修道院長「わしゃ〜引退したら趣味の読書を思いっきりするつもりなんじゃ」
DSC09091
村長「何をおっしゃいますか! まだまだ修道院長には頑張っていただかないと!」
修道院長「ふぉふぉふぉ。そうじゃのう。まだこの村には後任がおらんゆえ」


村長「そうですよ! 引退されてしまったら、新しい修道士に来てもらえなくなり──」
修道院長「わかったわかった。おっと村長さん。職人の元で馬車作りを確認する時間では?」
村長「あ、そうでした! では修道院長、お元気で〜」


馬車の完成には...

DSC09092
時間が必要だった。



村長「時間が来てしまったか...」
ノートを開く村長。


そのノートの黒い表紙にはハッキリと「村のデスノート」と描いてあった。

DSC09093
カキコカキコ


そして───


DSC09094
修道院長ぉぉぉぉぉぉっ


ってな感じで、時が来た際に、どの村人の名をデスノートに書くのかを決めるボードゲーム「私の村の人生」。
(違う、違うよ! 一部をクローズアップしすぎだよ!)
私の村の人生 日本語版
(画像はamazonリンク)
先日開封の儀をアップしたところ、ありがたいことに、リプレイ記事希望のリプやコメントをいただいたのでリプレイでーす。
今回はツレと2人プレイ時のリプレイ。


あ。このボドゲ、デスノート出てきません
冒頭は私の脳内想像でございます


デスノートファンの方、すいません。そしてこんな感じのテキトーブログですので、しっかりしたボドゲレビューなどを見に来た方もゴメンなさい。脱線、長文、割愛、ルールミスなどなどが発生するテキトーブログですのであしからず


とはいえ、意外と真剣に書いてますので気に入っていただけたら、ファボとか、ブックマークとか、リツイートとか、近所のおじさん印刷して見せるとか、文化祭で展示していただくとか、社内会議で発(略


それではリプレイスタートですっ
(長くなったので、前後編にしまーす。まずは前編)



■たくさんの中から2つ選ぶ


ボード全体と言うか、セッティング完了した全体はこんな感じ。
DSC09096
ほとんどがカード。
所定の位置に並べるので少し時間かかるけど、壮観だわー


個人ボードはこんな感じ。
DSC09095
これは私(赤)のボードね。
黒い六角柱コマは、5人の村人を示している。修道院長、議員、旅人、職人、商人だっけかな。


それぞれの村人がいる横に、関連するカードを置いていく感じ。
ちなみに黒い六角柱は、今は村人だけど、置かれる場所によって、お金になったり、ご遺体になったり...


セッティングが完了したのでプレイスタート。
適当にスタートプレイヤー(スタP)を決めたら
ラウンドの開始時、まずは、こんな感じでスタPマーカーに、1ストーリーポイントが乗る。
DSC09104
(写真は2ラウンド目)
後にスタP取った人が、この上のポイントもらえるのよね。
ストーリーポイントは、特定の行動(後述)で勝利点になるので大事


そして、スタPが全てのダイスを振る。
DSC09098
こんな感じ。
(あれ黒1個足らぬような)


この中から、ダイスを2つ取り、その合計に対応したアクションができる。
できるアクションは3種。


1.合計値に等しい、黒い旗のアクション(カード右上)を1回行う。
2.合計値に等しい、自分の村内にある白い旗のアクション(複数OK)を行う。
3.合計値関係なく、自分の村内にある黒い旗の村長アクションを1回行う。


ってな感じかな。
スタPのツレは、6と5を選び、11の合計値。
DSC09099
彼女は、11の黒い旗が描いてある畑ゲットを選んだ。
畑カードに描いてあるコスト(砂時計アイコン1つなので、自分の時間マーカーを1つ進める)を払う。


そして描いてある効果、1金貰って、カードを表にして自分の村に設置を行った。
畑は、村に設置後は、1金(鋤置けば2金)貰える、11の白い旗アクションになるので、出目操作に必要なお金が潤沢になるんだよねー。畑もいいなぁ〜


私も残りのダイスから2つ取るんだが、何しようかなぁ〜



■議会の充実や買い物客を呼び込む


あっきぃらびっと村をどのような村にしたいか...うーむ


よしこれでいこう
DSC09100
合計値3を取って、4種それぞれ1枚しかない議会カードを取得。
それぞれ特殊効果が違うんだが、私は、ギルド議会っていう名だったかな? どんな商品にでもなる商品を作れる効果のカードを取得。
(議会カードは1枚しか取れない)


