ドラダ(DORADA)ってご存知です?」
「いや、知らないです〜。おっ。なんか古そうだけどイイ感じなボドゲですね〜」


「どーぞ、どーぞ、開封の儀を撮ってください」
「おお! いいんですか!? ありがとうございます


パシャリ

!Σ( ̄口 ̄; ドラだ!(写真は楽天リンク)


あぁ...大変失礼しました
実際に撮らせていただいたのはこちら。
DSC00201
こっちがボードゲームのドラダ(DORADA)です


ってなわけで、今日は、このボードゲームの出張開封の儀でございますぅ〜。
マッケンジーさんのご協力に感謝


絶版ボードゲームらしいんですが、たしかオークションで落札されたとのことだったかな?
貴重なボドゲを開けさせていただきましたぁ〜



■外装


丁寧にシュリンクを剥がして、いつものように箱裏。
DSC00202
自分のボドゲですら、開封後は箱裏をあまり見ないですからね。
人様のボドゲなんて尚更
今のうちに血眼になって隅々まで見ておきましょう。


えっと......いろんな言語で...コンポーネントの内容とか...書いてあるの......かな?
(よくわかってないんじゃん)


と、とりあえず真ん中の画像は分かるぞ
これはきっと、このボドゲの中央ボードだっ


蛇のような道にマスらしき丸がいくつも。
うむうむ。血眼になって見てよかった。有用な情報が得られた。うむ。
(開けりゃわかるじゃん...)


まだだっ! まだ終わらんよっ!
DSC00210
ってなわけで、箱横。
対象年齢12才から99才。


ってか、最近の100才は元気だからきっとプレイできるぞ!と言いたい気持ちをぐっと堪える
(どうでもいいけど、なんで堪えるんだよ)


プレイ人数は2〜4人。
100才のおじいちゃん4人でもできるってことだなっ!と言いた(略


ではいよいよ開封ですっ
古いボドゲだけに100才のおじいちゃんとか入っ ( ゚ε゚(O三(>_< ) ンナワケネーヨ!



■開封


それぇ〜 パカッ
DSC00203
おっと。2つに折られたボードがピッタリ入ってる。


ボードを退けると...
DSC00204
説明書、コマ、ダイスが。


説明書にはページ数書いてなかった。
DSC00205
このぐらいの厚さ。
もしかして数種の言語で書いてあったりしたのかしら。
(ページ数のところしか見てなかったので不明)



■ボードとコマ


ボードは二つ折りだけど、広げると結構大きい。
DSC00206
箱裏にあったのと同じだ
(あたりまえ)


プレイヤーは1人4コマを持ってスタートして、ダイスを振って自分のコマを進め、全部で10個のコマがゴール(一番奥)に辿りついたらゲーム終了なんだって。あ、4人プレイの場合ね。
ゴールすると勝利点がもらえて、ゲーム終了時に一番勝利点の高いプレイヤーが勝利。


ただ、早くゴールすればイイってものじゃない。
1位は10点、2位は20点、10位は100点! って感じで、遅くゴールするほど貰える点数が高いのよね。


即脱落のマスがあったり、逆に即ゴールのマスがあったり、誰かのコマに上に乗られているとそのコマは動かせなかったり、なかなか思案どころのルールがある感じみたい。


コマの話題が出てきたので、コマもじっくり見てみましょ。
DSC00207
4人プレイまでできるのでコマは4色。


両面になっていて...
DSC00208
1色の面と...


DSC00209
ピンクの面
可愛い〜


と、思ったらこれ...穴に落ちたときに(そのコマは即脱落)、ひっくり返して床になるってことを示してるだってw
(次にそこに止まったコマは落ちないですむ)


ピンクって可愛さだけじゃないのね...。
たしかにピンクの服着たら、顔がより黒く見えちゃったってこととかあるもんね。
(ここで言う意味がわからない)


コンポーネントは以上っ
この後即プレイしたんですが、プレイヤー同士の関わりが楽しく、戦略性もある良いボードゲームでした


再販とかされたらいいのになぁ〜
以上、あっきぃらびっとがお送りしましたっ