先日、「重げ会」に参加させていただいたことは、前回の記事に書きましたが、そこで遊ばせていただいたボードゲーム「ロボラリー」の記事。


プレイするのは始めて。
プレイした人数は、なんと7人!


いつも旧友宅ゲーム会や、自宅ゲーム会等で4人前後でプレイしている私としては、多い人数。
外装はこんな感じ。
ロボラリー ROBO RALLY ボードゲーム <並行輸入品>
いい雰囲気出てます(画像はamazon)


このゲームは、ロボットがいろいろ障害物や穴があるマップ内を移動し、決められた順番でフラッグを取っていく(フラッグの地点を通過するというか)ボードゲームみたい。


今回は時間の都合もあって、フラッグは2つ置いた(たくさんあるみたい)。


ロボットは自由に動かせるわけではなく、プログラムによって動く。
全プレイヤーがプロットタイムに5つの命令カードを配置し、公開。各ロボットの行動は命令カードに書かれた順番で解決していく。


命令どおり進めば、行きたい場所へいけるのだが、自分のロボが動き出す前に、他のロボに押されて位置がずらされたりするので、意外な場所に行ってしまったりする感じ。


「あーそっちじゃないよー
「やばい今ので奈落に落ちるの決定だ・・・」



なんてことが楽しいボードゲーム


初見ですし、わかってない部分もあるので、テキトー&ザックリに書きますね。
今日は長くならないように頑張る! サラッと書くっ!


■私のロボット


さて、プレイヤーにはロボットとプレイヤーボードが配られる。
2012-10-19 106 (450x338)
プレイヤーボードには、ダメージカウンターが乗る場所、5枚の命令カードを配置する場所などがある。
ロボットの外観は違うけど、能力に差はないとのこと。


私のロボはこれになった。
2012-10-19 108 (450x212)

その名もSPIN BOT
回転しすぎて変な方向行きます!的な名前にも解釈できるかもしれない。


・・・が、私はそうは思わない。
きっとコイツは、回転しながらきちんと前に進めるイイ奴なんだ。


UFO型のフォルムも素敵じゃないですか。


ものごと、どう解釈するかが大事ですからね。


ステキなSPIN BOTちゃんのアップは、こんな感じ。
2012-10-19 112 (370x450)

機体に貼ってあるカワイイシールは、判別の為に持ち主さんが貼り付けたもの。カワイイ


ロボットたちのレース場はこれ。
2012-10-19 109 (450x234)

他にもいろんなマップがあるみたい。
とりあえず今回は、初めての人も何人がいたのでということで、基本のマップ(らしい)。



■ロボたちが動き始めた


早速プレイ開始。ロボたちはスタート地点を決め、進み始める。
最初はそれぞれが適度に離れたところからスタートするので、ぶつかったりはしない感じ。
2012-10-19 113 (450x325)
写真は2ターン目が経過したぐらいだったかなぁ。


さらに3ターン目。
2012-10-19 115 (450x324)
マップには、ベルトコンベアのように勝手に矢印の方向に進んでしまったり、回転してしまったりする床がある。
他にもレーザーが照射されているゾーンも。そこで止まったらダメージを食らう。


たしかロボは8点ダメージ食らったら破壊されちゃうんだったような。


そして各ロボの正面からもレーザーが一直線に出ており、その直線上に他のロボがいてもダメージをくらう。
我がSPINちゃんも、ダメージをくらってしまった
2012-10-19 118 (337x450)
これがダメージカウンター。
1点ぐらいならまだまだ平気。


数ターン経過すると、ほとんどのロボたちが予定ではない方向へ。
2012-10-19 119 (450x326)
順調にフラッグにたどり着いたロボがいる一方、あらぬ方を向いたり、向かされたり、打ち合ったりしているロボも。
うちのSPINちゃんは、まるでチューするかのように超至近距離でレーザーの打ち合い。



■手札が...


早くフラッグへと進みたいのに、手札に補充された命令カードが「曲がる」命令ばかり。
2012-10-19 122 (450x338)
これでは進めんではないかー


対応策もなく、ただグルグル回るのみ。
5回の命令で「右向いて、左向いて、Uターンして、左向いて、左向く」みたいな。


やっぱり名前がいけなかったか・・・

さらに数ターン経過
2012-10-19 124 (450x322)
何体かが、奈落におちたり、破壊されたりして、スタート地点に復活。
SPINちゃんは少し進んだものの、一番端のラインでウジウジ。


もう! パパッと進みなさいよ!


って感じですが、そうもいかないんですよ。
めぐってくるカード的に。


数ターンが経過し、SPINちゃんもやっとフラッグのそばに。
2012-10-19 127 (338x450)
フフフ。これで第一ポイント到達だー


手札を見る。
2012-10-19 130 (450x289)
工エエエ工エエェ(゚ロ゚)ェエエ工エエエ工


皆が目指しているフラッグあたりでうろうろしていると、他ロボのレーザーが飛んでくる。
そりゃ、みんなこっち向いて進んでくること多いですしね。
2012-10-19 132 (450x338)
というわけで、ダメージが増えてきた。


ダメージがたしか5、6コぐらい乗ってしまい、命令が変更できないSPINちゃん。
ダメージが乗りすぎると、命令カードを1箇所、2箇所と、だんだん再配置できなくなってくる。


ロボットが壊れていく感じがイイ感じで表現されていると思う。


でも、こまった


これでは毎ターン最後に右を向いて終わるじゃないか。
ってことにもなる。


と、ここまで来たあたりで、時間的に終了。
結局我がSPINちゃんは、名前にふさわしいご活躍で、第一チェックポイントも到達できなかった・・・。


まあでも、この時点でフラッグを手にできていたのは、2名。3名だったかな?


この上手くいかない感が面白いボードゲームでした。
先を読んで命令カードを配置するのも楽しいし。


予想外に他ロボを攻撃しちゃったりするのも何かイイ感じ

売ってるかなーと調べてみたら、amazonで発見(リライト時点リンク 2017.06)
ロボラリー ROBO RALLY ボードゲーム <並行輸入品>
ロボラリー ROBO RALLY ボードゲーム <並行輸入品>
ロボ同士の接触が楽しいので、今回みたいに多人数でやればやるほど楽しいゲームと思いまふ