さて。前編(下の記事)の続き。デッキの構築も終わったところで、プレイスタート
あ、そうそう。3人プレイですん。


■1年目スタート クリスタル奪うぜ


初期手札はこんな感じ。
私の初期手札
やっぱ目新しいカードが入って、ワクワクだわ
例のエンチャントカードのせいで年ごとの初期手札4枚。
今は楽しいけど、3年目とか大変そう


私の手番。早速召喚ゲージを確保してカードを場に出せるようになった。
クリスタルを5支払い、最初に場に出そうと決めていたアルカノ蛙をプレイ!
カード:アルカノ蛙
他プレイヤーさん「うわーそれかー
効果的なカードだったことを改めて噛み締め噛み締め


このカードは、他のプレイヤーがカードを召喚するためには、私に1クリスタルを与えなきゃいけないって効果。
誰もがカードを召喚するだろうし、今回は3年間で一人12枚召喚するだろうから24クリスタルはもらえるかなーと皮算用


クリスタルは最終的に得点になるので、じゃんじゃんクリスタル稼いで行く戦略で行こうかなーと何となく決める。
そんな気分でカードドラフトもしたしね


そして数ラウンド後。
なんか今回は季節がたくさん進むダイスばかり残る。ってなわけで早くも1年目冬。
私の場に出ている3枚のカードの写真
私は3枚のカードをなんとか出せている。
たしか2年目あたりに「あなたが最も多くのクリスタルを持っている場合〜する」ってなカードを入れてあったので、常にクリスタル上位でいたいところ。いまんところ上位。


さらにクリスタル上位を狙うため、「強欲のフィグリム」をカードを出す。
カード:強欲のフィグリム
季節が変わるたびにクリスタルを1個奪う効果。
クリスタル上位ではなくなってしまったので、これでジワジワ上位になりたいところ。
ちなみに私はオレンジ。



■2年目 どんどんカードを出したいっ!


サクサク進んで早くも2年目。
手札はこんな感じ。
カード:アルゴスの心臓
起動型カード(歯車マークがあるカード)を起動するしたら、緑マナをここに載せ、ラウンド終了時にリザーブに来る。今後、起動型カードを使う予定があるので早めに出したいところ。


そしてクリスタルが上位になったタイミングがあったので、1年目に気にしていた「あなたが最も多くのクリスタルを持っているプレイヤーである場合」ってカードを出せた
カード:夜影のシド
他プレイヤーさんそれぞれからクリスタルを5個うばったぞー


この後は、他プレイヤーさんが順調にカードを出す中、なかなかカードを出すためのマナが溜まらず、うーむって感じ。


だが数ラウンド後、やっと欲しいマナを手に入れた。
DSC01387
これでカード出せるぞ〜 うれしー

そして幾つかのカードを出せた。


その頃、マイミクさんが「暴食の大鍋」というカードを上手に使っているのを発見。
起動すればマナをカード上に置け、7つ溜まったら、カードを破棄し、溜まったマナに加えてクリスタル15個も貰えちゃうというステキな効果。
DSC01388
マイミクさんが使い終えたカードが捨て札置場に置かれた。
私は、捨て札置場にあるカードを手札に持ってくる効果のあるカードを持っていたので、それを回収。


そしてプレイ。
3年目もカード多いからマナもたくさん必要でしょ。


嬉々として起動し早速マナを一つ溜めたものの、気づけば2年目の終わりに近い。
果たして3年目の終わりまでに7つもマナ溜まるのだろうか...よぎる不安。


「ま、3年目がゆっくり進めば間に合うでしょ。7マナ来たあげく15クリスタルは( ゚Д゚)ウマーだわ」と自分をなだめる。
不安は、考え方でどうにかなる部分があるっちゃーある。ま、不安にもよるが



■不安だけど前に進もう3年目


3年目開始。分かってはいたが手札が5枚・・・(2年目に1枚出しきれなかった
DSC01389
間に合うのだろうか
ゲーム終了までに出し切らねば。全部余ったらマイナス25点


