ブログネタ
オススメボードゲーム に参加中!
今日は浅草でゲームマーケット2012春でしたね。楽しかったんだろうなぁ・・・。
私も行きたかったんですが…残念

秋は行くぞ


というわけで、今日もボドゲ会の記事。
先日も自宅ボドゲ会を行いました。

新たに入手したボードゲーム「ギャラクシートラッカー」をやりたいと、あらかじめ声をかけておいた。

私も未プレイだったので、説明書を読みながらのインスト。
一応説明書を読んで予習はしておいたが、説明ってむずかしいよね


このゲームは、前半は宇宙船を組み立て、後半は宇宙で航海って感じで進む。
その繰り返しを3ラウンド行う。
(任意でラウンド数変えたりしてもいいみたい)


宇宙船は、タイルで表現された様々な宇宙船パーツを使って組み立てる。
この組み立てが面白く、真ん中に集められたタイルを早い者勝ちで一枚ずつとって設置していく。
なお、タイルは裏面を向いており、自分の手元まで持ってきてから表にかえし、内容がわかる。
自分の宇宙船に設置しないなら、表にむけたまま、場にもどす。

そんな感じで宇宙船を組み立てて行き、できた順に航海の並び順が決まる。
また、組み立ての制限時間があり、砂時計で測る(ラウンドによって何回かひっくりかえす)。


宇宙船パーツはいろいろあり(以下写真参照)

12-05 gala


隕石を破壊する「キャノン」「ダブルキャノン」
広大な宇宙で先頭に躍り出るために必要な「エンジン」「ダブルエンジン」
クルーを乗せるのに必要な「キャビン」
荷物を載せるために必要な「カーゴ」
攻撃や隕石を防ぐための「シールド」
ダブル系やシールドにエネルギーを供給するための「バッテリー」
などなど、いろいろなパーツがある。


なんか「ダブル」ってワードに惹かれます

話をもどして

また、パーツには数種のコネクタが描かれており、パーツを置く時には、すでに置いてあるタイルの同種コネクタと繋がらなければ置くことができない。
さらに、もしコネクタがむき出しのまま宇宙船作成が終了すると、「むき出しのコネクタ」としてカウントされてイベントによって被害をうけたり、小さな隕石が当たった時にパーツが破損するなど、デメリットがある。


後半の航海では、あらかじめ用意しておいたイベントカードがなくなるまで航海をする。

イベントカードを捲り、その内容に従う。
「隕石が飛んできたり」、「荷物を取得したり」、「宇宙ステーションにクルーを派遣したり」などなど、さまざまなイベントがある。

航海時は、並び順が重要だった気がする。
たとえば惑星に駐留して荷物を受け取るイベントであれば、一番先頭の人から、どの惑星にとまるか選択権がある。場合によっては並び順が後ろの方の人は、とまる惑星が無い場合もある。

海賊船などの遭遇でも、先頭から戦うことになり、勝てれば報酬があり、後の人は攻撃されない。負けた場合は先頭が損害を受けた後、2番目の人も同様に戦闘となる。よって、後ろが得な場合もなくはない。

勝敗は、所持金で決まり、途中のイベント、ゴールの順位、荷物をゴールまで持っていて販売した利益などなどで所持金を得られる。

機銑轡薀Ε鵐匹泙任△蝓▲薀Ε鵐匹進むにつれ、作れる宇宙船も大きくなるし、イベントも損得の大きいものが多くなる。


さて、とりあえずルールの概要はこんな感じで


ここからはプレイの話。
説明書記載の練習用汽薀Ε鵐匹魍Г妊廛譽い掘△世い燭い離襦璽襪倭完把握できた。

というわけで、本番スタート。
ラウンド気留宙船建造風景。

2012-05 001


テストプレイでは制限時間がなかったが、本番はあり。
ラウンドによって、何回か砂時計をひっくり返すことになるんだが、砂時計を最後にひっくり返すのは、必ず最初に完成した人がひっくり返す。

というわけで、最初に宇宙船を完成したプレイヤーが、余裕綽々で砂時計を返した。

「うわー待って」
「やばいやばい」
「あれが無い、あれが無い」


など、まだ完成していないプレイヤーの中には大慌てな人も

完成した私の宇宙船はこちら↓
2012-05 003


対面にいたツレの宇宙船はこんな感じ↓
2012-05 002



制限時間があっというまに来て、未完成な人も無理やり出航

その前にコネクタ間違えなど、本来設置できないところにタイルを置いていないかのチェックを各自で行う。
間違えがあれば、そのタイルを取り除き破損パーツ(ゴール時にマイナス1金/パーツ数)として置いておく。

その後は、記念すべき出航。
あとあとわかるんだが、ラウンド気離ぅ戰鵐箸詫イ靴い發里个り。
被害をうけたとしてもたいしたこと無し。

前述したように先頭の位置を維持できれば、有利なイベントが多い。
途中で先頭の位置をゲットした私は、ラウンド気旅匈そ了まで先頭の位置をキープ。
結果、宇宙船も無事だったし、ラウンド終了時に1位ってことでお金もゲット。
荷物も多少売れたっけ。

