私は、古生代にワープした。そこで「ダンクルオステウス」の写真を撮ることに成功した。
まあ、この古生代にダンクルオステウスが居ることはレーダーで確認済みだったから知っていたのだがな。

DSC02767
ってな感じの、恐竜・古生物撮影が楽しめるカードゲーム「パレオン」。


このカードゲームの英語版を作るに当たってキックスターター(Kickstarter)で出資を募集しているとか。
キックスターター パレオン リンク


そのプロモーションを担当している株式会社AWESOME JAPANの方から、ボードゲームブロガー向けにと、無償で「パレオン」をいただいたので、甥っ子君とプレイしてみた。
無償でゲームがもらえるなんて夢のようだ
(正確に言えば、レビュー依頼はあり)


というわけで今日は恐竜・古生物カードゲーム「パレオン」のリプレイですっ



■パレオンってどんなカードゲーム?


外装はこんな感じ。
DSC02709
豪華CGイラストが40点も入っている


無償でいただいたものとはいえ、箱裏も堪能しましょう。
DSC02710
ふむふむ
古生物学者がタイムマシンで時空を越えて、古生代、中生代、新生代の恐竜や古生物の撮影をし、その資料を学会に提出して教授を目指すゲームなんですな。



■開封


開封だー!
DSC02711
説明書とプレイマット(シート?)とカード。


カードはこんな感じ。
DSC02712
おお。なんか美麗なCGだ。
ステキ


プレイマットっつーか、シート。
DSC02713
手番に出来ることが書いてあってわかりやすい。


対象年齢7歳〜と書いてあるとおり、イラストつきで見やすい説明書。
DSC02714
手番にできることは、我々大人から見れば、超余裕。
まあ子でも大人が説明すれば大丈夫でしょう。


誰かが教授になったら、そのプレイヤーの勝ちで、ゲーム終了ってゲーム。


■プレイスタート


付属のシートに初期配置完了。
DSC02754
今回は甥っ子君と二人プレイ。
プレイヤーにはタイムマシンカードが配られたのみ。


残りの恐竜カードは全て山札にして中央へ。
上から5枚を裏向きに並べる。


手番にできることは、
1.レーダー(5枚のうち1枚を密かに見る)か、ピクチャー(5枚のうち1枚を公開し、自分の居る時代と一致すればそのカードをゲット、違うなら手札1枚破棄)
2.ワープ(自分が行く時代を、現代、古生代、中生代、新生代から選択)
3.現代にいるならば、「学会提出(後述)」か、「発掘(後述)」

って感じ。


私の手番。とりあえず伏せられているカードを確認しないことには、ただの超能力ゲームになってしまうので、「レーダー」を実行。
DSC02755
博士!中生代にスーパーサウルスが出現しているようです!
うむ。よくやったサム(弟子)よ。


って、まだ私、研究員以下だったわー


ともかく、次の手番でピクチャーするために、タイムマシンに乗る。
サム! タイムマシンを中生代にセットだ!
DSC02756
そして私たちは中生代へとワープした。


3の学会発表や発掘は現代にいないとできないし、資料枚数も関係あるので、この手番は無し。
その次の手番で、無事スーパーサウルスをピクチャーでき、スーパーサウルスのカード(資料)が手札に入った。



■あせってピクチャーすると...


教授になるためには、よりレア度の高い資料(手札)を提出し、ライバル(他プレイヤー)たちに4回勝たねばならない。
だが、学会に資料を提出するためには、最低でも3枚の資料が必要(提出は1枚)。


ふふふ。レーダーしたものは忘れたり、たまたまレーダーしたカードと同じ時代にいるライバルに邪魔されない限り、確実にピクチャーできるだろう。
順調なら2手番に1回カードが増えていく。余裕だな。


だが、ライバルも間違えない限り同じ。


こうなったら一か八かでレーダーしていないカードをピクチャーして、少ない手番で手札を増やすのだ!
それぇぇぇっ ピクチャー
DSC02759
あ(゚д゚)


超能力の才能ねぇぇぇっ

私がいる時代は中生代、ピクチャーしたのは新生代だったので、ピクチャーできず。
表になったカードは、そのまま伏せる。
もちろんライバルもしっかり見ている。


それだけでも不利だが、さらに失敗したデメリットが。
DSC02760
資料を持っていれば、1枚捨てねばならぬ
ぐぬぬ。調子に乗って失敗だった


これでは追いつけないかもしれない



■学会提出


その後、甥っ子君は「あれ?レーダーでどこ見たんだっけ??」なんてことで1度ぐらい失敗していたが、それ以外は順調にピクチャー成功。
DSC02761
レア度の高い、鮫のような「メガロドン」が甥っ子君の手に


そしてついに、甥っ子君の元に3枚の資料(手札)が。
DSC02762
彼は現代にワープ。
明らかに学会に行こうとしている!


