ブログネタ
オススメボードゲーム に参加中!

先日の“練馬親子ボードゲームの会”で遊ばせてもらったボードゲームの続き。 前回の記事はトリコロール。

さあ、今回の記事は「テラミスティカ
テラミスティカ 日本語版/Terra Mystica/Feuerland Spiele/テンデイズゲームズ
(画像はamazon)

以前、テンデイズTVをチラッと見たときに紹介されていて、気になっていたボドゲ。 最近知ったんですが、なんかずいぶん話題だったみたい。
ラッキーなことに、プレイさせていただけた

どんなボードゲームなのかをうまく表現したいのですが、なにぶん知識も表現力も微妙なので、いつもどおり行きますよ (本記事で遊んでるのは、おそらく初版テラミスティカです)

とりあえず「テラミスティカ」は、ファンタジーな世界で、陣取り要素あり、発展要素あり、神様あり、マナ要素あり、エクリプス要素あり?(宇宙はないw)な、楽しいボードゲーム

プレイしてから時間経っちゃって記憶が微妙だし、話題のボドゲらしいのでアップするの躊躇したんですが、いつもどおり適当に書けばいいかと開き直ったので、書いてみました

ってなわけで、情報偏りあるのでご了承を。
写真、もしくはシックスセンスで察してね

■準備とコンポーネント説明

とりあえず、プレイヤーボードと中央ゲーム盤はこんな感じ。 中央ボードと私のプレイヤーボード

豊富にあるコマ、なんかいろいろ描いてあるプレイヤーボードを見るだけで、ワクワクしてくる。

キャラクター(正しくは勢力?)は、プレイヤーボードで示され、ボードには裏表もあるので、豊富

私はエルフっぽい彼女を選択。 画像3 キャラクターを決めるとボードの色が自分の色になる。 ってことで、私は

ある日 パパと二人で〜って感じのグリーングリーン。

…緑色を表現するのに、こんな遠回りしていたら、論文並みな長文になってまう・・・の加速装置を起動せねば

画像4 奥にあるのが司祭コマだったはず。カワイイ。
手前にある長細いのが橋。
円柱は・・・なんだっけ? プレイヤーボードや、神様ボード(?)で使用するマーカーだったような

画像5 この長細いタイルは、各ターンの最初に選び取る。
このタイルに描かれた資源をもらえたり、効果を自ラウンド中に使えたりする。

画像6 この緑のコマたちは、建物。5種類ある。

写真に写っている一番下の家みたいなのは、家?村?だったかなぁ。 ちゃんとインストしてもらったんだけどなぁ・・・名称忘れた
とにかく一番最初にマップに配置できる家。こいつより上のコマは、こいつから発展させていく。

一番上の左コマが砦、右が神殿。
真ん中の左が…ちょっと大きな家…じゃなかった気もするが…なんだっけなぁ。
真ん中の右の大きな円柱が、寺院だか教会だか。これを配置できると司祭が手に入るようになる。
あと、収入が増えたりする特殊なタイルも貰える。神殿も同様。

画像8 コスト(各建物エリア左端)を払うことで、中央ボードの自分が住める土地に建物を置ける。
写真では、初期家のコストは1労働者(白キューブは労働者)と、2金。
コマが中央マップに置かれることで、各ターンごとにもらえる(コマで隠れていた)収入表示が見え、その分の収入を得られる。

例えば、この初期家が1つマップに置けると、ターンの開始時に労働者コマが1つもらえるので、たくさんこの家を置ければ、収入も増えるってわけ。
エクリプスっぽい?

■魔力:マナ

プレイヤーボードのマナエリア これは特殊行動に使える魔力を表している場所。

やっぱ、魔法とかマナって紫って感じですよね 紫大好き

機↓供↓靴肇┘螢△別れており、紫のコマが魔力みたいなもん。
靴離┘螢◆扮Α砲忙腑灰泙あれば、デメリット無しで魔力使える。

使ったコマは汽┘螢◆丙顕次砲飽榮阿垢襦
汽┘螢△砲△觧腑灰泙六箸┐砲磴ぁ

問題は競┘螢△砲△詼睥蓮
供丙絃紂砲離┘螢△砲△觧腑灰泙鮖箸Δ函1コ使うごとに、1コ破棄しないといけない。
魔力コマは増えることは無いらしいので、破棄したら破棄しっぱなし。

