ブログネタ
オススメボードゲーム に参加中!
今日は久々に当ブログ最多記事を誇るサンダーストーンの記事です

先日、いまさら第一拡張の「精霊獣の怒り」日本語をゲットしたので、それをやりたかったんですよね。
あとは、今月末に日本語版が出るという「ソーンウッドの猛襲」。
もちろん私が持っているのは英語版なので「Thornwood Siege」ですが。

ソーンウッドの猛襲の外装はこんな感じ。

リンクはamazon

なんてったって、猛襲ですからね。
猛烈に襲撃してくるんですから。


さて、セッティングは「精霊獣の怒り」と「ソーンウッドの猛襲」だけで。

まずはモンスター。
「ソーンウッドの猛襲」より
 アビサル・マルフォームド(ABYSSAL・MALFORMED)
 ヴァーミンフォーク・アニマル(VERMINFOLK・ANIMAL)
2012-10-14 2012-10-thunder 001 (450x327)
和訳名は、サンダーストーンwikiさんを参考にさせていただいております。

「精霊獣の怒り」より
 エレメンタル・ペイン
2012-10-14 2012-10-thunder 002 (450x374)

先ほどの写真にチラッと写ってましたが、ガーディアンも入れました。

ソーンウッドに入っていた、この人。
YUDA


お、お前・・・まさか!?




貴様の血で化粧がしたい

YUDA02
北斗の拳 5 (集英社文庫―コミック版)(リンクはamazon)

南斗六聖拳 妖星のユダ

を思い出しました。
彼の髪も赤かったし

うーん懐かしい。


このユダを髣髴とさせるイラストはさておき、このガーディアンの効果は、「プレイヤーが村に行ったら、病気を1枚貰う」。
しかも全体効果なので、登場してすぐに効果発動

なかなか嫌な感じ


さて、それらモンスターに対抗する我らが英雄ですが、次のとおり。
2012-10-14 2012-10-thunder 003 (351x450)

「ソーンウッドの猛襲」より
 ウッドフォークの薬草売り(WOODFOLK HERBALIST)
 ソーンウッドの追跡者(THORNWOOD STALKER)
 ナイトブレードの切り裂き魔(NIGHTBLADE SLASHER)
「精霊獣の怒り」より
 ルーンスポーンの妖女

を入れました。

ナイトブレード、かっこいい
重さ3以下の鋭利武器装備で攻撃力アップ。
なんか想像をかき立てます

ウッドフォークは病気除去が得意な戦士・僧侶。

ソーンウッドの追跡者は、モンスターのランク分の攻撃力アップなので、3ランクに攻撃すれば攻撃4

いいですね〜。
ルーンスポーンの妖女は、カッコイイし、名前がいいですね。

なんてったって、妖しい女ですから


さて、村カードはiPhoneアプリのi Thunderstoneの力も借りて、以下のようになりました。
2012-10-14 2012-10-thunder 004 (450x283)

「ソーンウッド」より
 ・プレイグ・スマイター(PLAGUESMITER)
 ・ハイランドの将校(HIGHLAND OFFICER)
 ・エリート民兵(ELITE MILITIA)
 ・盗賊のブレード(THIEVES' BLADE)
 ・タイムベンド(TIME BEND)
「精霊獣」より
 ・ショートボウ
 ・力のアミュレット
 ・クリーピング・デス

以前の記事でご紹介した、ハイランドの将校などもイイカードですが、置いといて。
プレイグ・マイスターは病気の取得の代わりに病気を壊す効果。
病気取らなくて済むんですね。良かった良かった

タイムベンドは、1カードドロー後、手札1枚を次の手札に送れます。

盗賊のブレードは、ヒーローが3枚以上公開されていれば攻撃プラス。さらに盗賊が装備していれば攻撃プラス
2012-10-14 2012-10-thunder 008 (338x450)

ナイトブレードに装備させたい


いやぁ。いいカードばっかりですねぇ。
これじゃあ、カード絞ってデッキ作れないなぁ。


さて、セッティングも完了し、プレイ開始
今回はツレと一対一で勝負。

ダンジョンを捲り、

「ひえぇ〜」
「最初から・・・強いな」

イキナリ強いモンスターが笑々・・・わらわら。

2012-10-14 2012-10-thunder 006 (450x230)


これはしばし村で遊ぶようですかねぇ。

さてさて、どうなることやら。
長くなりそうなので、今日はセッティング編ということで、ここまで。




続きはWebで。




あたりまえだー


続きは、次の記事で書きますね。プレイ記編って感じかしら。