ある元心理カウンセラーのボードゲーム日記

体験したボードゲームのレビュー(プレイ記録:リプレイ、開封の儀)などを紹介している「なんとなくボードゲームがわかりそうなブログ」。ボドゲ関連の記事が1000本超えました! 2011年10月からボドゲテーマの記事を週2〜3回程度更新しています。 管理人は、ファンタジー大好き“あっきぃらびっと”です。学校勤務や心理講師やってましたが、引退したので少し壊れていまーす!

2019年1月からこのブログのアドレスhttp://blog.livedoor.jp/akirapsychologyから、http://boardgame-replay.com/に変更しています。

このブログの中心コンテンツについては『はじめての方へ・当ブログのコンテンツについて』をご覧くださいませ。

記事は【カテゴリ】と【タグ】でジャンル分けがされており、関連記事一覧に飛びます。たとえばこんなタグがあります。

#2人用ボドゲ #協力型ボドゲ #ウヴェ・ローゼンベルク #アンドールの伝説

あのサイズ〜大鎌戦役〜が動物テーマのファミリーボドゲになっちゃった! ってな感じのリプレイ後編ですわー。前編は ■初トロフィー 現在の盤面はこんな感じ。 あたしは赤のワンコ軍団ね…いやトラ軍団だっけかな...? ま、いいや 全編にワンコ軍団って書いちゃったし ...

え!? これホントにあのサイズ〜大鎌戦役〜を元にしたボドゲなの!? 可愛すぎるんですけどぉぉぉ〜 ってな感じのボードゲーム… マイリトルサイズ(My Little Scythe) なんとあのボドゲ『サイズ 〜大鎌戦役〜』が、動物たちが戦うファミリー向けの対戦ゲームになって ...

レース・フォー・ザ・ギャラクシー等と同系列の宇宙帝国を作るボードゲーム『ロール・フォー・ザ・ギャラクシー』。その拡張セット第2弾【Rivalry】を遊ぶことができたのでリプレイ(プレイ記録)。出目をカスタマイズできるダイスがあるんです! ...

さて今日は海賊ボドゲ『北海の侵略者』前編の続き。前編はこちら。 レイダーズ・オブ・ザ・ノース・シー:北海の侵略者(Raiders of the north sea) リプレイ[前編] ■襲撃 それぇ〜!...と、村で準備ではなくて港に襲撃。 必要な乗組員数がいるか確認し、さらに必要な食料を ...

黄色と青と赤と緑を使って… わーい!パラグアイができたぁ ってな感じで、国旗に色を付けていくボードゲームその名も… ハタイロ<旗彩>HATAIRO そうです。以前に開封の儀を書いた国旗がステキなボドゲですぅ〜 ハタイロ<旗彩>HATAIRO 開封の儀 ステキな国旗のボー ...

「スペースベース」は宇宙基地に自国の12の艦隊を配備していくダイスゲーム。プレイ人数:2〜5人。プレイ時間:60分。対象年齢:14歳以上。初期配置の方法が2つあるらしいんだけど、今回は15金貰ってレベル1から3枚、レベル2から2枚配って、その中から自由に購入していいスタイルで開始。 ...

20代の甥っ子と、ツレと、私と3人で遊んでいたところ… 私「うーん...6文字で、5kg以上の、濁点を含むモノ…うーん...」 甥っ子「え...」 ツレ「あった!!!」 ツレ「ガンキャノン!」 甥っ子「ナニソレ?」(キョトンとした顔) って感じな(どんな感じよ)ボドゲ... ...

なにこの可愛い街はぁぁぁぁぁ 住みたぁぁぁぁい 自分の街に様々なお店を建て、適切なスタッフを配置し、出てくるゴミやダイヤを回収するってな感じの可愛いだけじゃないしっかりしたボードゲーム。 その名も… フォーチュンシティ(Fortune City) 今日の記事は開封の ...

イムホテップ拡張 A New Dynasty (IMHOTEP:A New Dynasty)は、C面、D面のボードや、新たなマーケットカード、神の予言カードなどが入った、ボードゲーム『イムホテップ』の拡張セットです。そんな『A New Dynasty』を開封しました〜 ...

新しい大陸を発見だっ 交易をしたり、船を手に入れたり、新しい大陸や島を発見したりするボードゲーム...その名も ニューファンドランド(New Found Land) 友人宅で開封させてもらいました〜 ってなわけで、今日はボドゲ『ニューファンドランド』の(出張)開封の儀でーす ...

ガンツ・シェーン・クレバー(Ganz Schon Clever)は、ダイスを使った紙ペンゲーム。自分の手番に6色のダイスを振って5つのエリアの数字を書いたりマス目を消したりして高い勝利点を目指すの。時々コンボなんかもできるので楽しかったんですよ〜。遊ばせてもらったのでリプレイ(プレイ記録)書きました! ...

この『モンスター&ミニオンズ』は、ボードゲーム『ロールプレイヤー』にモンスターやその手下との戦闘ルールや追加の種族、クラス、マーケットカードなどを追加する拡張セット。RPG好きにオススメな『ロールプレイヤー』に敵が追加されるなんて! ...