いや。まだ未来は分からぬ。いたずらに不安になっていては先に進めぬ
3年目だからといって浮気されるわけではないのと同じ(意味不明なところはスルーね)。


しかし私の不安に拍車をかけるマナ不足。
DSC01390
て、手札が出せぬ
ってかいろんなマナが必要なカードを3年目に残し過ぎた


「さすがに3年目はマナが溜まっているだろ」
なんて安易に考えていたデッキ構築時の自分が思い出される。


1,2年目とどちらかといえばクリスタル取得系で来たんだから当然か。なんたる失敗
まあダイス目によっては上手いことマナが集まるかもしれん。


私にできるのは時が来るのを待つだけ。
うむ。こう言うとなんかカッコイイ



■時は来た!ランプだ!


時は来た。うまいことマナがたまって来た。
DSC01391
今回の拡張で入ったカード「メソディーのランプ」を出せたぁぁっ。
思えばこれを一番最初にドラフトしたんだった。出せてよかった


効果は、ラウンドごとにクリスタルを3個貰えるカード。
ん?残りラウンド少なくない?


ま、いいかw カード自体の得点が24点だし。
できれば序盤に出したかった


そしてこのカード、「あなたの魔力リザーブは一つ減る」と書いてある。
DSC01392
こんなトークンを使って示す。
マナをココには置けなくなるってわけ。まあ、終盤だし、なんとかなるでしょ。



■マナに苦しんだあとはコレかい...


さあ、もうちょっとでゲームが終わってしまう。
全ての手札を出すのはもう無理そうだが、1枚でも多くの手札を場に出したい。


...が、マナの次に私を苦しめたものは...
DSC01393
召喚ゲージ(★マーク)。
皆同じように召喚ゲージがほしいので、★マークは優先的に取られていってしまう。
自分がダイスを振る番なら最初に取れるのでイイが、他の人が振ったダイスは★が無いダイスしかまわってこなかったりする。


想像以上に手札12枚ってエンチャントカードが響いているなぁ


まあ、皆よく頑張ってここまでカードを場に出したと思うけどね。
DSC01394
私も13枚も出せているが、まだ手札が余っている。
カードの効果で、新たなカードを取得したりしちゃったからなぁ。
他プレイヤーさんのカード効果で貰ったりもしたし


私が手札をどう処理するか苦心していた頃、他プレイヤーさんもマナが揃わないようで「もうだめかもー」と、たくさんの手札を抱えての発言がw
そんなプレイヤーさんが賭けに出た。
DSC01395
このカード、手札を捨てて、捨てた枚数分引けるらしい。
これで出しやすいカードを出そうというのだなっ!?


「ダメだった」と。
そして3年目が終わっていく...


そのプレイヤーさんは5枚の手札を抱えたまま、私は3枚の手札を抱えたままゲーム終了〜
DSC01396
私は、マイナス15点確定
どうなることやら


■最終得点計算


三年目終了時点でのクリスタル(勝利点)はこんな感じ。
DSC01397
私は現在2位。
ここから場に出ているカードや使った能力などで勝利点を差し引きするわけだ。


私の場はこんな感じ。まあまあ高得点のカードがある。なんとかなるか。
DSC01398
しかし苦しんだとはいえ、すごい数を出したものだ。
結局、新要素の特殊能力トークンの18クリスタルを貰える効果は使えるヒマがなかった


そして最終得点をボードに反映。勝ったのは...
DSC01399
186点で、私っ
手札を出せずあまりにも苦しい感じだったので、勝ったとは思ってなかったけど、勝ってた


皆苦しかったようで、「いやぁ〜こんな苦しいゲームだったっけ?」「新しいカードは面白かった」等と感想など談笑しながら、お片づけ。
いやぁ〜ほんと、苦しいゲームだったけど色々なカードも見れたし、楽しかったぁ


十二季節の魔法使い:魅の国 (Seasons: Enchanted Kingdom)は、amazonに売ってるみたいです(執筆時点)
十二季節の魔法使い:魅の国 (Seasons: Enchanted Kingdom)


以上“あっきぃらびっと(@akkiiy_rabbit)”でしたっ
適当ブログですが、ランキング参加してます。クリックよろしくお願いしますっ
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村