ブログネタ
オススメボードゲーム に参加中!
年忘れボドゲ会をやった2日後にはもう、新年初ボドゲ会。
どんだけボードゲーム好きかが分かりますな。

しかもメンバーも年忘れボドゲ会と同様の4名。
4名って、いろんなゲームがバランスよくできる人数だなーと思います。

やったゲームは以下の通りです〜。

<ピット Pit>


最後まで持っていたらマイナス20点になるカードを前回やった時には入れなかったので、今回は入れてみようということに。単純プレイした前回よりゲーム性が出て面白くなった。
しかし、叫んでいることは変わらず。

「二枚二枚」 「三枚三枚」など。
誰が始めたのか分からないけど、なぜ二回繰り返すのだろうか〜。
しかも、若干勢いでなんとかなると思ってしまうのか、声も大きくなってしまう。

ま、そこが楽しいところでありますが

前回は単発での勝負にしていたんだが、どうやらルールでは誰かが500点(?)になるまでと書いてあるらしい。

あぁ、このゲーム点数あったのね。そういえばカードの種類によって100とか70とか書いてあったわ。

ってなわけで、今回は得点計算をしてプレイ。
500点が、わりと果てしなかったので、メモしていた紙の端までということに。

中盤、高得点のカードを揃えて一位に迫る勢いを見せた私だったんですが、一番最後の回に「揃っている時に持っていたら、得点が2倍になる」カードを持って揃えたメンバーが、逆転二位。
残念ながら私は三位に落ち着いた。

うーん。ゲーム性が出てきたので戦略がありそうだが〜。


ま、いいや。これは声を出すためのゲームだ。

そうわりきって、あまり深く考えないことにした


<世界の七不思議>
12-01-06


少し慣れてきた世界の七不思議。
選んだカードを一斉に解決できるので、重めなゲームのわりに一戦が早いので良い。

ドラフトでカードを選んでいくので、「商業カード多いから、商業カード取りまくるぜー」とか、「得点カード多いから、得点で稼ぐ」とかの戦略は、周っているカードのバランスを見てと思っていたんですが、

第一世代の段階では、

第二、三世代の配られるカードわからないやんけー

って感じで、読めませんでした。


あっさりその戦略を諦め、科学技術(歯車みたいなやつとか)をやや中心にしつつ、バランスよい国を心がけてみたら、運良く科学技術セットが2セットできた。
科学技術1セットで7点、同じ科学技術カード2枚で2の2乗になり、4点×3種=合計12点。
結果、科学技術2セットで12点も取れた〜。

あと、第三世代に回ってきた8得点カードを近隣から資源を買いあさって無理して購入。

結果、世界の七不思議で初勝利


戦略というよりは、運良くカードが残って周ってきた感じ。
なにはともあれ、新年早々良い結果になりました。

第二戦目は富国強兵&得点王国に負けましたが〜。

いろいろ得点方法があって、まだまだスッキリした戦略が見出せませんが、自分の国って感じも出るし、展開も早いし、良いゲームだと思います。

「世界の七不思議」日本語版をAmazonでチェックしたら、在庫が現時点で残り2点。やっぱ人気なのかなぁ。
世界の七不思議:指導者たち (LEADERS) 多言語版という追加パックもも出ています。

持ってきてくれた友人が、「追加パック買おうかなー」なんて言ってました。

楽しみ楽しみ

<あやつり人形>
久々にあやつり人形。
あやつり人形日本語版は、拡張セットも一緒になっているらしい。
拡張セットの部分は、入替え用キャラと、特別な建物。
何度かやっているんですが、微妙に忘れているメンバーもいたので、キャラクターは基本どおりで。
紫マークの特別な建物は、追加で3枚投入。
何を投入しようかなと、ザックリ見ていたら面白いカードを発見。

12-01-06_02


「ありがとうございます閣下」って(笑)

即投入したんですが、結果、だれも引けなかったんで登場しなかったんですがね。

うーん言われてみたい。
こっそり、毎回入れよう


プレイは、やり始めたら皆思い出してくれたようで、順調に暗殺者を使って誰かを一回休みにしたり、泥棒を使って金を盗んだりとイイ感じでプレイができました。

特に長期戦略があったわけではないんですが、たまたま、「手札を1枚捨てたら1ゴールド」って特殊建物と、「2ゴールド払えば建物カード3枚引ける」って特殊建物が建てられたので、コンボで順調に8つの建物を完成。
12-01-06_03


壊されたり、殺されたりしましたが、結果ギリギリで勝利しました〜。


<ドミニオン 基本セット>
あやつり人形でたっぷり時間を使ったので、「うーん。残り時間的に何をやるか〜」なんて話に。

「休憩?」

なんて言葉も出ていたらしいんですが、席を外していて知らなかった私が、「またドミニオン基本セットでもやってみる?」と尋ねると、皆乗ってくれました。

やさしいんですね。皆さん。

ってなわけで、ドミニオン基本セットのみ。
最新セット異郷以外は持っているんですが、なぜか基本。

基本に立ち返るのって大切ですからっ。
12-01-06_04



私の誘いに乗ってくれた、やさしい皆さんに対して私のお礼は、ただ一つ。





魔女。


出す度に、

「え〜

「ひどい

などと、かつては優しかったみなさんに揶揄されながらも、魔女を買い、魔女を出し続ける私。
だれかが後から魔女を買い始めたとしても、



魔女連発で先に呪いの山札をなくしてしまえば良いのだー
ふははははは〜




と、新年早々からデーモン閣下バンザイ的な感じで、「毎ターン魔女デッキ☆」などと可愛くいいながら(当然かつて優しかった方々は無視だが)、有限実行、初志貫徹。

私が思うに、ドミニオンに大切なのは、


“ちょっとの金貨と初志貫徹”


だと思うんですよね。なーんて。
新しいカードだったり、コンボが思いついたりすると、ついついブレて色々買っちゃうんですけどね。
またそれも楽しいし。

まあ今回は基本セットということもあって、初志がブレずにすみました。


予想通り呪い山札がなくなったので、「改築」を使って、いらなくなった「魔女」を金貨や勝利点などに変換。
隣のメンバーが「見てこの手札。酷い」といいながら出した手札は確か、

「呪い×4枚、勝利点×1枚」だったかなぁ〜。

ご、ごめんね


「呪い」と「公領」の山が無くなった時点で、「こりゃ属州終わりじゃないな」と踏んだ全メンバーが屋敷を買いあさって3つの山が無くなってゲーム終了。

見事私の魔女デッキが勝ってしまいました〜。
ふはははは〜。



だれもすごいとか言ってくれませんが


たしか誰かが「こんなんで新年ボドゲを終わらせるわけにはいかない!」と言っていたような。

というわけで、2戦目。


内容をガラッと変えたので愛しの魔女はいなくなってしまいました。


魔女が無くなったからか、酔っ払っていたのかどんなデッキにしたのかも覚えてないや〜。
2戦目は負けたのは覚えているんだけど〜。


「ドミニオン、基本セットだけでも面白いね〜」なんて発言が出てました〜。
拡張も、もちろん面白いですけどね。
どんな拡張があるかは、ドミニオン(Amazon検索結果)で分かると思います〜

いや〜。楽しい新春ボドゲ会でした。

大人のみなさん、ボードゲームやりましょう