この写真で 大体のことが伝わったら嬉しいなぁ〜 楽しいボドゲだったのよね。 今回のリプレイ(プレイ記録)は、ボードゲーム… サフラニート(Safranito) サフラニートは、プレイヤーは、料理人となってスパイス市場にチップを投げ込み、9種のスパイスの売買をしたりスパ ...

待て! この席を借りたいっ!このブログを見ている国民の方には、突然の無礼を許して頂きたい。私は「ある元心理カウンセラー」の、あっきぃらびっと大尉であります。GUNDAM THE GAMEは、『機動戦士ガンダム』の第1話から第10話――そう!TV版だ――の、地球連邦軍側の視点でプレイする協力型ボードゲームだ。人類は、その生活圏を拡大したことによって、人類そのものの力を身に付けたと誤解をして、ボードゲームをプレイしなかった歴史を持つ。それは不幸だ。 ...

『パンデミック:ライジングタイド』は、昔のオランダを舞台に洪水と戦う治水テーマの協力型ボードゲーム。本家『パンデミック』は病原菌と戦う人類でしたが、ずいぶんと違うテーマになったものですわー。そんなボードゲーム『パンデミック:ライジングタイド』を開封しました。 ...

ナイフみたいに尖っては、触るもの皆傷つけた...時代があったかもしれない貴女 そんなかつての貴女に見せたいものが。 こちら。 ジャックナイフ 販売元のTake Tale Table様よりご連絡をいただき、ご提供いただきました〜 どんなボードゲーム(カードゲーム)なんでしょう ...

先日こんな写真をアップしたら、結構イイネをいただきました いやぁ〜お花見っていいですよね。 そんな楽しいお花見ですが、場所取りが大変なこともありますわな。 まして会社のお花見の場所取りを任されたとしたら大変なことですわ ってな感じで、お花見の場所取りを任 ...

こっ、これは! カーリングのあれだよね これって、スタート位置に置くんだっけか? うーむ。滑らん。 (ルルブを見る私) 違った! これ、これ。 これを置いて… 中に球を入れると… おおおお… おおおおおお〜! 玉の重みでスベっていくぞー ってな感じ ...

様々なフランチャイズ店がアメリカを舞台にシェアを競うボードゲーム『フランチャイズ』。1990年代に発売された『胡椒袋』というボドゲのリメイクらしいです。遊ばせてもらったのでリプレイ(プレイ記録)書きました。 ...

『バルダーズゲートの裏切り者(Betrayal at Baldur's Gate)』は、前半と後半にわかれている協力型ボドゲで、前半は皆で部屋を探索してアイテムを集めたりイベントに遭遇したり、一定の条件で怪異が怒り、後半のシナリオが決まり、たいていはプレイヤーのうち1人が裏切り者となり、それぞれの陣営の勝利条件が明かされ、その勝利を目指すボードゲーム。そんな『バルダーズゲートの裏切り者』をプレイした記録です。 ...

誰かの装備カード1枚を見て自分の同じ個所と交換してもいいというカードをプレイした私。 あるプレイヤーさんの胴体を指定し、確認してみると… は...は…裸だーっ! 胴体は裸だ! さっきの大会もそうだったけど、またそんな恰好だったんですね、ふう…ゲフンゲフン…おっ ...

ボードゲーム『ダイスセトラーズ』は、様々なアイコンが描かれた可愛いダイスを使って自分の勢力を拡大していくボードゲーム。ダイスを自分の袋に入れて、そこから指定した個数のダイスを出して振る。新たなダイスを獲得したら袋に入れる…ってな感じの「バックビルド」と呼ばれるシステムのゲームです。そんな『ダイスセトラーズ』のプレイ記録です。 ...

ドラゴン部屋に入った途端、赤いダイスを順番に振り出す私以外のプレイヤー。炎の面が2つ出て、即やられたぁ!という感じのボードゲーム「TROLL&DRAGON(トロール&ドラゴン)」についてのリプレイ(プレイ記録)です。 ...

じゃじゃーん カッチョいいこのパッケージ。 その名もボードゲーム『ソーラウィン(Soulaween)』 当ブログで度々ご紹介している、制作元の玩聚設計 Play With Us Designの方からいただきました〜 2019年の新作みたいですね〜。大阪ゲームマーケットでは販売されていたとか ...

『パンデミック ローマの落日』は、7つの役割、14のイベント、2つのバリアントプレイモードが入っている『パンデミック』の亜種リミテッドエディションの1つ。病原菌と戦うのではなく蛮族と戦うんですよね。そんな『ローマの落日』の中身を確認しました。 ...

『アンドールの伝説 闇よりの勇者たち』は、『アンドールの伝説』に4人の追加キャラクターと5~6人プレイ対応等をもたらす拡張セットです。『アンドールの伝説』については、過去に小説風リプレイ(プレイ記録)を書いているので読んでいただけたら嬉しいです。 ...

『アズール:シントラのステンドグラス』は、ドイツ年間ゲーム大賞2018の大賞に輝いた優秀ボドゲ『アズール』の姉妹作です。プレイヤーはステンドグラス職人となり、ポルトガル全土で一番美しいステンドグラスを作り上げることが目的のボードゲームです。そんな『アズール:シントラのステンドグラス』を開封しました。 ...

このページのトップヘ