魔力を手に入れた場合には、汽┘螢△縫灰泙あれば、競┘螢△悵榮亜
汽┘螢△砲覆韻譴弌↓競┘螢△ら轡┘螢△縫灰泙魄榮阿任る。

競┘螢△破睥呂鮖箸辰謄灰泙鯒亡すると紫コマの総数が減るので、勿体無いような気もする一方、循環が良くなるような気もして、プレイでは競┘螢△砲△襪Δ舛忙箸辰討澆燭蠅發靴拭
良かったような気もするけど、どれだけ魔力収入があるかにもよるとは思う。結局わからんw

■準備完了時のプレイヤーボード

改めまして、初期配置が終了したプレイヤーボード全体はこんな感じ。 画像9 右の方は、スコップのランクとか、船のランクとか。割愛。
キャラの特殊能力。私の場合は街を作ると追加勝利点が5点。

さて、ルール網羅してないけど、もうプレイの話をしちゃおっと。

■プレイの様子

4人でプレイ。たしか5人までできるボドゲだったような。

画像10 まずは初期収入タイルを選択。

これで2金をゲットし、スコップもノーコストで一回使える。
(ターン開始時の収入には、手が描かれている)
スコップという行動は、自分が住むのに適さない地形を開拓する行為。

プレイヤーボードのキャラの顔が描いてある周りにあるのが、地形関係の表示。
キャラ絵の上の地形にしかコマを置けない。
ってなわけで、私はエルフらしく森にしか住めん。
マイナスイオン万歳ヽ ( ^ o ^ ) 丿

なので森以外の地形は森にしちゃうわけだ。
元地形によって、スコップの必要数が決まるけど割愛。

画像15 これが開拓後に地形の上に置く、上書き地形タイル。
もちろんスコップ行為はコストがかかる。

1ターン目、私は2つの土地を開拓し、家コマが合計4つも配置できた。 画像11 みんななんで近いところに家を置いているかというと、自分の隣の地形に他プレイヤーが家を建てると、魔力をもらうことも可能だから。

魔力もらうとその分得点下がるけど、魔力はイロイロ使えるのでお得

画像12 そして、さらに上のランクの建物を建てたので、次ターンの収入でやっと魔力がもらえる。
(プレイヤーボード 下から二段目の建物があったところに、手と紫の数)

このボードゲームの手番は、1アクションして隣のプレイヤーが1アクション。そしてまたその隣のプレイヤーが・・・という繰り返しで、また自分に回ってきたら1アクション、そして隣へって感じ。

自分の番になったときに、アクションをしないなら、パスとなり、そのターンの自分の行動は終了となる。

あとはまだパスをしてない人がローテーションで手番を回し、全員がパスしたら、ターンが終了する。一番最初にパスした人は、次のターンのスタートプレイヤーとなり、また初期資源タイルを一番最初に選べる。

さて、プレイの話。2ターン目、私はさらに土地を開拓。建物を建てた。 画像14 赤プレイヤーさんの建物の隣に建てたので、赤プレイヤーさんに魔力を貰う権利が発生した。

画像16 3ターン目になるころに私は、寺院だか教会だかを建てられて、司祭コマをゲット。

画像17

さらに、橋を架けてみた。

なぜって、この自分の建物郡を一定の数(4つ以上かな?)隣接させ、一定のランク(7?)を満たすと全体で街となり、街完成の特殊な収入タイルをゲットできるのだ〜。
しかも、数種類の中から選んで。

ってなわけで、連続建物数5、ランク7で無事に街を完成〜。タイルをゲット。
たしか魔力が増えるタイルをもらったかなぁ。

私のキャラの特殊能力「街完成で勝利点5点」も発動して、5点ゲット。

街タイルって最高

でも写真撮り忘れちゃった。テヘ
ドジっ子なアタシ

・・・もとい、おっさんです。はい

さ、話をもどすぞぅ。
建物のランクは確か、初期家なら1、その上の家なら2、砦や神殿だったら3だったような。
ってなわけで、初期家なら7つ繋がっている必要がある。

川を挟んでしまうと、繋がっているとはみなされないので、橋を架けて建物郡とした。

さて、4ターン目と行きたいところですが、長文になってきてしまったので、前編はこの辺で 後編はこちら
ティラミスじゃなくて、テラミスティカ(ボードゲーム) 初プレイ 後編

テラミスティカはamazonに売ってまーす
テラミスティカ 日本語版/Terra Mystica/Feuerland Spiele/テンデイズゲームズ
テラミスティカ 日本語版/Terra Mystica/Feuerland Spiele/テンデイズゲームズ

この記事の続きは、こちら↓