おっとぉ〜緑のゴブリンさんチーム、壁に激突だあぁぁぁぁっ!
DSC01679
彼らの速度をアップさせたドワーフチームがほくそ笑んでいるぞー!


ってな感じの、チーム対抗レースなボードゲーム...

クレイジーカート(画像は駿河屋)


先日の、ふうかさん主催イベント「大人数ゲームって本当におもしろいの?」で遊ばせてもらいました〜。
このボドゲ、1台の車を2人で協力して操作するのよね。ただし、相談できず衝立の中で何をするかを決める感じ。一番早くゴールに着いたチームが勝ちってボードゲーム。


ってなわけで、今日は、クレイジーカードのリプレイですっ



■2種のボードをそれぞれが担当


8人でプレイ。私は赤のドワーフさんチーム。
セッティングに私は関わってないので、セッティング解説は割愛。


各車両いっせいにスタート位置につきました!
DSC01660
車の駒がカワイイ


ボード全体はこんな感じ。
DSC01659
一番右がゴール。ボードの外は壁があるものとみなす(もちろんぶつかってダメージを受ける)


各プレイヤーの手元には、2種のアクションボードのうちどちらかが置かれ、衝立で隠す。
私の手元は...
DSC01658
こんな感じ。5つのスペースがあり、そこにマークが描かれたカードを置くことで、対応したアクションをどのくらい行うかが決まる。


左から、手番順決定、特殊タイル使う、ブレーキ、向き変更、エネルギーチャージ(特殊タイルもらうため)って感じ。
ちなみにこちらは奇数ボードとでも言おうか、各アクションに奇数が振られている。


同チームのもう一人のプレイヤーには、違う要素をコントロールするボードが配られている。
同チームが向かい合わせに座っていて、写真撮りづらいので、ちょうど私と違うボードだった隣のふうかさんボードをパシャリ
DSC01662
こちらのボードは、左から、チーム固有能力、使わない(拡張要素?)、スピード上昇、砲撃、修理のアクションを行えるボード(こちらには偶数が)。


こりゃ楽しみだ



■マークを置いてアクション決定


各プレイヤーには、6枚のカードが配られる。
DSC01663
ドワーフさんチームだから赤のカード。内容は全プレイヤー同じで、各カードにはマークが描かれている。
マーク1つのカードが4枚。マーク2つが1枚、3つが1枚。


これらのカードを先ほどのボードに置くことで、どのアクションをどのぐらいの強度で行うかが決まるってわけ。


このカードを置く行為は、全プレイヤー一斉にスタート。
置き終わったチームが、5つ数え、終わるまでに他プレイヤーもカード配置を終えなければいけない。


大慌てでカード配置を終え、衝立を取って皆で公開。
DSC01664
私たちはこんな感じのプロットになった。


あ、そうそう。私のボードの左に置かれている縦長のボードは、我がチームのパワーチャージがどのくらいかを示すボード。マックスまで行くと特殊効果の書かれたタイルがもらえる。
一方、チームメイトの横に置かれているのは...
DSC01661
これはスピードメーター&ダメージメーター。
矢印でスピードを示し、赤いマーカーでダメージを示す。ダメージを受けると、それ以上のスピードは出せなくなるんだって。



■交互に解決


まずは、全チームのイニシアチブ(各チームの奇数ボードの1番)を確認。そこに一番多くマークが置かれているチームから行動できる。
DSC01665
私(赤)は1つしか置かなかったら最後手番になってしまった。


トップは緑のゴブリンさんチームだったかなぁ。
ゴブリンさんチームの奇数ボード、偶数ボードそれぞれの2〜10までを順番に解決。


結果、ゴブリンさんチームは、うまいこと特殊タイルがもらえるマスで停止。
次に行動した黄色、ミイラさんチームは...
DSC01667
氷(障害タイル)で滑って壁の方を向いちゃった


青のエルフさんチームがゆっくり進み、ついに私たちドワーフチームの手番。


アクションスペースの2から解決。2〜5までは何事もなし
(カード置いていないか、置いても意味のないスペースだった)


そして6番はスピードアップ。6番はチームメイトさんの手元の偶数ボード。
チームメイトさんは、スピードに4マーク分置いていたので、スピードが4に上昇!
DSC01668
スピードの分だけ進む車