やはり甥っ子君は、学会に資料を1枚提出し、彼の手番は終了。
DSC02763
やばい!
次の彼の手番の開始時に学会の資料が公開され、私が資料を提出してなければ自動的に彼の勝利となってしまう


私の手番。
うまいこと私も3枚沿った。
DSC02764
現代にワープ。


甥っ子君の手番の開始時、学会の資料がオープン。
レア度を比べる。
DSC02765
引き分け。
引き分けは、じゃんけん。
(新ルールでは、引き分けは相殺で捨て札となり、次にレア度の高い人が勝つルールになるとか。今回は相手が甥っ子ということもあり、旧ルールでプレイ。)


私の勝ち。
無事、研究員へ昇格する私。



■学者らしく発掘をする甥っ子に、大人は...


ワープの後、現代にいれば「学会提出」以外に「発掘」ができる。
発掘とは、2枚の資料を捨て、捨て札置き場から1枚の資料を手札に持ってこれるのだ!
DSC02766
数ラウンド後、甥っ子君は2枚の資料を捨て、メガロドンを発掘。
レア度の高い資料を発掘するとは。やるではないか。


と、思いながらも彼は発掘で2枚消費、1枚ゲットなので、手札的には1枚減った計算になる。
ってことは、順当にカードを取っていけば、私が有利なのではないか。


そんな、あざといことを考えて、レーダーでしっかり覚え、ピクチャーでしっかりゲット。


そして、そりゃ先に手札が3枚になるわな。
DSC02768
あざとい大人、甥っ子君の手札がないうちに学会へ資料を提出→発表。
甥っ子君は手札が足らずに学会提出できず。


なんだかんだで准教授まで上りつめた。教授まであと1歩
DSC02769
勝利は目の前だ!



■余裕がもたらしたもの


さすがにあざといまま教授になるのはいかがなものかと、少し発掘などを楽しむ私w
あと、このゲーム、もちろんブラフもできる。
なにもレーザーで見たままの場所にワープしなくてもいいのだ。


ブラフをする理由は、たとえば自分がレーダーで見た恐竜が中生代だったとして、他プレイヤーが中生代にすでにいる場合、レーダーした後で中生代にワープするとバレバレすぎて、中生代にしているプレイヤーにピクチャーされてしまうのだ。


というわけで、ブラフもしてみたけど、自分が見たカードが場に残っていれば、別にリスクをおかして人がレーダーしたものを取りに行かない。確定している自分がレーダーしたものを取ればいいんだし。
逆にブラフをした方は、引っかかってくれないと1手番損をする感じに。
引っかかってくれても結局自分が知っているカードはないわけだから、1手番損する感じになるのかしら。
あーよくわからなくなってきたw


そんなこんなしているうちに、甥っ子君も私の手札が無い隙に学会発表をこなし、あっというまに准教授。
DSC02770
よしよし。いい勝負になってきたぞ。ここからが本番だ!


と、本領発揮的な感じだったのに、気づいてみれば手札が足らなすぎ。
発掘とかブラフとか超能力テストとかしすぎた!


甥っ子君は危なげなくカードを取っていき、学会発表。
DSC02771
ありゃ。私、先の手番でレーダーしてないので、5枚全て何時代がわからんのですが...


ええい!こうなったら、3枚目の資料をゲットするための一か八かのピクチャーだ!
私は中生代にいる。中生代の恐竜・古生物をピクチャーすればいいだけのこと。


甥っ子よ! 君はニュータイプという言葉を知らんだろう!

ピキーン! これだっ!

DSC02772
こいつは・・・なんだ!? 私の知らない武器が内蔵されているのか!
(要はハズレたってことです)


私は学会発表できぬまま甥っ子君は教授に。
DSC02773
ゲーム終了。
甥っ子の勝利〜。


すまぬ...。あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)、戦いの中で戦いを忘れた・・・
戦いに敗れるということは・・・こういうことだーーーーーっ!!


ってな感じで負けちゃいましたが、甥っ子君は大喜び。
「ちょっとさっきのカード見せて?」
などと、恐竜のCGや解説を楽しんでいるようでした。


気に入ってくれたようなので、このパレオンを甥っ子君にプレゼント。
喜んでくれました〜


恐竜・古生物カードゲーム「パレオン」はamazonでも売ってるみたいでーす(執筆時点)
恐竜・古生物カードゲーム パレオン
恐竜・古生物カードゲーム パレオン