このカードには4つ砂時計が描いてあったので、私の村の時間を4マス進める。
DSC09101
うおー かなり時間が経ってしまったが仕方がない


3人、4人プレイではそれぞれのプレイヤーが1手番ずつやったら、ラウンド終了なんだけど、2人プレイの場合には、もう1手番ずつ、合計2手番やってラウンド終了


2手番目の私は、合計値4を取ってお買物客カードをゲットしにお出かけ。
DSC09102
買い物客カードゲットのアクションは、4か10で可能。
そして、使うコストによって得られる枚数が違う感じ。


お金もったいないので、2時間使って2枚を選択。
DSC09103
中央に並べられている6枚のうち2枚を取って、自分の村、商人の隣へ。
買い物客は、それぞれ特定の生産品を求めている。


私が取ってきた買い物客は、紙2つが欲しい客と、馬2頭が欲しい客。
左上の?は、必要な出目が描かれている場所。このお客たちには、どの出目のときでも配達できるってこと(要白い旗アクションだが)


お客に無事品物を供給できれば、裏返って勝利点になるのよねー。
あ、そうそう、このゲーム、終了時に一番勝利点の高いプレイヤーが勝利っておなじみのパターン


2ラウンド目。お客は何人でも並べられるけど、せっかく我が村に買いに来てるんじゃと...
DSC09105
6の黒い旗アクションで厩舎をゲットし、職人の横に並べる。
生産品はこうやって生産施設を取ってきて作ってわけね。


たいていのアクションでは、時間をコストとして支払い、村の時間マーカーが進む。
DSC09106
あと1マスで村の誰かが死ぬ...!

祟りじゃ 祟りなのじゃ

(いいえ、ルールです)


祟りに怯えながら、馬を配達(一つはギルド議会で作った何でも商品)して5点ゲット。
DSC09107
買い物客への配達は時間コストかからないのがいいですネー
しかも5点ってオイシー


買い物客を満足させるのは大事なんですな



■名誉墓地


次の手番、どうしてもギルド議会を起動したくて、3を取るために黒ダイスを含めて取得。
DSC09109
黒ダイスを取ると、時間マーカーが2つ進むんですよね


まあどちらにしろ時間が1マス進むだけで、死神がいる橋を渡ることになる位置にいたし


時間マーカーが死神のいる橋を渡ると、マーカーの上に死神が置かれ、手番の終了時に死亡する村人を1人選ばなければいけない。


「た、たいへんです。村長...
image
旅人が、お亡くなりになったそうです...」
村長「そうか...良いお方だったのに...」


嘆き悲しむ振りをしながら、デスノートの入った引き出しをチラッと見て思う。
「べつに俺、旅の話に興味ないしな〜 この村に旅人いらんでしょ」
と思う村長なのであった。



ってのは私の脳内妄想ですが、まあゲーム的にも今いらないなと思う村人に墓に入っていただく感じ(ヒドイ)。
なぜって村人のいないエリアには、カードが置けないから。


旅人がいなくなった我が村は、旅カードが取得できなくなる。
発動する能力があるカードなども、そのカードに対応する村人がいないと発動しないのよね。
(生産済みの生産物は使える)


さて、お亡くなりになった旅人は、村の名誉ある墓地に入ったので、2ストーリポイントゲット

この墓地は全プレイヤー共通なので、イイ墓地は早い者勝ち!


村人は職業ごとに入る墓地が決まっており、そこが一杯になっちゃうと普通の共同墓地(何も点が貰えない)。
ちなみにゲーム終了条件は、墓地に入った村人の数。
2人プレイだと9人。意外と早いね


あと、誰かが墓地に入ったら、とあるダイスを振って、とあるものを進めなきゃいけないんだよね。
とあるものとは...

ネ、ネ、ネズミ! ネズミいや! ネズミいや! ネ、ネ、ネズミネズミネズミネズミィィィィ
(画像は楽天で見つけたフィギュア。楽天リンクです)


と、ドラ○もんのようにネズミに拒否反応をしめしたところで、前編終了〜
ネズミダイスを振る件に関しては、リプレイ後編へ
【後編貼り付け予定地】
時間が経つと村人が... ボードゲーム「私の村の人生」 リプレイ 後編


ボードゲーム「私の村の人生」、駿河屋さんで買いましたー
新品ボードゲーム私の村の人生 日本語版 (My Village)

amazonにも売っていまーす(執筆時点)

私の村の人生 日本語版


ではでは後編をお楽しみに