイン最多得点をゲットで...
DSC02139
ごっ...御主人様ぁぁぁぁぁっ!
(毒が4つも入っていて、御主人様倒れる)


御主人様:「う...裏切り者だったでしょ...」


ち、ち、違うんです! さっきまでワインだったんです! 見間違えあああああああ...
膝から崩れ落ちて泣き叫んでしまいたい...


「やったぁぁぁぁぁっ!」と聞こえてくる、本当の裏切り下僕さん(〇〇〇さん)の声。


ほらほら、あそこに正真正銘の裏切り下僕さんがいるじゃないですか!
ん? んん?
考えようによっては勝利点もないのに嘘を教えてしまった、私の方が正真正銘の裏切り下僕
はぁ


ボードゲーム ワインと毒とゴブレットを遊ぶときには、しっかりとゴブレットの中身を確認しましょう。
ちなみに、ボードゲーム ワインと毒とゴブレットは、駿河屋に売ってます(執筆時点)

新品ボードゲームワインと毒とゴブレット 日本語版 (Raise Your Goblets)
裏切り者になってしまう残念な結果でしたが、このボドゲは楽しいパーティーボドゲだと思いますよー


以上、失敗日記を書いてもらうどころか、失敗日記を書くことになった、あっきぃらびっとがお送りしましたっ