星の盾を装備した(そして井戸水を飲んだ)私に敵はいない!
DSC03801
そんな戦士ソーンのセリフがいつか書けるかもしれないような拡張セットがでましたー!


その名も「星の盾」。
ボードゲーム「アンドールの伝説」の第一拡張セット


ちなみにアンドールの伝説は、2013年にドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞したステキなボードゲーム。
当ブログでも何回か記事にしておりまーす
過去記事はタグ:アンドールの伝説からご覧くださいませー。


というわけで今日は、最近発売された第一拡張セット「星の盾」の開封の儀です〜


そう!開封の儀の最初にやることと言えば!
お待ちかね!


箱裏を堪能しますよ!
(誰も待ってネーヨ
DSC03802
見ました?


いま再び、井戸の伝説の時代が始まる...

ですってー! キャー
※一部、戦士ソーンの思いが含まれてしまったことをお詫び申し上げます


さらに
竜を退治した勇者たちを待っていたのは<星の盾>の探索という新たな任務であった
ですってー!


キャー キャー 楽しみぃ〜


(゚д゚)あ。俺、竜って倒したっけ?
まだ倒してないような...


ま、いっかw
箱裏を見る限りでは、日本語版特別付録として、外伝1「魔鉱を解き放て」のカードが入っているようです
日本語版ステキー



■開封!


さてさて、充分箱裏で楽しんだので開封でおじゃる!開封でおじゃる!
パカッ
DSC03803
なんかシースルーで見えるような見えないような。色っぽいわーw
袋が入っているボドゲってありがたいですよねー


一つ一つ中身を取り出し、一番下から説明書を取り出してみた。
そこには、なんか嬉しい言葉が。
DSC03804
よくぞ戻られた!

今までの人生で言われたことのないような、超絶、歓迎ムード


思えば、家に帰ったときにも、会社に戻ったときにも、こう言ってくれた人は誰もいない。
(当たりまえだ


今日は開封だけなので読む予定は無かったけれど、あまりの歓迎ぶりに少し読んでみたら、相変わらずこれを読み進めていけばゲームの準備ができるよ!という仕様の様子。
そして、日本語版特別付録の外伝1は、伝説4と5の間に位置するお話のよう。
早く伝説4プレイしなくっちゃ。



■新しいカードやタイル


拡張ですからね。新しいカードやタイルが入っていますよー
まずはカード。それぇ〜
DSC03805
上が日本語版特別付録のカード12枚。
下が「星の盾」のカード。たしかに<星の盾>の時代と印字されている。


そして、雰囲気の良いタイルもイパーイ
DSC03806
いいですね〜。
これらのパーツがどんな風に関係してくるのか楽しみです



■組み立てパーツもあるよ


基本セットにも入っていた組み立てることで立体化するパーツ。
今回も入っていました。


まずはこんなん。
DSC03811
砦かな?


説明書を見てみると...
DSC03812
基本セットの塔を上に乗せるのか すげぇ


基本セットあけたらやってみよーっと。
(今やらないのかよ


さて。さらに、投石器と攻城塔
DSC03809
いいねぇ〜。 いい雰囲気だねぇ〜


そして、攻城塔の後ろには...
DSC03810
ちゃーんとゴルが乗ってます
なんかカワイイww



■新しいアイテム? そしてイヌ?イヌなの!?


パーツをはずしていくと出てきたのは...
DSC03807
これらは、新しいアイテムかな!?


そしてイヌ イヌがいる!イヌがいるよ!
狼かな?


いや、イヌだろな。
イヌの方が女子ウケいいだろうし
(そんなこと考えてないだろ、製作者はw ってか狼だろ)


たいまつや、角の生えた鷹っぽい子も気になる
これは、早くプレイしなければー


アンドールの伝説 第一拡張セット「星の盾」、私はamazonで買いました〜。
まだ売ってそう(執筆時点)
アンドールの伝説 拡張セット 星の盾 完全日本語版
アンドールの伝説 拡張セット 星の盾 完全日本語版


駿河屋さんにもありそうですよー
新品ボードゲームアンドールの伝説 拡張 星の盾 完全日本語版 (Legends of Andor: Der Sternenschild)


以上、“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”でしたっ