さてさて、後編スタート。
前編はこちらね↓
スモールワールド アンダーグラウンド初プレイ 写真で見る領地変遷 前編


■新たな種族の戦いが始まった


さて、次のターン、やっと新しい種族を配置できる。
山のウィル・オ・ウィスプを配置
私が衰退後に取った種族は“山のウィル・オ・ウィスプ”なので、山を占領。
これでボーナス勝利コイン1つもらえる


そして、水晶の土地も占領。


そろそろまだ衰退していなかったプレイヤーも衰退し始める。
並んでいる5種の種族の画像
この時点ではこんな種族が並んでいる。
「復讐を誓うドラウ(ダークエルフ)」ってカッコエエ


この時点での勢力図はこんな感じ(写真見づらいけど)。
中央ボード写真
左側が多種族がひしめき合っていて熱い



■四面楚歌


空いている土地は無くなり、戦いが白熱してきた
私の中央の土地は、奪われてしまった
画像2
これで“漁をする”の特殊能力タイル(パワーバッチ)も新たなプレイヤーへ


じゃあ私はこっちを奪ってやるー プンプンまるだぁ〜
画像3
ってな感じで、「毎ターンに1回、衰退した種族のトークンを破棄すると3点ゲット」な建物の土地を占領


でもここの土地、別のプレイヤーにも狙われていた
画像4
あっさりと奪われて、不可侵効果の付くクトゥルフみたいな特殊効果を乗せられてしまったので、もう侵略できない。
ってか、そんなにトークン積まれたら、攻め落とすの無理


そっちがダメならやっぱりこっちって感じで、中央の土地を取り戻す私。
この時点で7ターン目。あと2ターンで終わりか。
画像5
背後には、バルログがじわじわと移動されている。


や、殺られる・・・。きっと次のターンに殺られるかも


なーんてそっちに気を取られていたら、別のプレイヤーが衰退⇒新種族を使って私のクラーケン達を攻め滅ぼしに
画像6
キャー 領地が3つも取られたー


気にしていたバルログは、私の山に攻めてきた。
画像7
あっさりやられて貴重な山が奪われてしまった。
これでは“山”のボーナス点が入らない


得点がトップぽいことがバレているので、全員から攻められているかしら。あたし。ぐすん
こういうの、四面楚歌っていうのよね。ねぇそうでしょ父さん
画像8
予想通り、バルログを操っている種族も攻め入ってきた
今度は貴重な水晶の土地がぁ〜。


少しでも得点を!と、大軍団に追われるように逆へと勢力を伸ばす私のウィルオーウィスプ
画像9
防衛に必要なだけのトークンが足らないので、風前の灯だろうねぇ・・・わたし


予想通り、先ほど私のクラーケン達を攻めてきた種族が下から攻め上がってきた
画像10
特殊建物がある中央の土地が取られたぁ〜
人気だなぁ“漁をする”の特殊能力(パワーバッチ)。


そして皆に人気の土地だから、本気で防衛って意志の表れw
画像11
すごいトークンの量だ。トークンが減ってしまった、私のウィル・オー・ウィスプちゃんにはどうにもできん



■最終ターン


そしていよいよ最終9ターン。
9ターン目のところにラウンドトークンがある写真
最後のターンだし、なんとしても点を取りたいところだが、いかんせん手がない。
トークン少ないし。頑張っても2点プラスってところか


今から衰退しても、このターンは衰退で終わっちゃうし、最初に衰退した種族トークン無くなっちゃうらしいし


ん?衰退?


おお、勝利コインが3つも乗っている種族があるではないか!
神秘のリザードマンの上に3金の写真
ってなわけで、衰退っ


新たな種族は土地に配置できないが、種族に乗っていた勝利コインはもらえる。
というわけで、勝利コイン3つゲット


土地は、ほとんど奪われてしまったので、ほとんど得点入らなかった。ぐすん
その後は他Pのターンで私の土地は奪いつくされて、ちょっと悲しかったけど得点には関係ないらしいので、良かった。


もう自分の得点は確定しちゃっているし。


そして、得点計算
99点分のチップ
99点


勝ちか


・・・と思ったら、隣のプレイヤーさんが103点。
こちらの種族を使って、バルログもコントロールしていたプレイヤーが1位でした〜。
血を吸うノームと転生するスパイダリンの写真
私は2位だったー。
ま、最後のほう四面楚歌で領地結構減っちゃったしね


いやぁ〜スモールワールドアンダーグラウンド、面白かったです。
特に種族を選ぶのが楽しいなぁ
いろんな種族をやってみたいので、またやりたいボドゲですっ


前編にも書きましたが、駿河屋さんがボードゲームを販売し始めているというので、ちぇっくしてみたら、このボドゲもありました。

ボードゲームスモールワールド:アンダーグラウンド 日本語版 (Small World: Underground)

もちろん、amazonさんでも売ってました
スモールワールド アンダーグラウンド 日本語版