ねえ君ってさ、キュウリ...一度に何本食える ぐふふ


いやぁっぁあぁぁっ やめてぇぇぇっ
一度に5本とか食べれないからぁぁぁぁっ



はいはい〜大丈夫ですよ。安心してください。
5本のキュウリ 完全日本語版
日本語版。売り切れですから。
(画像はamazonリンク。売り切れは執筆時点。個人的には残念でありんす)


ふぅ 良かった...カッパ巻じゃあるまいし、一度に5本は無理――


――と見せかけて外国語版ドーン
DSC00254
うわわあぁぁぁぁっ
(写真はカードゲーム 5本のキュウリ ドイツ語版?の外装です。そしてよく分からない展開でごめんなさい)


大丈夫大丈夫。これは本物のキュウリじゃなくて、ボードゲーム(カードゲーム)だから。
(すぐわかるだろ)


ってなわけで、今日は5本のキュウリの開封の儀です〜
マッケンジーさんとのボドゲ会で、「開封の儀をどうぞ!」と言ってくださったので遠慮なく、開けパシャさせていただきました


ひ、人様のボドゲを開けさせていただくなんて、き、緊張で手が震え――ビリッ!
DSC00255
クルリンパ
(シュリンクを剥して箱裏にしたところ。大丈夫。ちゃんと丁寧にやりました)


箱裏は情報の宝庫


よ...読めん...
自分にドイツ語の知識が無いことを忘れていた。


ええいっ! こうなったらっ!
DSC00256
箱横だーっ


アイコンなら私にだってわかるのですよ。
ふふふ。


2〜6人で仲良く、8本以上のキュウリを、25分以内に食べなさいってことですよね。


うんうん。分かります。アイコンって分かりやすい。
これが俗にいうアイコンタクトですわ。
(いろいろ違うし...念のために書いておきますが、正しくは、2〜6人プレイ対応、8歳以上対象、平均プレイ時間25分ってことですね)


アイコンタクトによって充分にアタシの意志が伝わったのでそろそろ開けましょう(よく分からん



■キュウリ駒が!


それぇぇっっ しゅっちょー
DSC00257
今日は出張開封の儀なので、開封の掛け声も一風変えてみました。
(あくまで脳内での話です)


コンポーネントはカードだけだと思っていたので、キュウリ駒に若干感動したりカワイイと感じてしまいそうになりましたが、クールなウサギとして名を馳せたわたくし、あっきぃらびっとが驚いたり、ましてや人様の前でカワイイ等と興奮す――
DSC00258
カワイイじゃないですかぁぁぁぁぁぁぁっ


あたしこのサイズのキュウリなら買います!
5本でも6本でも、なんなら10本でもいきますわっ
(ゲーム的にはキュウリ駒6本獲得で負けだそうです)



■1〜15のカード


さて、みなさんキュウリ駒に心ときめいてしまって何もできず、日常生活に支障が出てしまうと思いますので、気持ちを落ち着けるためにもカードにも目を向けましょう。
DSC00259
カードこんなにあるんですよ。
何枚あるんだろ(調べろよ


数字には1〜15がある。
DSC00260
そしてカードにはキュウリ達のイラストが。


ほら...
DSC00261
なかなかユニークな顔してますな。
隣人に似ているキュウリとかいると思います。


ってなわけで、コンポーネントはこれで全部かな。
ちょっと初プレイもさせてもらったので、that流れも説明しちゃおうかしら。



■初プレイ


プレイは、それぞれに7枚配ってスタート。
DSC00263

親が出したカード以上を出す。出せなければ(出したくなければ)持っている中で一番低いカード出さなければいけない。
DSC00266

これを6回繰り返し、7回目は最後の1枚をそれぞれが出していき、一番大きい数を出してしまった人が、そのカードの描かれたキュウリ分、キュウリ駒を受け取る。
DSC00267 (1)
ゲームを繰り返し、キュウリ駒が6本以上になったプレイヤーは脱落っって感じ〜。


5本のキュウリ、手軽だし、ルールも分かりやすく(勝ち方わかったわけじゃないけど面白かったでーす。
5本のキュウリ
5本のキュウリ 外国語版


以上、カッパ巻き大好きだったあっきぃらびっとがお送りしましたっ