スピード分だけダメージを受ける、障害タイル「岩」に衝突
DSC01671
4ダメージを受け、岩の効果でスピードは0に。


ダメージマーカーが4つ分降りてきて、スピード4のところに置かれた。
DSC01670
これで、修理するまで私たちはスピード3までしか出せなくなってしまった


まあ、このまま進んでも緑さんにぶつかってしまうから、スピードそんなに出さないので大丈夫でしょ


スピードアップの後は、7の方向転換。少し向きを変えたようなキヲク。
8は砲撃で、マークを置いた数が砲撃可能な範囲。その中にいる誰かの車を指定し、砲撃。


砲撃された人は、砲撃くらった用のカードを引き、どんな効果が出たか公開する。
9はチャージ。特殊タイルをもらうために6チャージもした(10でもらえる)
10番は修理。ダメージを少し戻せたような。イイぞーチームメイトさん



■特殊効果タイル


2ラウンド目。また一斉にカードをプロット。
6枚あるカードだけど、スピードによって出せる枚数が決められている。


スピードが上がっていくほど、使える枚数が減る。
スピードが0になっちゃった我がチームは6枚全部使えるけどねー。
DSC01672
チャージにカードをぶっこむアタシ。
だって特殊タイル欲しいんだもん


イニシアチブは無視した。
だって目の前のゴブリンさんに先に動いてほしいんだもん!


イニシアチブが同じ値だったら、よりゴールに近いチームから動ける。
狙い通り、ゴブリンさんチームが先に動いてくれたが、障害タイル「工場」にぶつかる。
DSC01673
周囲2マス以内にいる車にもダメージ
ってうちらじゃん


さて気を取り直して私たちの手番。チャージにたくさんぶっこんだので、ついに特殊タイルを手に入れたぜーペロン
DSC01674
敵カート1台のパワーチャージを5減らせる!


さらにこの手番の移動で、特殊タイルマスを通り抜けたので、もう1枚ゲット。
DSC01675
敵カート1台のスピードを2上昇させる。
えぇ〜 速くしちゃうのぉ〜


と、思ったけど、考えようによってはイイ使い方もできそうだにゃははは


この後、他チームの砲撃によって、砲撃結果カードを引いたら、「特殊効果タイル1枚捨てる」だったので、最初のタイルを破棄。少し悲しい


特殊効果タイルついでに、最後の方でゲットした特殊効果タイルもご紹介。
DSC01681
自分たちが2スペース移動できるタイル。イイねぇ
各特殊効果タイルには、コストが描いてあり、そのコスト分3番に置くことで特殊効果タイルが使える。



■激突っ!


3ラウンド目だったかなぁ。ふうかさん所属のミイラさんチーム(黄)が突っ込んで来そう。
先に逃げなきゃ!と、イニシアチブに2マーク投入したけど、ミイラさんチームの方がたくさん入れてた

結果...
DSC01677
我れらのカートの横っ腹に激突っ


激突は、両カートが1ダメージを受け、激突したカートが進む方向へ両方が1マス移動して終わる。
1マスで良かった...先は乱暴なオーガーがいるマスだったし(障害タイル)


よーし! うちらだってぇっ!
と、なぜかゴブリンさんチームの速度をアップ
DSC01678
この結果、どうなるか皆さんは知っています。
ゴブリンさんチームの手番、プレイヤーさんが笑顔で話す。


で、スピードが上がりすぎた私たちゴブリンさんチームは...


壁に激突っ!
(冒頭写真)

速度分のダメージを受けるんだっけかな。
結構ダメージを受けていたような。ごめんねゴブリンさんチーム


その後、ゴブリンさんチームの報復の砲撃を受ける私たち。
DSC01680
キャー火がついたぁぁぁぁっ


こんなカードもあるのね。砲撃の結果って。



■終了


激突したり、砲撃されたり、とばっちりを受けたり、思わぬ方向に移動したりと、大盛り上がりのクレイジーカート。


非常に残念なことに、イベント終了時刻がやってきてしまった...
といっても、終盤だったので、次にどうしたらどうなるか予測できそうだった。最後の写真をパシャリ
DSC01682
なんだかんだボロボロだった緑のゴブリンさんチームが、トップ。
この後の手番、イニチアチブにすべてのカードを投入すれば、優勝かなという感じの終了でした〜


ボードゲーム クレイジーカート、良いですね〜。チーム戦なのも良いですが、おバカなレースな感じが好みでした。
味方同士が相談できないルールだったけど、今回のゲームではそんなに影響なかったかなぁ〜。味方が意外な行動をするというよりも、他チームの車が突っ込んできたとか、砲撃くらってオカシクなったとか、そういうことが予測不能で楽しかったです


カートの台数によってマップが変わったりはしないらしいので、どうぜなら4チーム(8人)でプレイしたいボードゲームです


クレイジーカートは駿河屋に売ってるみたいでーす(執筆時点)

ボードゲームクレイジー・カート (Crazy Karts)

以上、あっきぃらびっとでしたっ