2012-05 004


そしてラウンド兇魍始。
宇宙船パーツを場へ返して宇宙船ボードを裏返す。
ラウンド気茲蠅眤腓な宇宙船が作れるようになった。
各自ラウンド気汎韻玄蟒腓捻宙船を作成。
完成後は、宇宙船の作成にミスがないかのチェック。


「あーあたし間違えた


ツレの宇宙船パーツのコネクタが間違っていた。
そしてさらに、

「あれ、しかもこのタイルラウンド詰僂犬磴覆ぁ」

ツレは宇宙船タイルを裏返すのを忘れていたようだ
「ま、続行しましょう」とつめたい面々に促され、出航。

ラウンド兇廊気茲蠅盒いイベントが多いけど、すべてのイベントカードのうち、決められた数をランダムで使用する関係か、あまり被害をうけるカードもなく、ほぼ初期配置のままイベント終了。

私は2位の位置につけていたので、そのまま2位でゴール。
ラウンドが進んだのでもらえるお金も増えていた。
が、このラウンド1位だったプレイヤーさんが一番お金を持っており、暫定一位。


最終ラウンドとなるラウンド靴魍始。
同様の手順で進める。
さらにもっと宇宙船が大きくなったが、みんなをあわてさせる目的で、私は大きさにこだわらずさっさと完成させて制限時間を短くした。

「えー早すぎる!」
「ひでぇ〜」
「あれはどこだあれは」


なんてラウンド菊瑛佑陛験。

完成した私の宇宙船はこちら
2012-05 007



その後宇宙船チェック。


「あーまた間違っている!」

2012-05 005


とかなり大きく作ったツレの宇宙船は、2箇所も間違えており、しかもその間違えた場所が重要な場所だったため、かなりのパーツが破損行きへ。

全体の完成風景がこんな感じ。

2012-05 006


間違えによって縮小したツレの宇宙船(写真左上)を見て、誰かが

「最終決戦時のホワイトベースのようだね」
と。



しかし、ルールはルールなので、出航。
さすがラウンド靴世韻△辰董骨のあるイベントが多く、大きな隕石やら、海賊船からの攻撃やらで、各自被害を受けていく。
そんな時にボドゲ『パンデミック』で慣れ親しんだカード名と同じ、「エピデミック」という名前のカードが。

2012-05 008


「あ、疫病ね

クルーが死んでいく各プレイヤーの宇宙船。
私も上の写真に写っている分のたくさんのクルーが死んだ。

すべてのクルーがいなくなったらリタイアなのだが、皆、なんとか少ない人員で宇宙船を航行。

そしてイベントカードの残りがあと少しとなり、もうちょっとでゴールか!?という頃。
戦闘宙域を抜けることになったツレの宇宙船が大変なことになった。
隕石やキャノンを見事に宇宙船にくらっている(ダイスを振ってどこに当たったか判定した結果)。

こんな感じ。

2012-05 009


「うわーひでぇ」

「き、奇跡に近いな」

「最後のアムロだアムロ」


ガンダム終盤のコアファイター(以下?)と化したツレの宇宙船。




「ララア、僕には帰れるところがあるんだ」







なんて言っていたら、先頭を航行していた私が引いたイベントカードでいつくかの隕石が各宇宙船を襲うことに。

ダイスを振る私。

コロコロッ

ツレ「うわーやられたーあとパーツがあと1つだぁ」

ツレ「7は出ないでくれ〜」

私「さすがにそれはかわいそうだよな。それっ






「あ


「ゲッ


「あちゃ



2012-05 010



チュドーン








2012-05 ema

「カツゥゥゥゥゥ!」








あ、まちがった、アムロだったw

ツレのコアファイター・・・もとい脱出ポッドは宇宙のチリとなり、リタイア。


その後も凶悪なイベントが続き、気づいてみれば私以外の宇宙船はすべて大破やクルー損失でリタイア。

「ひどい〜最終ラウンドのイベントが極悪だ」
「あーやられた〜」

2012-05 011


ってな感じで計算するまでもなく私の勝利。
宇宙船作成も大事だけど、ダイス運やイベントカード運にもよるねぇ・・・って感じ。

「いやでも面白かった。またやろう」
「ミスなく宇宙船作るの大事だね」
「疫病対策にはクルーを隣通しにおいちゃいけないのか」


などなど、好評だったってことでしょうか。次回に向けての反省会が行われました。


ギャラクシートラッカー、わいわいできるし、なんといっても宇宙船作成が楽しいのでオススメです!
が、Amazonにないんですよね〜。

画像はあるんですが

ギャラクシー・トラッカー(Galaxy Trucker)


拡張セットは売ってましたが。


ギャラクシートラッカー大拡張セット

拡張セットもやってみる予定です。やったらまたアップしますね〜。


なお、当ブログは、カテゴリーではなくボードゲーム名のタグで内容を分けております。
サイドバーのタグクラウドから移動が可能です。

たとえば、下のようなタグ。
パンデミック:パンデミックのプレイ記など
あやつり人形:ムスカのための特殊建物紹介など
などですっ
(各記事の一番下にあるタグは、当ブログ内へのタグではなく「ブログパーク」へのリンクタグのようです)

また当ブログは、ブログランキングに参加しております。おかげさまでボードゲームジャンルで一瞬1位になりました。クリックご協力してくださった方々ありがとうございます