「きゃぁっ
ズッテ〜ン



アイタタタタタタ
こんなところにバナナがあるなんて
画像24
私の名前は七瀬転子。
人呼んで、七転び八起きっ


…あ 八起きしてないか。テヘペロ
こんな感じで私はいつも失敗ばっかり


もうやんなっちゃう…
でも、こんなあたしだって、大好きな人がいるの


どんな手を使っても、絶対に彼を振り向かせるんだから



・・・って感じのシチュエーション?が楽しめるボードゲーム「ヒロインズロワイヤル」。
先日参加したボードゲーム会で、プレイさせてもらった。



■ヒロインズロワイヤルって、どんなゲーム?


外装はこんな感じ。
ヒロインズロワイヤルのパッケージ
箱に書いてあるとおり、オモテの顔(ポジティブ人格)も裏の顔(ネガティブ人格)も持つかわいい女の子たちが、意中の彼からの好感度を上げるために、あれやこれやを尽くすボードゲーム


ゲームマスターが1人男の子役となり、ゲームを進行する。プレイヤー達は恋する乙女。
プレイヤーがたとえ男たち――オッサンたち――だろうが、恋する乙女だっ


今回はマスター1人と、プレイヤー4人の計5人でプレイ。


そして私たちは、こんな感じの乙女たちになる。
画像3


乙女たちは、こんなウラの顔も持っている
画像2
ヤンデレ、電波、小悪魔などなど計8種



■セッティング


プレイヤー達にウラの顔カード2枚が配られ、プレイヤーはそのうち1枚を自分の裏の顔として選択する。


私に配られたのはこの2枚。
画像4


私はこちらを選択。
画像5
あたしが小悪魔ってことは内緒だよ


それぞれの裏の顔には、3枚の特殊行動カードがある。
プレイヤーはそのうち2枚を選択し、手札に加える。


どのウラの顔にどんな特殊カードがあるかは、全員に配られたサマリーに記載されている。


ウラの顔用の特殊カード以外に、全員共通の共通行動カードも3枚ある。
画像6
写真の上の3枚がそれね。
下のカードは、ゲームマスターに「このカードの効果を、Aをターゲットにします」って伝えるために渡すカード。


なのでそれぞれのプレイヤーにA〜Dのターゲット名がつく。
私はD。
画像7
こんな感じで卓にオープンでこのカードを置き、「私はDですよ」と皆に示すわけだ。


そしてオモテの顔は、手番が一番最後の人から選ぶ。
私が手番最後だったので、最初に選べた。


ウラの顔が小悪魔だからなぁ・・・


と考えながら、選んだのは冒頭でご紹介した、バナナがあれば転べる乙女・・・
画像8
ドジっ娘 七瀬転子


うむ。イイ名だっ


オモテの顔によって能力値が決まる。
活動に必要な体力に始まり、カードのコストとなる女子力。


さらには、
画像9
昼、学校で起こるイベントでの判定ボーナスとなる、各種能力値。


あ、あたし、ドジっ娘だからいろいろ苦手なんですぅ
 で、でもですね、性格には自信があるんですよぅ



このまま転子キャラで記事を書き進めるのも楽しいんだが、ボドゲ説明に手間を要するので暫し引っ込んでいていただいて。


オモテの顔にも、特殊カードがある。
画像10
これも3種のうち、2枚を選択した。
こちらは昼の活動で使用するカード。



■恋のライバルたちをご紹介


あ、あたしの恋のライバルたちを紹介しちゃいますっ


隣に座っているのは、
画像11
お嬢様の、龍造寺可憐ちゃん
龍造寺って確かにお金持ちっぽいっ


可憐ちゃんの向かいにいるのは、
画像12
運動部の、早川翔子ちゃん
すっごく運動が得意なんだ


「気合と体力で何とかなる」って言ってるから、みんなから「脳筋だ」「あいつ運動バカだよ」とか言われていたみたい


可憐ちゃんと翔子ちゃんの隣にいるのは
画像13
病弱の・・・あれぇ 誰だっけ・・・名前忘れちゃったぁ 


体力無さそうだから、みんなから「瀕死だ」「最初の夜で死ぬな」とか言われてたみたい
か、かわいそうぅ


あたしは、いっつも元気だから病弱とかわかんないや


あたしたちは、こんな感じで得意不得意があるから、それを補ったり、得意なことをより得意にするために、アイテムを2つ持ってるの
画像14
こんな感じのアイテム〜。


あたしは、幸運のお守りを2つも持ってるんだぞぅ
画像15



■ゲームの流れと勝利条件


えー。テステス。ただいまマイクのテスト中。
転子のまま行くと辛いので(言うの2回目)、オッサンに戻りますw


このボードゲームは、朝フェイズ、昼フェイズ、夜フェイズからなる1ラウンドを5ラウンド戦う。
5ラウンド目の夜フェイズが終わった時点で、一番好感度ポイントが高い乙女が優勝


体力、女子力、好感度はこのボードでマスターが管理する。
画像16
朝フェイズは、ウラの顔を当てるフェイズ。
好感度が一番低い人から、誰かを指名して、ウラの顔を言い当てる。


当たれば当てたキャラの好感度が2(だったかな?)上昇。
ウラの顔がばれたキャラの好感度2低下。はずれたら逆。値は2じゃなくて1だったような。
バレちゃってもプレイは続行可能。好感度低下は、かなりイタイが。


昼フェイズは、学校でのイベント。
各自に配られている2枚のイベントカードのうち1枚をプレイする。
1ラウンド目はAの人が、2ラウンド目はBの人が出すって感じ。


夜フェイズは、ウラの顔の特殊行動カードや共通行動カードを使って、誰かの好感度や体力を下げたりイロイロと暗躍するフェイズ。


というわけで、プレイスタート
・・・っと行きたいところですが、長くなってしまったのでこの辺で


プレイ編、書いたらこちらにもリンク貼りますね〜。
【2013.7.17追記】
 続き書きました〜。

 てん子の活躍を楽しみに待っててくださいぃ〜


ボードゲーム「ヒロインズロワイヤル」は、同人ゲームサークル『3D6』さんから販売されていたみたいです〜。